2020年10月30日

HFCC更新

B20以降しばらく更新のなかったHFCCリストが、28日、29日に相次いで更新された。登録周波数に変更はない。一時登録からはずされていたRadio Pilipinasも再登録され、これまで通りのスケジュールで毎日放送されている。
0200のアナウンスは別の周波数で、9475kHzはアナウンスされていない。今日30日から出てきた。

B20 Radio Pilipinas
0200-0330 9475, 15640, 17820
1730-1930 9925, 12120, 15190

TRTトルコの中国語放送が今日30日は11965kHzに出てきた。昨日まで13590kHzに出ていたが、周波数変更を行った。受信状態は良い。
TRT Chinese
1200-1300 11965 October 30 ex.13590
10月31日はまた元の13590kHzに出てきた。昨日は誤送出だったようだ。

中国之音广播電台と名乗る地下放送は長らく7270kHzで放送していたが、10月25日以降出ていないようだ。CNR1ジャミング放送も止まっている。同波の内蒙古放送が聞こえている。
この7270kHzは25日から1405に「しおかぜ」が出ている。

HFCC登録数
October 11 4043
October 12 4046
October 13 4043
October 18 4053
October 20 4053
October 23 4119
October 28 4119
October 29 4119

  
Posted by Hiroshi at 22:47Comments(0)受信機

2020年10月11日

B20 HFCCリスト公開

B20の周波数が11日に公開された。延べ4043波が登録されている。
CRI日本語は昨年と全く同じ周波数である。

10月から英語放送が出ているR.Thailandoは9940kHzで登録されている。

HCJB1100-1130は11905kHzに変更される。15410kHzは続投である。

KTWRも7500kHzでAMとDRMが続投の予定。
土曜日の波平アワーは5945kHzへ舞い戻りCNR1につぶされる。

「しおかぜ」は昨年と同じ周波数の予定。

日本政府拉致対策本部の北朝鮮向け放送は引き続き台湾とタシケント送信で行われる。5945kHz以下がタシケント送信、6045kHz以上は台湾送信である。
1300-1330 5895, 7295, 9705 Korean
1330-1357 5895, 7295, 9705 Japanese
1430-1500 5895, 7290, 9560 Japanese
1500-1600 5945, 7290, 9800 Korean
1600-1630 5945, 6045, 9690 Japanese
1630-1700 6155 Korean
1700-1730 6155 Japanese

BBC Korean
1530-1830 5845, 5895, 7355

  
Posted by Hiroshi at 17:51Comments(0)受信機

2020年03月29日

A20 AWR他

3月29日から海外向け放送の多くが周波数を変更している。CRIは0100以降新しい周波数に出てきた。RFA、VOAは1000以降に変更される。

RTIの0800UTC日本語は、アナウンスにもあるが、29日はこれまでと同じ9705kHzに出てきた。予定では11785kHzに変更されるはずだった。

AWRは数多くの言語で放送しているが、KSDAは大きな変化はない。インドシナ半島向けの一部言語が、グアムからスリランカ送信に変更されたりしている。
ナイジェリア向けには新しく少数民族言語も追加された。
アジア向けではカザフ語が追加されている。

ビルマからバングラデシュへ避難しているロヒンギャ族、VOAは引き続き、Rohingya放送を平日に行っている。HCAオーストラリアからも行われているが、A20では放送時間が増加、毎日放送されている。
ロヒンギャ語はベンガル語の方言ということから、HFCCの登録はベンガル語となっている。



  
Posted by Hiroshi at 18:15Comments(0)受信機

2019年08月23日

HFCC更新

毎日のように更新が続いているHFCCリスト、8月22日付で、BBCの追加された放送が登録されている。今回20波以上が追加されているが、半数は火水だけ送信サイトが変更する周波数である。

BBC World Service English, August 19, 2019~
0000-0100 5970, 7300
0100-0200 5970, 12095
0200-0300 9670, 11795
0300-0400 9440, 12095
0400-0500 9915, 12095, 13580
0500-0600 6005, 7345, 9410, 9915, 13580
0600-0700 6005, 7345, 9410, 12015, 13580, 13660, 15400, 15420
0700-0800 7345, 9410, 9915, 11810, 13580, 15260, 15400, 15420

1000-1100 6195, 9900, 11945
1100-1200 6195, 9580, 9900, 11945
1200-1300 12065, 15145, 15310
1300-1400 11890, 12065

1500-1600 5950, 7445
1600-1700 5950, 6040, 7345, 7445, 15400, 17640, 17830
1700-1800 6195, 7265, 7445, 7485, 15400, 17780, 17830
1800-1900 6195, 7265, 7445, 7485, 9410, 11810, 13660, 15400
1900-2000 6195, 7265, 12095, 15400
2000-2100 9410, 11810, 12095
2100-2200 7310, 9410, 12095
2200-2300 3915, 5890, 5955, 6115, 6195, 7205
2300-2400 3915, 5890, 6195, 11825


5905kHzに出ていたKTWRからの朝鮮語放送(1515-1615)は、8月20日から6055kHzに出ている。水曜日は同波のR.Nikkeiが1520まで出ており冒頭5分ほど混信しているが、たいていはKTWRのほうが強い。

7月末から放送されているVOA Rohingyaは引き続き平日の1130-1200に出ている。土日は英語放送である。9310、11570、12030kHzの3波が使われているが、これだけはなぜかHFCCに登録されていない。

HFCC登録数
August 23 4251
August 22 4253
August 21 4228
August 20, 19, 15, 9, 8 4227
July 31 4229
  
Posted by Hiroshi at 14:32Comments(0)受信機

2019年06月20日

HFCC更新

連日更新されているHFCC登録リストに、中国のDRM放送も更新されている。6月14日と18日付のHFCCリストで以下の周波数が登録されている。実際にこの通り放送されている。

6030 2025 1805 43NE,44NW BEI 30 0 0 925 1234567 310319
9540 0900 1100 43NE,44NW KUN 30 32 0 216 1234567 180619
9655 0800 1200 43NE,44NW URU 30 98 0 216 1234567 310319
9655 2200 0100 43NE,44NW URU 30 98 0 216 1234567 310319
9870 0900 1200 44SW QIQ 30 203 0 216 1234567 310319
11695 0100 0900 44S DOF 30 41 0 206 1234567 310319
13825 0100 0900 44S BEI 30 175 0 216 1234567 310319
13850 0100 0800 43NE,44NW URU 30 98 0 216 1234567 310319
15735 0630 0900 43S QIQ 30 225 0 216 1234567 310319
17770 0100 0900 43NE,44NW DOF 30 16 0 216 1234567 110619
17790 0100 0300 43NE,44NW KUN 30 32 0 216 1234567 180619
17790 0700 0900 43NE,44NW KUN 30 32 0 216 1234567 180619
17800 0030 0630 43S QIQ 30 225 0 216 1234567 310319
21555 0300 0700 43NE,44NW KUN 30 32 0 216 1234567 180619

上記の中で21555kHzは18日から使われている。また17790kHzは17日から0100-0900に出ていた。追加された9540kHzも17日から出ている。

HFCC登録数
May 16 4212
May 23 4200
May 30 4191
June 7 4183
June 10 4184
June 14 4191
June 16 4191
June 18 4196

FNK自由北朝鮮放送は6月11日から一日5時間の放送を行っている。20日現座、
1200-1430 11510
1900-2130 7550
で聞こえている。
  
Posted by Hiroshi at 23:50Comments(0)受信機

2019年03月18日

A19 HFCC公開

3月18日付のA19 HFCC登録リストが公開された。延べ4074波である。
登録数の最多はCRIの740波である。キューバ、マリ、アルバニア送信を含む。日本語放送は昨年と同じ周波数である。

八俣からの北朝鮮向け放送として、今回も5920から9760kHzまで43波が24時間分登録されている。「しおかぜ」には7325kHz以下の周波数が使用される予定。
拉致対策本部の放送は大きな変更はない、台湾とパラオ送信で行われる。

「イルボネパラム」
1300-1330 9465 tai, 9940 tai, 9965 plw
1500-1530 7335 tai, 9685 tai, 9975 plw
1530-1600 7335 tai, 9685 tai, 9965 plw
1630-1700 7335 tai
「ふるさとの風」
1330-1357 9455 tai, 9705 tai, 9965 plw
1430-1500 9450 tai, 9560 tai, 9960 plw
1600-1630 7335 tai, 9470 tai, 9960 plw
1700-1730 6155 tai

Radio Thailand
1300-1315 9390
HCJB AUS
2230-2300 15410
1100-1130 15565

BBC Korean
1530-1830 7355 sng, 9615 phl, 9900 db

  more
Posted by Hiroshi at 23:39Comments(0)受信機

2018年12月26日

PERSEUS 10年

SDR受信機の先駆けとして発売されたPerseus受信機、当初、使いこなすにはパソコンのスペック云々が言われた時代でもあった。あれから10年も経過した。その間のデバイスなどの高性能化は素晴らしく、今ではWindows10のパソコンであれば、スペックを問わず100%使いこなすことが可能になった。

SATA接続は不要となり、内蔵ディスクの大容量、USB3、USB3.1接続で簡単に広帯域録音も可能となった。
この10年間で録りためたHDDは50個を優に超えてしまった。不要になったファイルを整理、すべて1~2TB以上のHDDに集約、1TB未満のHDDを整理処分することに。

1TB未満のHDDがこんなにも出てきた。


  
Posted by Hiroshi at 17:00Comments(0)受信機

2018年12月15日

WRTH 2019

今年も届きました。
昨年と同じページ数です。

PERSEUSが登場してはや10年経過、この10年に多くのSDR受信機が登場、そのいくつかが紹介されている。

局データも最新で、17545kHzのAlSmoodまで掲載されていた。
周波数リストを更新しながらしばしページをめくっている最中。



  
Posted by Hiroshi at 12:22Comments(0)受信機

2018年10月17日

B18 HFCC

B18のHFCC登録リストは10月14日に公開されている。そして15日、17日に更新、登録周波数が増えている。例年通り中国が全体の2割以上を占めている。

IRIBは日本語をはじめ、インドネシア語、中国語、カザフ語、ウズベク語が廃止された。代わりというわけではないが、ハウサ語が大幅増、その他放送時間の長くなっている言語が散見される。

RFIはロシア語が復活するようだ。1700から一時間登録されている。しかしCRIと同じ周波数、混信は避けられない。
英語放送は継続される。

B18 HFCC登録数
October 14 4049
October 15 4055
October 17 4047
October 18 4047

  
Posted by Hiroshi at 23:42Comments(0)受信機

2018年08月01日

HFCC更新

7月31日付で更新されたHFCCリスト、以前短波で放送されていた南スーダン向け放送が追加されている。週5日の放送として、0400と1500から各一時間登録されている。
マダガスカルとフランス送信で、実際に出ているかどうかは未確認。

HFCC登録数
July 10 4159
July 17 4150
July 20, 24, 25, 27 4138
July 30 4144
July 31 4146

Radio Veritas Asiaはビルマとベトナム向け放送を毎日行っている。これ以外の言語は未確認。フィリピン送信ではなくバチカン放送からとされている。
0000-0027 daily 9645 Kachin
1330-1357 daily 11850 Vietnamese
  more
Posted by Hiroshi at 19:07Comments(0)受信機