2016年08月31日

8月30日「しおかぜ」

1300の「ふるさとの風」は9900と9950kHz、どちらもこの時間は台湾送信である。送信サイトは明らかに違う。9900kHzは極めて強力である。9950kHzは若干弱いが朝鮮語はジャミングも無くよく聞こえている。
昨日から新しい内容である。久々に今週の一曲が朝鮮語、日本語とも同じである。

1300の「しおかぜ」は5965kHz、早くも1206に強烈なPipsジャミングを出してきた。八俣の電波も完全につぶされている。火曜日は日本語放送、拉致被害者および拉致の可能性のある人たちの家族からの肉声により呼びかけである。
1992年失踪の笹垣範男さんへ、お母さんの洋子さんとお姉さんの純子さんから。
2001年失踪の後藤美香さんへ、お父さんの日出男さんから。
1998年失踪の菊地寛史さんへ、お父さんの正美さん、お母さんの恵子さんから。
1962年失踪の加瀬テル子さんへ、叔母さんのヨシ子さん、妹さんのマサ子さんから。
1976年失踪の高野清文さんへ、妹さんの美幸さんから、自から作曲した「そうめい」の歌も披露されている。
1325:35に「日本政府からのメッセージ」が放送されている。引き続き1330からも拉致・失踪者被害者家族からの肉声によるメッセージが出ている。
1977年拉致された横田めぐみさんへ、お父さんの横田滋さんからのメッセージ。
1978年拉致された市川修一さんへ、義姉の市川龍子さんから。
1993年失踪の田中正道さんへ、妹さんの育代さんから
2001年失踪の賀上大助さんへ、お母さんの文江さんから。
1981年失踪の辻 與一さんへ、お兄さんから。
2002年失踪の宮本直樹さんへ、お母さんのはるみさん、お父さんのまさえさんから。
1996年失踪の安西正博さんへ、お父さんの安西茂雄さんから。
1966年失踪の小林 榮さんへ、弟さんの七郎さんから。
1973年失踪の薩摩勝博さんへ、妹さんの品川貴美子さんから。
1969年失踪の今井 裕さんへ、お母さん今井はつよさんから。
1355:35にも「日本政府からのメッセージ」が出ている。この番組は2015年10月27日、12月8日、2016年2月2日、3月15日、4月26日、6月7日、7月19日と同じ内容である。

1430の「ふるさとの風」は9560と9960kHz、両波とも強力に入感している。ジャミング全く無い。
懐かしい日本の歌「ないしょばなし」で始まった。拉致問題解説は曽我ミヨシさん当時46歳について。1978年8月12日夜、佐渡島からひとみさん(当時19歳)と共に行方不明になった。日本政府の無策ぶりが露呈した事件で、2002年10月ひとみさんが帰国するまで、拉致されていることさえ分からなかった。その後の調査で在日朝鮮人が関与していることも分かっている、実行犯キムヨンスクを2004年11月に国際手配、犯人の引き渡しを求めているというが何の解決にも至っていない。関係者はいまも日本国内で通名を使い普通に生活している特別永住者の一人である。日本にはスパイを取り締まる法律はない、今も日本国内で工作員が活動している。
ふるさとの声は曽我ミヨシさんへ、2016年2月収録で曽我ひとみさんの日本語と朝鮮語(日本語放送では韓国語と言っている)によるメッセージが出ている。母と離れ離れになってもう38年になる。続いて2015年9月東京で開かれた「最終決戦の時、不退転の決意で全員救出を!国民大集会」で収録したひとみさんの訴えが出ている。
今日の一曲は1976年のヒット曲荒井由実の「あの日にかえりたい」、2013年11月以来の登場。この番組は2016年4月15日、17日、26日、5月14日、23日、6月1日、10日、19日、28日、7月7日、16日、25日、8月12日と同じ内容である。
  
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年08月30日

8月29日ふるさとの風

1300の「イルボネパラム」、1330の「ふるさとの風」は9900と9950kHz、両波とも信号は強く受信状態は良好である。1321:35にジャミング出現、若干影響が出てきたが1分後止まってしまった。しかしその後ニュース解説が始まった1235に再登場、かなり強烈である。今日からまた一部新しい内容の番組である。
拉致問題インフォメーションは8月12日韓国外交部長官との電話会談を行い、その後の臨時記者会見での発言から。
「会談では、ユン長官から、7月末に財団を設立したことをはじめ、韓国側の取組について説明がありました。また、これまでの局長協議や本日の電話会談を通じて、財団の事業の内容等について、大筋で合意に至りました。このような状況の下、韓国政府が、今後も日韓合意を誠実に実施していくことを、改めてしっかり確認することができました。
 ついては、日本政府としても、昨年末の日韓合意にあるとおり、速やかに10億円の資金を支出すべく、必要な手続を進める考えである旨を伝えました。
 日本政府が支出する10億円に基づき、財団が元慰安婦の方々のための「事業」を実施いたします。具体的には、財団が、元慰安婦の方々やその家族からニーズを調査した上で、日韓両政府が合意する使途の範囲内で、資金が支出されることとなります。我々としては,医療や介護関係といった使途を想定しています。日本政府による資金の支出が完了すれば、日韓合意に基づく日本側の責務は、果たしたことになります。いずれにしても、引き続き日本政府として日韓合意を守っていきます。
 韓国側に対しては、合意に基づき、本日の電話会談も含めて、少女像の問題の適切な解決のための努力を強く求めてきており、引き続き,日韓合意の着実な実施を求め続けて参ります。
 また、先般の文在寅(ムン・ジェイン)「共に民主党」前代表の竹島上陸に触れつつ、竹島問題も提起いたしました。
 韓国は戦略的利益を共有する重要な隣国です。拉致、核、ミサイルといった北朝鮮をめぐる諸懸案の問題への対応や、東シナ海、南シナ海における一方的な現状変更の試みを勘案すると、日韓両国、また、日米韓三か国の間の緊密な連携は非常に重要です。日韓関係を更に前に進めていきたいと考えております。」

ニュース解説は「中国専門家の見方」について。拉致問題解説は拉致を排除できない失踪者について日本政府の取り組みについて。特定失踪者問題調査会についても解説、北朝鮮に向けて毎日、短波放送「しおかぜ」を6000kHz付近で放送していることも述べている。
市川修一さんへ、2016年2月収録のお兄さん市川健一さんからのメッセージ。
今週の一曲、朝鮮語、日本語放送とも同じ、うらた剛さん作詞作曲の「薫の約束」である、過去今日の一曲で幾度も登場している。

1300の「ふるさとの風」は5965kHz、ジャミングは出ていると思われるが弱くほとんどわからない。29日は中国語放送が出ている。中国語は3週間ごとの放送である。後半1330は朝鮮語が出ている。いずれも失踪者の氏名読み上げである。
1405の「しおかぜ」は7325kHz、ジャミングは無い、若干八俣の信号は弱く上下からの被りがうるさい。この時間は先週22日1330に放送された「ふるさとの風」が出ている。

1430の「ふるさとの風は9560と9960kHz、両波ともジャミングは無く受信状態は良好である。懐かしい日本の歌「月の砂漠」で始まっている、拉致問題解説は石岡亨さんについて。1980年5月頃大学生だった石岡さんはヨーロッパへ出かけたまま行方不明に、1988年家族あてに8月13日付のポーランドの消印で手紙が届き平壌で暮らしていることがわかった。こうして有本恵子さん、松木薫さん3人が北朝鮮に拉致されたことが判明、1984年11月4日死亡と北朝鮮は発表している。松木薫さんを含めた3人は、よど号ハイジャック犯とその関係者によって平壌に連れていかれたことが判明している。小泉総理の訪朝が決まると、2002年に急遽死亡したことにされてしまった。
ふるさとの声は石岡亨さんへのメッセージ、2016年2月のお兄さん石岡章さんからの肉声によるメッセージが出ている。今日の一曲は1979年のヒット曲円広志の「夢想花」、とんでとんでとんでと何回も出てくる特徴のある歌で、いつまでも記憶に残っている曲のひとつである。この番組は2016年4月16日、25日、5月4日、22日、31日、6月9日、18日、27日、7月6日、15日、24日、8月2日、20日と同じ内容である。
  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年08月29日

8月28日「しおかぜ」

28日、日曜日の9900と9950kHzはジャミングもなく強力に入感している。9910kHzへのジャミングは1323に出てきた、両波とも若干の影響を受けている。通算478週最後の番組が出ている。拉致問題インフォメーションは、安倍改造内閣が行われ、岸田外務大臣初閣議後の記者会見などから。8月3日の臨時記者会見では北朝鮮問題に関し、「拉致問題に関して、そして北朝鮮に対しての我が国の方針,拉致・核・ミサイル、諸懸案を包括的に解決するべく、「対話と圧力」、「行動対行動」の原則の下に取り組んでいく、この原則は全く変わることはありません。引き続きこの原則の下に取り組んでいかなければなりませんが,拉致問題に関しては,全ての拉致被害者の帰国を果たさなければならないということから、対話という要素を欠くことはできない、こうした課題でもあると認識をしています。我が国の方からストックホルム合意を破棄するというようなことはするつもりはありません。是非、北朝鮮に対して前向きな、建設的な行動を引き出すためにはどうあるべきか、こうした観点から具体的に、引き続きしっかり検討を続けていかなければならない,このように考えています。拉致問題は安倍政権にとりまして最重要課題の一つであるという認識の下に、引き続き全力で取り組んでいきたい、このように考えます。」
ニュース解説は「共同通信の質問に対する北朝鮮原子力研究員の回答」について。拉致問題解説は原敕晁さんについて。今週の一曲、朝鮮語は宇多田ヒカルの「First Love」、これは2014年1月、2015年11月に登場している。日本語は1972年のヒット曲吉田拓郎の「結婚しようよ」。

1300の「しおかぜ」は5965kHz、八俣の電波は強く、遅れて1322に出てきたジャミングをつぶしている。前半朝鮮語、後半日本語放送である。先週並びに昨日と同じ番組である。冒頭アナウンスはこれまでと同じで中波放送開始を告げているが実際には始まっていない。番組も先週と同じ内容である。
7月15日札幌市で開催された拉致被害者の全員救出を願うコンサートで歌われた歌を2曲。まず山口采希さんの「空と海の向こう」、続いて宇佐美由美子さんは「無事を祈りて」が放送された。
北朝鮮について書かれた短編小説「告発」が日本語に翻訳され出版されたというニュースなど。「救出への道コーナー」では8月12日は、るみねえが拉致されてから38年たった。その吹上浜で情報提供活動が行われた。ユキエ娘がおばさんに語り掛けている。
5965kHzへのジャミングは1407に停波している。

1430の「ふるさとの風」は9560と9960kHz、両波ともジャミングの影響はない。ただ9960kHzは若干下からの影響を受ける時がある。台湾送信の9560kHzが早く聞こえている。懐かしい日本の歌「どんぐりころころ」で始まった。 拉致問題解説は松本京子さんについて。2006年11月20日に17人目の拉致被害者に認定された。鳥取県米子市で1977年10月21日夜、自宅近くの編み物教室に出かけたまま拉致され行方不明に、北朝鮮は入国した事実はないとして、拉致を認めていない事案でもある。29歳で拉致された経緯などが紹介されている。
続くふるさとの声は拉致被害者松本京子さんへ、2016年2月に収録のお兄さん松本肇さんからの新しいメッセージ。そして2015年8月に日本政府が制作した松本肇さんのビデオメッセージ。京子さんが当時縫製会社に勤めていた同僚だった友人福本成子さんとウメさん二人から2007年の収録メッセージ、同級生矢倉修さんからも、これも2007年収録で過去放送されたメッセージと同じ内容ある。
今日の一曲は1977年のヒット曲狩人の「あずさ2号」、いまだに旅立ったまま、生涯帰ることのできない人はどんな思いで聞くのだろう。この曲で一躍有名になった列車で、現在新宿8時発は特急スーパーあずさ5号である。最後の周波数アナウンスは台湾送信の日本語放送は9900、9560、9470kHz、朝鮮語放送は9900、9765kHzのみでパラオの周波数アナウンスは無い。この番組は2016年4月15日、24日、5月3日、12日、6月8日、17日、26日、7月5日、14日、23日、8月1日、10日と同じ内容である。

  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年08月28日

6100 / 6070kHz

引き続き6100と6070kHzの動きを調査。どうやらほぼ毎日同じような動きをしているようだ。ただ送信機を切り替える時間はバラバラ。
8月28日も6100kHzはAMで放送開始。0234:55に100Hz上へキャリアーが出てきた。そして0236:55にAM波が停波した。100Hz上のH3E波は0242に6100.000kHzまで下がった。

August 28, 6100kHz KCBS
2030-0236:55 AM
0234:55-0919 H3E
0918:25-1336 AM
1334:20-1827 H3E

6070kHz
0919:20-1320 H3E Japanese, 1334:11 c/off
  More
Posted by Hiroshi at 22:30Comments(0)S.N.Korea

2016年08月28日

HFCCリスト更新

27日土曜日17570と17840kHzでハウサ語が聞こえている。スポーツ番組の中継のようだ。26日付のHFCCリストに土曜日だけDWがこの2波でフットボールの中継と登録されている。
他の波が全く入感しない中、このフランス中継だけは細々と聞こえていた。予告通り1530に停波した。

17570 1325 1530 46,47W ISS 500 162 0 196 7 270816 270816 D 18160 Hau F DWL DWL 18014 Footbal
17840 1325 1530 46,47W ISS 500 170 0 207 7 270816 270816 D 17400 Hau F DWL DWL 18017 Footbal

13800kHzは最近もソマリアが出ている時があるみたいだが、土曜日は1530-1600のロシア語がよく聞こえている。これはHCJBである。
1500代の22、25mbは大陸からの電波が完全にスキップ、RFAチベット語などがクリアーに聞こえている。

HFCC登録数
August 12 4539
August 15 4539
August 18 4543
August 23 4546
August 25 4546
August 26 4549
  
Posted by Hiroshi at 01:57Comments(0)受信機

2016年08月28日

8月27日「しおかぜ」

1300代の朝鮮語と日本語放送の9900と9950kHz、どうしたことかいつもの強さがない、S7~9程度で幾分ノイジーである。9910kHzへのジャミングが1228に出現更に受信状態を悪化させた。9950kHzはジャミングに埋没である。土曜日はこのあと1430の番組もこの時間と同じである。9560kHzの台湾送信も元気を取り戻し、パラオ同様信号は強く受信状態は良好である。
拉致問題インフォメーションは、安倍改造内閣が行われ、岸田外務大臣初閣議後の記者会見などから。8月3日の臨時記者会見では北朝鮮問題に関し、「拉致問題に関して,そして北朝鮮に対しての我が国の方針,拉致・核・ミサイル,諸懸案を包括的に解決するべく,「対話と圧力」,「行動対行動」の原則の下に取り組んでいく,この原則は全く変わることはありません。引き続きこの原則の下に取り組んでいかなければなりませんが,拉致問題に関しては,全ての拉致被害者の帰国を果たさなければならないということから,対話という要素を欠くことはできない,こうした課題でもあると認識をしています。我が国の方からストックホルム合意を破棄するというようなことはするつもりはありません。是非,北朝鮮に対して前向きな,建設的な行動を引き出すためにはどうあるべきか,こうした観点から具体的に,引き続きしっかり検討を続けていかなければならない,このように考えています。拉致問題は安倍政権にとりまして最重要課題の一つであるという認識の下に,引き続き全力で取り組んでいきたい,このように考えます。」
ニュース解説は「共同通信の質問に対する北朝鮮原子力研究員の回答」について。拉致問題解説は原敕晁さんについて。1960年6月中旬、北朝鮮工作員辛光洙によって宮崎県青島海岸から工作船に乗せられ拉致された。当時43歳で、李三俊・在日朝鮮人大阪府商工会理事長の経営する中華料理店「宝海楼」の店員をしていた。その後辛光洙は原さんになりすまし日本に不法入国、工作活動をしていた。偽造パスポート、運転免許証、国民健康保険証まで取得し、1985年2月、原さん名義の旅券を持って韓国に入国し逮捕され、韓国当局の取り調べによって原さん拉致事件が明らかにされた。1984年田口八重子さんと結婚、1986年死亡としているが何の根拠もなく、こうした事実はない。2002年に急きょ作成した偽物で信用できるものではない。ふるさとの声は曽我ミヨシさんへ、曽我ひとみさんから2016年2月収録のメッセージ。
今週の一曲、朝鮮語は宇多田ヒカルの「First Love」、これは2014年1月、2015年11月に登場している。日本語は1972年のヒット曲吉田拓郎の「結婚しようよ」。

1300の「しおかぜ」は5965kHz、ジャミングは1246に出現しているがそれほど強くはない。土曜日は日本語放送から、冒頭アナウンスはこれまでと同じで中波放送開始を告げているが実際には始まっていない。番組も先週と同じ内容である。
7月15日札幌市で開催された拉致被害者の全員救出を願うコンサートで歌われた歌を2曲。まず山口采希さんの「空と海の向こう」、続いて宇佐美由美子さんは「無事を祈りて」が放送された。
北朝鮮について書かれた短編小説「告発」が日本語に翻訳され出版されたというニュースなど。「救出への道コーナー」では8月12日は、るみねえが拉致されてから38年たった。その吹上浜で情報提供活動が行われた。ユキエ娘がおばさんに語り掛けている。
後半1330は朝鮮語放送、次第に信号も強くなりジャミングは分からない。受信状態は良くなった。しかしこれも1350頃までまた信号は弱くなり、1358:45CRIにつぶされた。
  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年08月27日

8月26日ふるさとの風

1300代の9900と9950kHz、ジャミングは無くクリアーに聞こえている。この時間は毎日同じ番組が出ている。しかし1335に9910kHz付近に強力なジャミングが出現、受信状態は一気に悪化した。
拉致問題インフォメーションは、安倍改造内閣が行われ、岸田外務大臣初閣議後の記者会見などから。ニュース解説は「共同通信の質問に対する北朝鮮原子力研究員の回答」について。拉致問題解説は原敕晁さんについて。1960年6月中旬、北朝鮮工作員辛光洙によって宮崎県青島海岸から工作船に乗せられ拉致された。当時43歳で、李三俊・在日朝鮮人大阪府商工会理事長の経営する中華料理店「宝海楼」の店員をしていた。その後辛光洙は原さんになりすまし日本に不法入国、工作活動をしていた。偽造パスポート、運転免許証、国民健康保険証まで取得し、1985年2月、原さん名義の旅券を持って韓国に入国し逮捕され、韓国当局の取り調べによって原さん拉致事件が明らかにされた。1984年田口八重子さんと結婚、1986年死亡としているが何の根拠もなく、こうした事実はない。2002年に急きょ作成した偽物で信用できるものではない。ふるさとの声は曽我ミヨシさんへ、曽我ひとみさんから2016年2月収録のメッセージ。
今週の一曲、朝鮮語は宇多田ヒカルの「First Love」、これは2014年1月、2015年11月に登場している。日本語は1972年のヒット曲吉田拓郎の「結婚しようよ」。

1300の「しおかぜ」は5965kHz、ジャミングは出ているが八俣からの電波は強力である。後半はさらに強くS9+40dB以上あり、ジャミングは全く分からないほどである。金曜日は前半後半とも朝鮮語放送である。
1405の「しおかぜ」は7325kHz、ジャミングは無い、八俣の電波は強力である。この時間は先週1330に放送された「ふるさとの風」が出ている。

1430の「ふるさとの風」は9560と9960kHz、両波とも強く、ジャミングは無い。台湾送信の9560kHzが1.2秒ほど早く聞こえている。懐かしい日本の歌「春の歌」で始まった。拉致問題開設は有本恵子さんの事案について。1983年7月ごろコペンハーゲンから手紙が届いたのを最後に行方不明に。1988年に石岡亨さんから家族あてに8月13日付のポーランドの消印で手紙が届き、松木薫さんら3人はよど号ハイジャック犯らの手によって北朝鮮に拉致されたことが判明している。そして1988年11月4日に家族全員死亡と北朝鮮は2002年9月に虚偽報告している。
ふるさとの声は有本恵子さんご家族からのメッセージ、お父さん有本明弘さんから、2015年8月日本政府制作のビデオメッセージ。続いてお母さん有本加代子さんから、2015年3月収録メッセージと2015年8月日本政府制作のビデオメッセージが出ている。
今日の一曲は1968年のヒット曲、ザ・タイガースの「花の首飾り」、この番組は2016年4月21日、5月1日、10日、19日、28日、6月6日、24日、7月3日、12日、21日、30日、8月8日、17日と同じ内容である。
  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年08月26日

6100kHz KCBS

26日もほぼ似たような時間に送信機の切り替えを行った。0515:14に100Hz上へキャリアーが出てきた。そして約一分後AM波が停波した。
6100kHzがある時間帯だけH3E送信を行う理由は分からない。毎日約4時間ほど6070kHzの日本語と同じ送信機を使っていることになる。この4時間6100kHzのAM波の送信機はどこで何をしているのだろう。

6070kHzの日本語が始まる時間帯にまた元のAM放送に戻す目的は何か。いずれにしてもここ最近6070kHzの日本語放送はキャリアー付きのLSBで放送されている。ポータブルラジオなどではこの電波形式の変化は分からない。ただ送信機の調整不備かどうかは知らないが、上側波帯にも若干音漏れがあり、歪んではいるもののUSBでも小さい音量で聞くことができる。

August 26, 6100kHz KCBS
2030-0516:12 AM
0515:14-0919:40 H3E
0918:45-1335 AM
1333:40-1827 H3E

6070kHz
0919:50-1320 H3E Japanese

6070kHzの日本語放送は1320に終了、そのキャリアーのみが垂れ流し状態、1333:30にキャリアーオフ。直後6100kHzへ移動、1335にAM波が停波している。このまま6100kHzは放送終了までH3Eが続くと思われる。


  More
Posted by Hiroshi at 15:16Comments(0)S.N.Korea

2016年08月26日

8月25日「しおかぜ」

1300の「しおかぜ」は5965kHz、ノイズジャミングを早くから出している。八俣の信号も強く概ね受信状態は良好である。25日木曜日は英語放送が出ている。後半は一層信号が強くS9+50dBに迫る勢いである。
1405の「しおかぜ」は7325kHz、ジャミングは確認できない。この時間は先週1330に放送された「ふるさとの風」が出ている。

1300の」イルボネパラム」朝鮮語と1330「ふるさとの風」は9900と9950kHz、ジャミングもなく受信状態は良好である。9910kHzへのジャミングは1324に出現、弱くほとんど影響はない。1330以降9950kHzはかなり信号が落ちてきた、9900kHzは依然として強力である。この時間は毎日同じ番組である。拉致問題インフォメーション、ニュース解説、拉致問題解説、ふるさとの声、今週の一曲と続く。

1430の「ふるさとの風」は9960kHzパラオ送信と9560kHzの台湾送信の2波、9910kHzへのジャミングは弱く影響はない。懐かしい日本の歌「シャボン玉」で始まった。 拉致問題解説は横田めぐみさんについて。1977年11月15日の夕方新潟市内の中学校下校時に行方不明になった。20年後に拉致されたことがマスコミの報道で一般に知られることになった。女子中学生が拉致されたということで北朝鮮の残忍さ、拉致事件の象徴として注目を浴びている。北朝鮮は拉致はしたがすでに死亡したとして2004年ニセ遺骨を提出、死亡時期を訂正(1993年3月死亡を1994年4月に改ざん)するなど亡き者にしないと北朝鮮にとっては都合の悪いことばかり。
ふるさとの声は横田めぐみさんへのメッセージ。横田滋さん、横田早紀江さん夫妻から2015年2月収録のメッセージが出ている。ウランバートルで面会した孫娘とされる話も出ている。
続いて2015年9月に東京で開催された「最終決戦のとき!不退転の決意で全員救出を!国民大集会」における横田早紀江さんの訴えが出ている。あの手この手を使い孫娘キム・ウンギョンと会わせるなど、現体制下ではトップとの関わりのあるめぐみさんを返すことは不可能で死亡したと洗脳、工作活動を通して拉致事件の幕引きを図ろうとしている。
さらに2015年8月に開催された「拉致問題を考える国民の集いin三重」における横田拓哉さんの訴えが出ている。最後に2015年11月新潟で開催された「忘れるな拉致 11.15県民集会」から弟さん横田哲也さんの声が出ている。この番組は2016年4月10日、12日、21日、30日、5月9日、18日、27日、6月5日、14日、7月2日、11日、20日、29日、8月7日、16日と同じ内容である。
  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年08月25日

8月24日ふるさとの風

1300の「しおかぜ」は5965kHz、強力なジャミングは1244に出現している。八俣の信号は強くジャミングをほぼ制圧、バックでピコピコとジャミングが聞こえている。しかしこれは1320に止まっている。後半は弱いながらもノイズジャミングが確認できる。水曜日は前半・後半とも朝鮮語放送である。
1405の「しおかぜ」は7325kHz、この周波数へのジャミングはなぜか出てこない、今もって静かである。しかし5kHz上のCRIが強く受信状態は決して良くない。24日は八俣の電波もチョット弱い。

1300の「イルボネパラム」と1330の「ふるさとの風」は9900と9950kHz、ジャミングはない、いつもの9910kHzへのジャミングは弱く全く影響はない。この時間は両波とも台湾送信で、強力に入感している。毎日同じ番組である。
今週の一曲、朝鮮語は宇多田ヒカルの「First Love」、これは2014年1月、2015年11月に登場している。日本語は1972年のヒット曲吉田拓郎の「結婚しようよ」が出ている。

1430の「ふるさとの風」は9560と9960kHz、珍しく両波ともジャミングは全く無い。懐かしい日本の歌「汽車」で始まった。拉致問題解説は田口八重子さんについて。1978年6月ごろ東京高田のベビーホテルに2歳と1歳の子供を残したまま拉致された。当時22歳である。日本人を偽装し大韓航空機爆破事件を起こした北朝鮮工作員・金賢姫(キム・ヒョンヒ)の証言から、田口八重子さんがこの北朝鮮工作員の教育係を務めたことが明らかになっている。北朝鮮はこうした事実や大韓航空機爆破事件そのものへの関与を完全に否定している。しかし、田口さんは、別の拉致被害者(2002年に帰国)に対して、「1981年から1983年にかけて「オッカ」(=金賢姫の別名)という名の女性工作員と共同生活した」ことが確認されている。
また、北朝鮮は、「田口さんは、1984年に別の拉致被害者・原敕晁さんと結婚し、1986年7月に原さんが病死したため、精神的な慰労のための旅行中に交通事故で死亡した」と説明している。しかし、帰国した拉致被害者は、田口さんとは1986年7月頃まで同じ招待所にいたが結婚の事実はなかったと証言しており、したがって、「原さんの死後、交通事故で死亡した」という北朝鮮側の説明は信用できるものではない。
北朝鮮側は、田口さんが大韓航空機爆破事件の実行犯の教育係を務めていたという事実を隠そうとしている。もちろん事件そのものを北朝鮮は韓国のでっち上げだとし認めていない、韓国も機体引き上げの捜査をしないなどおかしな事件である。
ふるさとの声は田口八重子さんへのメッセージ、お兄さんの飯塚繁雄さんから2015年3月4日収録されたもの。続いて2016年2月7日に政府拉致問題対策本部、東京都の共催により開催された、「北朝鮮拉致問題の解決を願う都民の集い」における収録から。そしてお兄さん本田勝さんからのメッセージは2016年2月に収録されたメッセージ、地元の民謡を歌っている。最後に2015年9月に東京で開催された「最終決戦のとき!不退転の決意で全員救出を!国民大集会」で収録した飯塚耕一郎さんからのメッセージが出ている。今日の一曲は1975年のヒット曲布施晃の「シクラメンの香り」である。この番組は2016年4月20日、29日、5月8日、17日、26日、6月4日、13日、22日、7月10日、19日、28日、8月6日、15日と同じ内容である。

  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年08月24日

6100 / 6070kHz

連日挙動のおかしいKCBSの周波数、もともとおかしいところの放送だから何があっても驚くことはないが、意味不明なことをやっているようだ。
昨日23日は8時間のわたって6100kHzは停波していた。ミサイル発射のため停波せざるを得なかったのか、まさか。

24日は正常に放送を始め停波もなく続いている。しかし途中でAM放送からH3E電波の放送に切り替えている。
0517:35にいつものように100Hz上にキャリアが出現した。それまでのAM波は0520:15に停波している。CLSBの電波は0525に6100.000kHzに落ち着いた。

そして昨日同様、0915にキャリアー出現、この時間は6100kHzジャストに出てくる。0919にH3Eが切れ、6070kHzへQSYした。

August 24, 6100kHz KCBS
2030-0520 AM
0517-0919 H3E
0916-1325 AM
1324-1827 H3E

6070kHz
0920-1320 H3E Japanese

  More
Posted by Hiroshi at 14:40Comments(0)S.N.Korea

2016年08月24日

8月23日「しおかぜ」

1300代の9900と9950kHz、ジャミングもなく強力に入感している。昨日から内容が一部更新されている。いつも出てくるジャミングがない。したがって後半1330の「ふるさとの風」もクリアーに聞こえている。1340に9910kHzへジャミングが出てきたがまだ弱い。拉致問題インフォメーションは、安倍改造内閣が行われ、岸田外務大臣初閣議後の記者会見などから。ニュース解説は「共同通信の質問に対する北朝鮮原子力研究員の回答」について。拉致問題解説は原敕晁さんについて。1960年6月中旬、北朝鮮工作員辛光洙によって宮崎県青島海岸から工作船に乗せられ拉致された。当時43歳で、李三俊・在日朝鮮人大阪府商工会理事長の経営する中華料理店「宝海楼」の店員をしていた。その後辛光洙は原さんになりすまし日本に不法入国、工作活動をしていた。偽造パスポート、運転免許証、国民健康保険証まで取得し、1985年2月、原さん名義の旅券を持って韓国に入国し逮捕され、韓国当局の取り調べによって原さん拉致事件が明らかにされた。1984年田口八重子さんと結婚、1986年死亡としているが何の根拠もなく、こうした事実はない。2002年に急きょ作成した偽物で信用できるものではない。ふるさとの声は曽我ひとみさんのメッセージ、2016年2月の収録。
今週の一曲、朝鮮語は宇多田ヒカルの「First Love」、これは2014年1月、2015年11月に登場している。日本語は1972年のヒット曲吉田拓郎の「結婚しようよ」、これは今日の一曲で8月18日にも登場している。

1300の「しおかぜ」は5965kHz、ジャミングが強い、八俣の電波も若干弱く受信状態は悪い。火曜日は失踪者・拉致被害者家族らが肉声で呼びかけたメッセージが出ている。
1982年失踪の鈴木清江さんへ、お母さんのたみ江さん、妹のとよみさんからのメッセージ。
1991年失踪の橘邦彦さんへ、お母さんの橘智子さんから。
1972年失踪の生島孝子さんへ、お姉さんの馨子さん、お母さんのウラさんから。
1977年に拉致された松本京子さんへ、お兄さんの孟さんから。
1953年失踪の徳永陽一郎さんへ、お姉さんの森川よう子さんからのメッセージ。
1981年失踪の横山辰夫さんへ、お姉さんの浦本勝代さんからのメッセージ。
2000年失踪の浜崎真嗣さんへ、お父さんのけんじさんから。
1963年失踪の森 洋子さんへ、お姉さんの林澄子さんから。
1975年失踪の山田妙子さんへ、妹さんの阿部順子さんから。

1325:40に「日本政府からのメッセージ」が出ている。後半1330からも日本語放送、引き続き肉声によるメッセージが出ている。
1991年失踪の佐々木悦子さんへ、お母さんのアイ子さん、妹さんのめぐみさんから。
1971年失踪の井上克美さんへ、お母さんのイトノさんから。
1977年失踪の新木章さんへ、妹の横山木三子さん、弟の博さんから。
1979年失踪の寺島佐津子さんへ、お母さんのイツ子さん、お父さんの寺島六郎さんから。
1965年失踪の山口美好さんへ、お姉さんの津由子さんから。
1962年失踪の井上征子さんへ、お母さんのマサヱさん、妹さんの恵美子さんから。
1979年失踪の尾方晃さんへ、お母さんの美恵子さんからのメッセージ。

以上の方からの肉声による呼びかけが放送された。1355:36にも「日本政府からのメッセージ」が放送されている。この番組は2014年6月18日、8月13日、10月22日、12月17日、2015年3月4日、4月29日、6月24日、8月26日、10月20日、12月1日、2016年1月26日、3月8日、5月31日、7月12日と同じ内容である。ほぼ2ヶ月毎の再放送となっている。
続く1405の「しおかぜ」は7325kHz、ジャミングは5965kHzに垂れ流しで無いが信号は若干弱い。この時間は先週1330に放送された「ふるさとの風」が出ている。

1430の「ふるさとの風」は9560と9960kHz、パラオ送信も強くジャミングは全くない。両波とも信号は強力である。 懐かしい日本の歌「肩たたき」で始まった。拉致問題解説は増元るみ子さんについて。1978年8月12日鹿児島県吹上浜で市川修一さんとともに拉致された。二人は1979年7月20日結婚し、1981年8月17日死亡したとされる。何の前触れもなく心臓マヒで死亡したというのはいかにも不自然であり、2002年北朝鮮の捏造死亡診断書で死んだことにされてしまった。
ふるさとの声は増元るみ子さんへ。お姉さん平野フミ子さんから2016年3月福岡西鉄ホールで開催された公開合同収録したメッセージ。続いて平野フミ子さんから2015年9月東京で開催された「最終決戦のとき!不退転の決意で全員救出を!国民大集会」における訴えが出ている。18年たってもたった8人しか帰国していないと深刻な訴えである。同じく2015年8月日本政府収録のビデオメッセージから。
続いて中学生時代の同級生メイソンSもと子さんの訴えは2013年2月収録、小中学校の同級生苅谷達郎さんのメッセージ、これも2013年2月の収録。
今日の一曲は、1976年のヒット曲沢田研二「コバルトの季節の中で」、1978年秋から約一年間、蓮池由紀子さんと増元るみ子さんが北朝鮮で一緒に暮らしていた際、由紀子さんがるみ子さんによく歌っていたという。この番組は2016年4月28日、5月7日、16日、25日、6月3日、12日、21日、30日、7月27日、8月5日、14日と同じ内容である。
  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年08月23日

8月22日ふるさとの風

今日からまた一部新しい内容の番組が恥じまた。1300の「イルボネパラム」、1330の「ふるさとの風」は9900と9950kHz、1323に9950kHzはジャミングで聞きづらくなったが9900kHzはクリアーである。しかし後半は若干信号レベルも下降気味、ジャミングがうるさい。拉致問題インフォメーションは、安倍改造内閣が行われ、岸田外務大臣初閣議後の記者会見などから。ニュース解説は「共同通信の質問に対する北朝鮮原子力研究員の回答」について。拉致問題解説は原敕晁さんについて。1960年6月中旬、北朝鮮工作員辛光洙によって宮崎県青島海岸から工作船に乗せられ拉致された。当時43歳で、李三俊・在日朝鮮人大阪府商工会理事長の経営する中華料理店「宝海楼」の店員をしていた。その後辛光洙は原さんになりすまし日本に不法入国。偽造パスポート、運転免許証、国民健康保険証まで取得し、1985年2月、原さん名義の旅券を持って韓国に入国し逮捕され、韓国当局の取り調べによって原さん拉致事件が明らかにされた。1984年田口八重子さんと結婚、1986年死亡としているが何の根拠もなく、こうした事実はない。2002年に急きょ作成した偽物で信用できるものではない。
ふるさとの声は曽我ひとみさんのメッセージ、2016年2月の収録。
今週の一曲、朝鮮語は宇多田ヒカルの「First Love」、これは2014年1月、2015年11月に登場している。1972年のヒット曲吉田拓郎の「結婚しようよ」、これは今日の一曲で8月18日にも登場している。

1300の「しおかぜ」は5965kHz、ジャミングはそれほど強くはないが、5955kHzのCRIがやたら強くガサガサしている。月曜日は前半・後半とも日本語放送、拉致被害者、失踪者の氏名生年月日が読み上げられている。
1405の「しおかぜ」は7325kHz、例によってこの周波数にはジャミングがない、5kHz上のCRIが強く混信がある。先週1330の「ふるさとの風」が出ている。開始アナウンスは、
「こちらはJSRしおかぜです。東京から北朝鮮におられる拉致被害者のみなさん、様々な事情で北朝鮮に渡って戻れなくなった皆さんへ、放送を通じて呼びかけを行っています。しおかぜでは拉致被害者救出、北朝鮮包囲網形成のため、これまでも日本政府とあらゆる形で連携を図ってきました。この時間は日本政府制作による日本語番組「ふるさとの風」をお送りします。最後までお聞きください。」
終了アナウンスは、
「こちらはJSRしおかぜです。東京から北朝鮮におられる拉致被害者のみなさん、様々な事情で北朝鮮に渡って戻れなくなった皆さんへ、放送を通じて呼びかけを行っています。この時間は日本政府制作による日本語番組「ふるさとの風」をお送りしました。拉致被害者の皆さんにはこれまで」放置してきたことをお詫び申し上げます。必ず助け出します。それ以外の方々も自由に日本に戻れるように努力しています。もう少しの間頑張ってください。もしこの放送が受信できなくなった場合には、この近辺を探してみてください。
しおかぜは北朝鮮当局による妨害電波対策のため複数の周波数で放送しています。またほかの北朝鮮向け放送と連携していますので、そちらの時間で夜10時30分から深夜2時30分ごろまでは必ずどこかで放送しています。私たちは皆さんを必ず救出するため様々な努力をしています。番組からの情報を注意して聞いてください。北朝鮮情勢など当局の体制に変化が起きた場合には緊急避難放送もお伝えします。こちらはJSRしおかぜです。東京から北朝鮮におられる拉致被害者のみなさん、様々な事情で北朝鮮に渡って戻れなくなった皆さんへ、放送を通じて呼びかけを行っています。また明日この時間にお会いしましょう、お体をお大事に、こちらはJSRしおかぜです。」


1430の「ふるさとの風」は9560と9960kHz、両波ともジャミングは確認できない。台湾送信の9560kHzが1.2秒ほど早く聞こえている。
懐かしい日本の歌「お馬」で始まっている。拉致問題解説は松木薫さんについて。1980年5月頃スペイン留学中に消息を絶った。1988年に石岡亨さんから家族あてに8月13日付のポーランドの消印で手紙が届き、よど号ハイジャック犯とその関係者によって増元るみ子さんを含め3人が平壌へ連れて行かれたことが判明している。北朝鮮は1996年8月交通事故で死亡と発表、しかしこれは拉致を認めて2002年に急遽死亡確認書をねつ造したもので客観的なことは何も示されていない。
ふるさとの声は松木薫さんへ、2016年3月18日福岡西鉄ホールで開催された公開収録でのお姉さん斉藤文代さんのメッセージ。帰国も果たせず、両親が亡くなったことを述べている。同じく2番目のお姉さん松木照代さんから、2014年2月28日収録のメッセージ。最後に2016年2月収録の弟さん松木信弘さんからのメッセージ。今日の一曲は松木薫さんへの思いを綴った、ミュージックボランティアうらた剛さん作詞作曲の「薫の約束」でこれまでと同じである。この番組は2016年4月18日、5月6日、15日、24日、6月2日、11日、20日、29日、7月8日、8月4日、13日と同じ内容である。
  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年08月22日

6100kHzの怪

一体どういう目的で毎日放送途中で送信機の切り替えをしているのか。8月22日もAM放送で始まっているが、0630の時報に続きニュースの途中、0630:25にH3E電波が出現、一瞬海外向けISが聞こえたが、0630:40にAM波が停波、KCBSはH3Eでの放送に切り替わった。

これでこのあと6070kHzにまた切り替えるのか。6100kHzがH3Eで出ている間、AMの送信機はどこで何をしているのか。
6070kHzはまたH3Eでの放送が始まった。

August 22, 6100kHz KCBS
2030-0630:40 AM (A3E)
0630:25-0922 CLSB (H3E)
0920:53-1322:30 AM (A3E)
1321:20-1827 CLSB (H3E)

6070kHz Voice of Korea in Japanese
0922:28-1320 CLSB (H3E)

  More
Posted by Hiroshi at 17:06Comments(0)S.N.Korea

2016年08月22日

8月21日「しおかぜ」

1300の「しおかぜ」は5965kHz、強力なPipsジャミングは1245:27に出現した。日曜日は朝鮮語放送から。昨日1330と同じ番組である。後半1330は日本語放送、これも昨日1300と同じ番組である。1313:25にジャミング停波、受信状態がよくなってきた。ただノイズジャミングがまだ出続けている。
冒頭部分は先週と同じで、中波放送開始のアナウンスである。実際には直前に北朝鮮からの横やりが入り、今もって中波放送は始まっていない。
7月15日札幌市で開催された拉致被害者の全員救出を願うコンサートで歌われた歌を2曲。まず山口采希さんの「空と海の向こう」、続いて宇佐美由美子さんは「無事を祈りて」が放送された。
北朝鮮について書かれた短編小説「告発」が日本語に翻訳され出版されたというニュース。「救出への道コーナー」では8月12日は、るみねえが拉致されてから38年たった。その吹上浜で情報提供活動が行われた。ユキエ娘がおばさんに語り掛けている。

1300の「「イルボネパラム」、1330の「ふるさとの風」は9900と9950kHz、いつものように9910kHzへジャミングは出てきたが拡がりがなくKTWRだけの妨害である。送信機のトラブルが解消したのか。477週最後の番組が出ている。しかしそうではなかった、1445に一気にジャミングが幅を利かせてきた、更に1457には9975kHzへもジャミングが。拉致問題インフォメーションは7月28日、国連安保理議事長として開催した「アフリカにおける平和構築」における公開討論から岸田外務大臣ステートメントなど。ニュース解説は「国連安保理の対北朝鮮非難声明発表に反対した中国」について。
拉致問題解説は田中実さんについて。1978年6月、北朝鮮からの指示を受けた大阪の中華料理店主の在日朝鮮人により、言葉巧みに誘い成田からウィーンに出国させ、その後、北朝鮮に拉致したものである。当時28歳である、2005年拉致被害者に認定された。日本にはスパイを取り締まる法律はなく、この在日朝鮮人も国内に住んでいたが、2014年死亡したとされる。
ふるさとの声は、増元るみ子さんの友人から2015年に収録したメッセージ。今週の一曲は朝鮮語が 岡本真夜の「TOMORROW」、昨年4月にも登場。日本語は1974年のヒット曲、あいざき進也の「気になる17才」、昨年7月に初登場して以来である。

1430の「ふるさとの風」は9560と9960kHz、両波とも強力に入感している。ジャミングの影響はないが、音声がとぎれとぎれで聞きづらい。日曜日は1430まで9965kHzで使われておりこの時も音声が切れ切れである。
ところがこの1300代の9965kHzはR.Japanの弁狩り語が誤送出されている。1337に通常の英語番組に切り替わった。
懐かしい日本の歌「ないしょばなし」で始まった。拉致問題解説は曽我ミヨシさん当時46歳について。1978年8月12日夜、佐渡島からひとみさん(当時19歳)と共に行方不明になった。日本政府の無策ぶりが露呈した事件で、2002年10月ひとみさんが帰国するまで、拉致されていることさえ分からなかった。その後の調査で在日朝鮮人が関与していることも分かっている、実行犯キムヨンスクを2004年11月に国際手配、犯人の引き渡しを求めているというが何の解決にも至っていない。関係者はいまも日本国内で通名を使い普通に生活している特別永住者の一人である。日本にはスパイを取り締まる法律はない、今も日本国内で工作員が活動している。
ふるさとの声は曽我ミヨシさんへ、2016年2月収録で曽我ひとみさんの日本語と朝鮮語(日本語放送では韓国語と言っている)によるメッセージが出ている。母と離れ離れになってもう38年になる。続いて2015年9月東京で開かれた「最終決戦の時、不退転の決意で全員救出を!国民大集会」で収録したひとみさんの訴えが出ている。
今日の一曲は1976年のヒット曲荒井由実の「あの日にかえりたい」、2013年11月以来の登場。この番組は2016年4月15日、17日、26日、5月14日、23日、6月1日、10日、19日、28日、7月7日、16日、25日、8月12日と同じ内容である。
  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年08月21日

8月20日「しおかぜ」

8月20日は「近隣諸国放送研究フォーラム」に出席のためリアルタイムでの受信はできなかったが、そこはパソコンに留守番をしてもらった。
1300の「しおかぜ」は5965kHz、いつものジャミングはやや遅れ放送開始直後1306に出てきたようだ。ただそれほど強くはなく日本語放送はそれなりに聞こえている。冒頭部分は先週と同じで、中波放送開始のアナウンスである。実際には直前に北朝鮮からの横やりが入り、今もって中波放送は始まっていない。
7月15日札幌市で開催された拉致被害者の全員救出を願うコンサートで歌われた歌を2曲。まず山口采希さんの「空と海の向こう」、続いて宇佐美由美子さんは「無事を祈りて」が放送された。
北朝鮮について書かれた短編小説「告発」が日本語に翻訳され出版されたというニュース。このあたりからジャミングが強くなり聞き取り困難に。

1430の「ふるさとの風は9560と9960kHz、両波ともジャミングは無く受信状態は良好である。土曜日は懐かしい日本の歌「月の砂漠」で始まっている、拉致問題解説は石岡亨さんについて。1980年5月頃大学生だった石岡さんはヨーロッパへ出かけたまま行方不明に、1988年家族あてに8月13日付のポーランドの消印で手紙が届き平壌で暮らしていることがわかった。こうして有本恵子さん、松木薫さん3人が北朝鮮に拉致されたことが判明、1984年11月4日死亡と北朝鮮は発表している。松木薫さんを含めた3人は、よど号ハイジャック犯とその関係者によって平壌に連れていかれたことが判明している。小泉総理の訪朝が決まると、2002年に急遽死亡したことにされてしまった。
ふるさとの声は石岡亨さんへのメッセージ、2016年2月のお兄さん石岡章さんからの肉声によるメッセージが出ている。今日の一曲は1979年のヒット曲円広志の「夢想花」、とんでとんでとんでと何回も出てくる特徴のある歌で、いつまでも記憶に残っている曲のひとつである。この番組は2016年4月16日、25日、5月4日、22日、31日、6月9日、18日、27日、7月6日、15日、24日、8月2日と同じ内容である。

1600の「ふるさとの風」は9470と9960kHz、1430同様クリアーに聞こえている。
1600の「しおかぜ」は5915kHz、すでに1505にノイズジャミングを出してきた。八俣の電波は強くジャミングの影響は少ない。1430の放送では聞き取れなかった「救出への道コーナー」では8月12日はるみねえが拉致されてから38年たった。その吹上浜で情報提供活動が行われた。ユキエ娘がおばさんに語り掛けている。

  
Posted by Hiroshi at 22:54Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年08月21日

6070 / 6100kHz

8月20日(土曜日)6100kHzは0515:40いつものように100Hz上にキャリアーが出現、ビートが生じている。0516:50にAM波が停波、H3Eの放送となビートは消えた。0523に6100kHzに落ち着いている。
そして0921に6100kHz丁度にAM波が出てきた。0923:50にH3E波が停波、またAM放送に戻っている。6070kHzは0827にハム混じりのキャリアーON、明らかにCLSBである。0930日本語放送が始まった。ただ上側にも若干音漏れがあるのはいつものこと。1320までH3E放送が続いた、1339:20にキャリアーオフ。
そしてまた6100kHzへH3Eを出してきたがCRIの混信が強く正確な時間は良く分からない。しかし1342にはAM波は消えている。
August 20
6100kHz KCBS in Korean
2030-0517 A3
0516-0924 H3E
0921-1342 A3
1342-2030 H3E

6070 kHz
0930-1320 H3E Japanese

8月21日もほぼ同じような動きを見せている。6100kHzは0516:05に約80Hz上へキャリアーが出てきた。0517:05にAM波が停波した。0521に6100.000kHzへ落ち着いた。0915AM波が開始。0917:50に6070kHzが開始、すでに日本語放送が出ている。当然これはH3Eの放送である。
Augisut 21
6100kHz KCBS
2030-0517 A3
0516-0917 H3E
0915-1325 A3
1325-2030 H3E

6070kHz
0918-1320 H3E Japanese


  
Posted by Hiroshi at 21:51Comments(0)S.N.Korea

2016年08月20日

8月19日ふるさとの風

1300の「しおかぜ」は5965kHz、ジャミングは1253:30に出現、かなり強力である。八俣の電波も強くジャミングを抑えている。19日、金曜日は朝鮮語放送である。
1405の「しおかぜ」は7325kHz、ジャミングは無い、受信状態は良好である。この時間は「ふるさとの風」が出ている。

1300の「イルボネパラム」と1330の「ふるさとの風」は9900と9950kHz、9950kHzは1227:27にジャミングが被ってきた。9910kHzを中心に広範囲に出している。
19日はこのあと1430の日本語放送も同じ番組が出ている。拉致問題インフォメーションは7月28日、国連安保理議事長として開催した「アフリカにおける平和構築」における公開討論から岸田外務大臣ステートメントなど。ニュース解説は「国連安保理の対北朝鮮安保理制裁に反対した中国」について。
拉致問題解説は田中実さんについて。1978年6月、北朝鮮からの指示を受けた大阪の中華料理店主の在日朝鮮人により、言葉巧みに誘い成田からウィーンに出国させ、その後、北朝鮮に拉致したものである。当時28歳である、2005年拉致被害者に認定された。日本にはスパイを取り締まる法律はなく、この在日朝鮮人も国内に住んでいたが、2014年死亡したとされる。
ふるさとの声は、増元るみ子さんの友人から2015年に収録したメッセージ。今週の一曲は朝鮮語が 岡本真夜の「TOMORROW」、昨年4月にも登場。日本語は1974年のヒット曲、あいざき進也の「気になる17才」、昨年7月に初登場して以来である。1457終了の9960kHzはこのあといつものようにBabcock Musicを流している。台湾送信の9560kHzはキャリアーのみが出ている。
  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年08月19日

8月18日ふるさとの風

1300代の9900と9950kHzはいつも開始時はジャミングもなくよく聞こえている。しかし今日も1319:50に9910kHzへジャミングを出してきた。広範囲にかつ強弱の激しいジャミングである。強力な台湾の電波も今日ばかりは両波ともジャミングとごカウの勝負である。朝鮮語、日本語放送とも聞き取りは十分できる。
この時間は毎日同じ番組が出ている。今週の一曲は朝鮮語が 岡本真夜の「TOMORROW」、昨年4月にも登場。日本語は1974年のヒット曲、あいざき進也の「気になる17才」、昨年7月に初登場して以来である。

1300の「しおかぜ」は5965kHz、1242:50に強烈なPipsジャミングを出してきた。1259に強力な八俣からのキャリアーがON、ジャミングをほぼ完全に抑え込んでしまった。S9+40~50dBはありバックでジャミングが聞こえる程度。木曜日は英語放送である。
1405の「しおかぜ」は7325kHz、ジャミングは5965kHzに垂れ流しでこの周波数はクリアーである。引き続き信号は強くローカル局並みに聞こえている。先週1330に放送された「ふるさとの風」が出ている。

1430の「ふるさとの風」は9560と9960kHz、台湾送信の9560kHzは強力である。パラオ送信は下からのジャミングが時々かぶってくる。9560kHzが2秒近く早く聞こえている。懐かしい日本の歌は「ずいずいずっころばし」で始まった。拉致問題解説は市川修一さんについて、1978年8月12日、鹿児島県日置郡から増元るみ子さん当時23歳と共に拉致された。2002年北朝鮮は拉致を認め1979年9月4日死亡としているが、泳げなかった市川さんが、初冬に川で溺死したことにして、にわか死亡通知書を作成、客観的事実は何もなく信用できる内容ではない。これも北朝鮮にとっては死亡したことにしないと都合の悪い拉致事件である。
ふるさとの声は、市川修一さんへ、お兄さんの市川健一さんからのメッセージは2016年2月24日収録の新しいものに差し替えられている。続いてお姉さん市川龍子さんからも2016年2月24日収録のメッセージ。このあと中学高校生時代の友人花牟礼薫さん、小中学校同級生の高山孝一さんからのメッセージは2007年に収録されたものが出ている。今日の一曲は1972年のヒット曲、吉田拓郎の「結婚しようよ」、これは2015年5月以来の登場となった。
最後の周波数アナウンスは台湾送信の日本語放送は9900、9560、9470kHz、朝鮮語放送の9900、9765kHzのみでパラオの周波数アナは無い。この番組は2016年4月14日、23日、5月2日、11日、20日、6月16日、25日、7月4日、13日、22日、31日、8月9日と同じ内容である。

  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年08月18日

6100 / 6070kHz

毎日いろいろなことをやっているこの二つの周波数、18日も6100kHzはAMで放送を始めているが、0425:40に100Hz上へH3Eの信号が出てきた。AM波は0429:15に停波した。以降H3Eでの放送が続いている。0433には6100.000kHzに落ち着いている。
ところが1130以降またAM放送に戻っている。そして日本語放送の6070kHzがH3Eで出てきた。
1120に日本語放送が終了、後はキャリアーのみで1129:30に6070kHzは一旦停波している。そして一分後再開、今度はAM波ではなくH3Eの電波で日本語放送が始まった。IS一回分がカットされ30秒頭切れで始まったことになる。

6100kHzはキャリアーの切れることはなく1130からAM放送に切り替わっている。
いずれにしても2台の送信機でやりくりしているわけだが、いつ切り替えるかは適当にやっているということか。ジャミング用の送信機は頻繁に停波をしているが、このところ国内外向けの送信機は停波がほとんどない。電気の供給が少しは良くなったのか。そして周波数の変動もない。

6070kHzの日本語は1320に終了、そしてまた6100kHzへ移動、1330以降6100kHzはまたH3Eでの放送になった。何の目的で送信機の切り替えをしとぃるのか意味不明。

August 18
6100kHz KCBS in Korean
2030-0429 A3 (A3E)
0425-1130 CLSB (H3E)
1130-1330 A3 (A3E)
1330-2030 CLSB (H3E)

6070kHz Voice of Korea in Japanese
0930-1120 A3 (A3E)
1130-1320 CLSB (H3E)
  More
Posted by Hiroshi at 22:38Comments(0)S.N.Korea