2017年03月29日

3月28日ふるさとの風

1300の朝鮮語、9465と9940kHz、両波とも強力である。続く1330「ふるさとの風」は9705と9950kHz、この時間も強力であるが、9950kHzが約一分ほど遅れて音声を出してきた。
28日はこのあと1430の9560と9960kHzも1330と同じ日本語放送である。台湾、パラオ送信共に強力である。9560kHzが若干早く聞こえている。
拉致問題インフォメーションは、3月16日、ティラーソン国務長会との訪日、安倍総理と意見交換をしたことなど。ニュース解説は東京国際大学伊豆見元教授で「米国専門家の見方」について。北朝鮮のICBM発射があるとすれば、韓国大統領選の前ではないかという見方。
今週の一曲、朝鮮語は岡本真夜の「TOMORROW」、昨年8月にも登場している。日本語放送は1973年のヒット曲小柳ルミ子の「春のおとずれ」、2015年4月以来の登場、当時と同じ曲の組み合わせである。
ふるさとの声は有本恵子さんご両親からの有本加代子さんと明弘さんからのメッセージ、2017年3月の収録である。
番組の最後に、4月1日からの新しい周波数放送時間がアナウンスされた。日本語、朝鮮語放送とも毎日各4回に増強される。

1300の「しおかぜ」は6040kHz、周波数変更三日目にしてジャミングを出してきた。しかしそれほど強くはなく番組の聞き取りは可能である。
火曜日は拉致被害者、失踪者家族らが肉声で呼びかけたメッセージが出ている。
1982年失踪の鈴木清江さんへ、お母さんのたみ江さん、妹のとよみさんからのメッセージ。
1991年失踪の橘邦彦さんへ、お母さんの橘智子さんから。
1972年失踪の生島孝子さんへ、お姉さんの馨子さん、お母さんのウラさんから。
1977年に拉致された松本京子さんへ、お兄さんの孟さんから。
1953年失踪の徳永陽一郎さんへ、お姉さんの森川よう子さんからのメッセージ。
1981年失踪の横山辰夫さんへ、お姉さんの浦本勝代さんからのメッセージ。
2000年失踪の浜崎真嗣さんへ、お父さんのけんじさんから。
1963年失踪の森 洋子さんへ、お姉さんの林澄子さんから。
1975年失踪の山田妙子さんへ、妹さんの阿部順子さんから。

1325:40に「日本政府からのメッセージ」が出ている。後半1330からも日本語放送、引き続き肉声によるメッセージが出ている。
1991年失踪の佐々木悦子さんへ、お母さんのアイ子さん、妹さんのめぐみさんから。
1971年失踪の井上克美さんへ、お母さんのイトノさんから。
1977年失踪の新木章さんへ、妹の横山木三子さん、弟の博さんから。
1979年失踪の寺島佐津子さんへ、お母さんのイツ子さん、お父さんの寺島六郎さんから。
1965年失踪の山口美好さんへ、お姉さんの津由子さんから。
1962年失踪の井上征子さんへ、お母さんのマサヱさん、妹さんの恵美子さんから。
1979年失踪の尾方晃さんへ、お母さんの美恵子さんからのメッセージ。

以上の方からの肉声による呼びかけが放送された。1355:36にも「日本政府からのメッセージ」が放送されている。この番組は2014年6月18日、8月13日、10月22日、12月17日、2015年3月4日、4月29日、6月24日、8月26日、10月20日、12月1日、2016年1月26日、3月8日、5月31日、7月12日、8月23日、10月4日、11月15日、12月27日、2017年2月14日と同じ内容である。  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年03月28日

ふるさとの風放送時間追加

拉致対策本部の北朝鮮向け短波放送、朝鮮語と日本語放送の放送時間が予定通り4月1日から各30分追加される。現在1630に終了しているのを、一時間追加1730UTCまで放送する。
これに合わせ台湾送信を一波追加、1630までは3波送信となる。追加される1630以降の放送は台湾送信一波のみである。


同じく「しおかぜ」の中波送信も4月1日から再開される。以下「調査会ニュース」から。
中波放送再開決定 【調査会NEWS2425
 平成29年4月1日(予定)より、北朝鮮向け中波放送「しおかぜ」再開することに決定しました。

 調査会の慢性的資金難も続いている事や、政府から満足の行く支援を頂く事は出来なかったため、放送は半年を目処とした見切り発車です。

 厳しい状況ですが、その中で、連合傘下産業別労働組合UAゼンセン様から一定額の支援の申し出を頂きました。これにより4月からの送信に弾みがつきました。志に心より感謝申し上げます。さらに今後も中波放送の継続を念頭に各方面に支援要請を続けて参ります。各方面のご協力をよろしくお願いします。

 なお、昨日26日から短波放送の周波数が下記の通り変更になっています。

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
23:30〜00:30 中波1431kHz(4月1日から)
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか
  
Posted by Hiroshi at 19:01Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年03月28日

3月27日ふるさとの風

1300の「イルボネパラム」は9465と9940kHz、開始直後は9940kHzも強かったが10分と持たなかった。9465kHzは強力である。
1330の「ふるさとの風」は9705kHz、これも強力に聞こえている。拉致問題インフォメーションは、3月16日、ティラーソン国務長会との訪日、安倍総理と意見交換をしたことなど。ニュース解説は東京国際大学伊豆見元教授で「米国専門家の見方」について。
今週の一曲、朝鮮語は岡本真夜の「TOMORROW」、昨年8月にも登場している。日本語放送は1973年のヒット曲小柳ルミ子の「春のおとずれ」、2015年4月以来の登場、当時と同じ曲の組み合わせである。
ふるさとの声は有本加代子さんと明弘さんからのメッセージ、2017年3月の収録である。
番組の最後に、4月1日からの新しい周波数がアナウンスされた。日本語、朝鮮語放送とも毎日各4回に増強される。

1300の「しおかぜ」は6040kHz、同波の混信もほとんど影響はない。ジャミングもまだ5935kHzに居座っている。月曜日は公開されている失踪者の氏名生年月日などの読み上げである。
1405の「しおかぜ」は6090kHz、同波のCNR2の混信も弱く受信状態は良好である。この時間は先週3月20日1330に放送された「ふるさとの風」が出ている。

1430「ふるさとの風」は9560と9960kHz、台湾送信の9560kHzが強力に入感している。懐かしい日本の歌「星の界」で始まった。星の界(ほしのよ)は明治43年に『星の界』(作詞 杉谷代水)として『中学唱歌』(田村虎蔵編)に登場し、いわゆる文部省唱歌として歌われ続けてきた。1970年、昭和45年からは『星の世界』(作詞 川路柳紅)という名で音楽の教科書にも載っている。讃美歌312番(What a Friend We Have in Jesus)のメロディが使われていることでもよく知られている名曲である。
拉致問題解説は増元るみ子さんについて。1978年8月12日鹿児島県吹上浜で市川修一さんとともに拉致された。二人は1979年7月20日結婚し、1981年8月17日死亡したとされる。何の前触れもなく心臓マヒで死亡したというのはいかにも不自然であり、2002年北朝鮮の捏造死亡診断書で死んだことにされてしまった。
ふるさとの声は増元るみ子さんへ、お姉さん平野フミ子さんからのメッセージ、2016年11月4日、長崎ブリックホール国際会議場において、政府拉致問題対策本部、長崎県、長崎県拉致問題早期解決議員連盟の共催により、「拉致問題を考える国民の集いin長崎」の国民集会での収録から。
続いて2015年8月に日本政府制作のビデオメッセージから同じく平野フミ子さんから、そして中学生時代の同級生メイソンSもと子さんの訴え、小中学校の同級生苅谷達郎さんのメッセージ、いずれも2013年2月の収録である。
今日の一曲は、これまでと同じ、1976年のヒット曲沢田研二「コバルトの季節の中で」、1978年秋から約一年間、蓮池由紀子さんと増元るみ子さんが北朝鮮で一緒に暮らしていた際、由紀子さんがるみ子さんによく歌っていたという。
最後の周波数アナウンスは現在使われている台湾送信のみである。この番組は2017年2月1日、10日、19日、28日、3月9日、18日と同じ内容である。
  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年03月27日

Korean on 738kHz

中波738kHzはモスクワ市内向けに各国の国際放送のロシア語が24時間出ている周波数。日本で受信することはできないが、パソコンさえあればだれでも受信は可能だ。

この周波数番組はすべてロシア語のはずだが、27日1100にチェックしたところ、6090kHzと同じ番組が出ている。モスクワ市内向けの738kHzでロシア語放送を聞くのは初めてである。
R.Japanは738kHzで30分番組を毎日4回放送している。ちなみにKBSは毎日8回放送している。

KNLSアラスカからの短波放送は今のところ一台で放送を行っている模様。中国語はマダガスカル送信が出ている。

RFA、VOAの日替わり周波数放送、HFCCリストからは削除されてしまったが、23日付の登録周波数で放送されている。

R.Pakistanの短波放送は、引き続きすべて停波している。

RFIの英語放送は0600-0700に11905kHzに出ている。同波のCNR6が停波する水曜日に聞こえそう。

CNRがDRM周波数を登録しているが、今のところ何も出ていない。
  
Posted by Hiroshi at 21:01Comments(0)Europe

2017年03月27日

しおかぜ周波数変更

恒例の周波数変更が行われた。
1300の「イルボネパラム」朝鮮語放送は9465と9940kHzに出ている。両波とも台湾送信で今日は弱いがかろうじて聞こえている。追加予定の9900kHzは出ていない。予定通り4月1日から使用されると思われる。
1330の「ふるさとの風」は9705と9940kHz、両波ともほぼ沈没、全く聞こえない。日曜日、この時間パラオからの放送は強力に入感している。

1300の「しおかぜ」は6040kHz、同波の混信も殆んど無く概ね良好である。当然ジャミングは5935kHzに垂れ流しである。日曜日は朝鮮語放送から。後半1330は日本語放送、昨日25日と同じ番組である。
しおかぜの中波送信は4月から再開される予定。

1405の「しおかぜ」は6090kHz、同波のCNR2が混信している。しかし八俣からの電波のほうが強い。聞き取りは十分可能である。先週1330に放送された「ふるさとの風」が出ている。

1430の「ふるさとの風」は9560と9960kHz、これまでと同じ周波数である。台湾送信は弱いが、パラオ送信は強い。懐かしい日本の歌は「雨降り」、拉致問題開設は松木薫さんについて。1980年5月頃スペイン留学中に消息を絶った。1988年に石岡亨さんから家族あてに8月13日付のポーランドの消印で手紙が届き、よど号ハイジャック犯とその関係者によって増元るみ子さんを含め3人が平壌へ連れて行かれたことが判明している。北朝鮮は1996年8月交通事故で死亡と発表、しかしこれは拉致を認めて2002年に急遽死亡確認書をねつ造したもので、偽遺骨を出すなど客観的なことは何も示されていない。
ふるさとの声は松木薫さんへ、お姉さん斉藤文代さんのメッセージ。2016年9月東京で開催された「最終決戦は続いている!制裁と国際連携で全員救出実現を!国民大集会」において収録したもの。おなじく2016年9月収録の弟さん松木信弘さんからのメッセージ。最後に2番目のお姉さん松木照代さんから、2014年2月収録のメッセージが出ている。
今日の一曲は松木薫さんへの思いを綴った、ミュージックボランティアうらた剛さん作詞作曲の「薫の約束」、最後の周波数アナウンスは台湾送信波のみが出ている。この番組は2017年2月9日、18日、27日、3月8日、17日と同じ内容である。
  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年03月26日

A17スケジュール

国際放送局が今日から周波数を変更している。
0700まではこれまでの周波数で出ている局と既に新しい周波数に出ている局とが混在している。Radio Japanも一部言語の放送時間が変更され、0415から13720kHzに朝鮮語が出てきた。これは0915からの変更である。同じく中国語も0430に11825kHzに出てきた。これも0900の変更である。いずれもクリアーに入感しているが、11825kHzはバックで英語放送が混信しているのがわかる。これはマダガスカルからのMWV(KNLS)である。

CRIはこれまでと全く同じ規模で放送している。ただ今回はいくつかの周波数が変更されている。A17周波数リストではA16からの変更分を太字で表示している。

バチカン放送の英語放送は、アジア向けが縮小され毎週土曜日だけの放送となった。フィリピン送信で行われる予定。短波放送がすべてなくなったわけではない。

  
Posted by Hiroshi at 13:39Comments(0)受信機

2017年03月26日

3月25日「しおかぜ」

1300の朝鮮語9465kHz、1330の日本語9705kHzは昨日に次いで強力である。受信状態は良好である。しかし後半日本語放送はやや落ち込み信号は弱くなってしまった。

1300の「しおかぜ」は5935kHz、ジャミングが出ているが日本語放送が聞こえている。ピョンヤンでクーデターが起きたというニュースが一時流れたこと。やはり内部で何か起きているらしい。
金正日の孫、暗殺された金正男の息子、キムハンソル氏について、YouTubeで紹介された肉声が放送されている。北朝鮮の相次ぐ挑発行為について各国からの圧力が高まっている。中国でのティラーソン国務長官の話など。
救出への道コーナーは3月17日に開催された集会について。
1322:25に「日本政府からのメッセージ」が出ている。弾道ミサイル発射に対し北京を通じ抗議した内容である。周波数アナウンスはまだ現行のままである。この後緊急放送ISに次いで、日本への連絡用で環番号FAX番号、メールアドレスが告知されている。

1430の「ふるさとの風」は9560と9960kHz、パラオ送信の9960kHzは強力である。台湾送信の9560kHzも若干持ち直しクリアーに聞こえている。懐かしい日本の歌「波浮の港」で始まった。
拉致問題解説は、曽我ミヨシさんについて。1978年8月12日夜、近所に買い物に出掛けたままひとみさん(当時19歳)と共に行方不明になった。日本政府の無策ぶりが露呈した事件で、2002年10月ひとみさんが帰国するまで、拉致されていることさえ分からなかった。その後の調査で在日朝鮮人が関与していることも分かっている、実行犯キムヨンスクを2004年11月に国際手配、犯人の引き渡しを求めているというが何の解決にも至っていない。関係者はいまも日本国内で通名を使い普通に生活している特別永住者の一人である。日本にはスパイを取り締まる法律はない、今も日本国内で工作員が活動している。
ふるさとの声は曽我ミヨシさんへ、2016年2月収録で曽我ひとみさんの日本語と朝鮮語(日本語放送では韓国語と言っている)によるメッセージが出ている。母と離れ離れになってもう38年にもなると訴えている。続いて2016年9月17日東京で開かれた「最終決戦は続いている!制裁と国際連携で全員救出実現を!国民大集会」で収録したひとみさんの訴えが出ている。
きょうの一曲は1977年のヒット曲石川さゆりさんの「津軽海峡冬景色」、この1月に朝鮮語放送でも登場している。この番組は2017年2月8日、17日、26日、3月7日、16日と同じ内容である。
  
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年03月25日

A17日替わり周波数

VOAとRFAはまたA17で西蔵語などで毎日周波数を変えて放送する。ウェブサイトではこれらの周波数は特定しないということで公開されていない。

HFCCに登録されている周波数は以下のとおりである。(IBB関連は3月26日0700UTC以降に変更される。)

VOA Tibetan 0000-0100 7255, 9855
13810 1......
13640 .2.....
13630 ..3....
13670 ...4...
13690 ....5..
13805 .....6.
13760 ......7

RFA Tibetan 0100-0200 9370, 9680, 11705, 17730
17700 1......
17685 .2.4.6.
17635 ..3.5..
17665 ......7

RFA Tibetan 0200-0300 9370, 11705, 11745, 17730
21620 1......
21550 .2.....
21560 ..3....
21575 ...4...
21585 ....5..
21595 .....6.
21610 ......7

VOA Tibetan 0300-0400 15140, 17735
21660 1......
21600 .2.....
21610 ..3....
21620 ...4...
21630 ....5..
21640.....6.
21650 ......7

VOA Tibetan 0400-0500 15150, 17615
21600 1......
21610 .2.....
21620 ..3....
21630 ...4...
21640 ....5..
21650 .....6.
21660 ......7

VOA Tibetan 0500-0600 15140, 17650
21610 1......
21620 .2.....
21630 ..3....
21640 ...4...
21650 ....5..
21660 .....6.
21600 ......7

RFA Tibetan 0600-0700 15720, 17635, 17750, 21540, 21690

RFA Tibetan 1000-1100 13800, 15330
21475 1......
21465 .2.....
21455 ..3....
21525 ...4...
21565 ....5..
21495 .....6.
21485 ......7

RFA Tibetan 1100-1200 7470, 13830, 15265
19010 1......
18930 .2.....
18980 ..3..6.
18990 ...4..7
19000 ....5..

RFA Tibetan 1200-1300 7470, 11540, 15265
18930 1......
18980 .2..5..
18990 ..3..6.
19000 ...4..7

RFA Tibetan 1300-1400 7470, 11540, 15275
19010 1......
18930 .2.....
18980 ..3..6.
18990 ...4..7
19000 ....5..

VOA Cantonese 1300-1400 7545

RFA Cantonese 1400-1500
13820 1......
13755 .2.4.6.
13740 ..3.5..
13640 ......7

VOA Tibetan 1400-1500 9920, 17580
17485 .2.4.6.
17760 1.3.5.7

RFA Tibetan 1500-1600 9366, 11870
13745 1.3.5.7
13790 .2.4.6.

VOA Tibetan 1600-1700 7565, 9565
12065 1.3.5.7
15505 .2.4.6.

RFA Tibetan 2200-2300 7505, 9370
7520 1..4...
7460 .2.....
7470 ..3....
9655 ....5..
7465 .....6.
9920 ......7

RFA Tibetan 2300-2400 6075, 9555, 9875

3月24日付HFCC登録リストからこれ等一部の周波数が削除あるいは変更されている。23日付までは登録されていた。
  
Posted by Hiroshi at 11:32Comments(0)Americas

2017年03月25日

3月24日ふるさとの風

24日、1300の「イルボネパラム」朝鮮語は9465と9950kHz、9465kHzが超強力に聞こえている。1330の「ふるさとの風」9705kHzもローカル局並みの強さである。しかし9950kHzは極めて弱い。
拉致問題インフォメーションは3月7日、第193国会北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会で加藤拉致問題担当大臣の所信表明演説が出ている。ニュース解説は「ティラーソン国務長官の記者会見」について。3月17日来日中の国務長官発言からの解説。
今週の一曲は日本語放送のみで桜井純恵さんの「母恋し」、昨年6月以来の登場である。このあとのふるさとの声は曽我ミヨシさんへ、ひとみさんからの日本語によるメッセージである。これは2017年2月収録である。終盤は若干信号も落ち込んできた。

1300の「しおかぜ」は5935kHz、ジャミングと中国語とそして金曜日の朝鮮語放送との三つ巴、受信状態は悪い。26日からの周波数変更でしばらくは良く聞こえるようになるのだろうか。

1430の「ふるさとの風」は9560と9960kHz、この時間も台湾送信は強力である、パラオ送信はいつもの強さはないが良く聞こえている。
懐かしい日本の歌は「荒城の月」で始まっている。拉致問題解説は石岡亨さんについて。1980年5月頃大学生だった石岡さんはヨーロッパへ出かけたまま行方不明に、1988年家族あてに8月13日付のポーランドの消印で手紙が届き平壌で暮らしていることがわかった。こうして有本恵子さん、松木薫さん3人が北朝鮮に拉致されたことが判明、1984年11月4日死亡と北朝鮮は発表している。松木薫さんを含めた3人は、よど号ハイジャック犯とその関係者によって平壌に連れていかれたことが判明している。小泉総理の訪朝が決まると、2002年に急遽死亡したことにされてしまった。
ふるさとの声は石岡亨さんへのメッセージ、2016年2月に収録したお兄さん石岡章さんからのメッセージが出ている。今日の一曲は1979年のヒット曲、円広志の「夢想花」、この時間の番組も最初の曲が変更されたのみで後は従来と同じである。周波数アナウンスは台湾送信のみが出ている。2017年2月16日、25日、3月6日、15日の再放送である。
  
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年03月24日

3月23日ふるさとの風

1300代の台湾送信、9465kHzは強力に入感していたが、9705kHzはすっかり弱くなってしまった。9950kHzと共にかろうじて聞こえているレベルである。ジャミングは確認できない。

1300の「しおかぜ」は5935kHz、ジャミングは弱い。八俣からの電波は次第に強くなり後半はS9+50dBを超す強さである。1325:25と1355:25に「日本政府からのメッセージ」が出ている。
1405の「しおかぜ」も5935kHz、いつになく強力である。ジャミングを完全に抑え、クリアーに聞こえている。この時間は「ふるさとの風」が放送されている。開始アナウンスは、
「こちらはJSRしおかぜです。東京から北朝鮮におられる拉致被害者のみなさん、様々な事情で北朝鮮に渡って戻れなくなった皆さんへ、放送を通じて呼びかけを行っています。しおかぜでは拉致被害者救出、北朝鮮包囲網形成のため、これまでも日本政府とあらゆる形で連携を図ってきました。この時間は日本政府制作による日本語番組「ふるさとの風」をお送りします。最後までお聞きください。」

そして終了アナウンスは、
「こちらはJSRしおかぜです。東京から北朝鮮におられる拉致被害者のみなさん、様々な事情で北朝鮮に渡って戻れなくなった皆さんへ、放送を通じて呼びかけを行っています。この時間は日本政府制作による日本語番組「ふるさとの風」をお送りしました。拉致被害者の皆さんにはこれまで」放置してきたことをお詫び申し上げます。必ず助け出します。それ以外の方々も自由に日本に戻れるように努力しています。もう少しの間頑張ってください。もしこの放送が受信できなくなった場合には、この近辺を探してみてください。
しおかぜは北朝鮮当局による妨害電波対策のため複数の周波数で放送しています。またほかの北朝鮮向け放送と連携していますので、そちらの時間で夜10時30分から深夜2時30分ごろまでは必ずどこかで放送しています。私たちは皆さんを必ず救出するため様々な努力をしています。番組からの情報を注意して聞いてください。北朝鮮情勢など当局の体制に変化が起きた場合には緊急避難放送もお伝えします。こちらはJSRしおかぜです。東京から北朝鮮におられる拉致被害者のみなさん、様々な事情で北朝鮮に渡って戻れなくなった皆さんへ、放送を通じて呼びかけを行っています。また明日この時間にお会いしましょう、お体をお大事に、こちらはJSRしおかぜです。」

1430の」ふるさとの風」は9960と9560kHz、台湾送信は幾分持ち直しそこそこ聞こえている、パラオの9960kHzは良好である。懐かしい日本の歌は「めだかの学校」である。拉致問題解説は松本京子さんについて。2006年11月20日に17人目の拉致被害者に認定された。鳥取県米子市で1977年10月21日夜、自宅近くの編み物教室に出かけたまま拉致され行方不明に、北朝鮮は入国した事実はないとして、拉致を認めていない事案でもある。29歳で拉致された経緯などが紹介されている。
ふるさとの声は拉致被害者松本京子さんへ、2016年2月に収録のお兄さん松本肇さんからのメッセージ。そして2015年8月に日本政府が制作した松本肇さんのビデオメッセージ。京子さんが当時縫製会社に勤めていた同僚だった友人福本成子さんとウメさん二人から2007年の収録メッセージ、同級生矢倉修さんからも2007年収録で過去放送されたメッセージと同じ内容ある。
今日の一曲は1977年のヒット曲狩人の「あずさ2号」、いまだに旅立ったまま、生涯帰ることのできない人はどんな思いで聞くのだろう。この曲で一躍有名になった列車で、現在新宿8時発は特急スーパーあずさ5号である。12月12日であずさ運転開始50年を記念して12月17日に特別列車が走った、そしてこの歌も40年がたった。この時間、最初の歌が変更されたのみで、後はこれまでと同じ内容である。この番組は2017年2月6日、24日、3月5日、14日の再放送である。
  
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年03月23日

3月22日ふるさとの風

A17からBBCが北朝鮮向け放送を開始する予定である。HFCCには毎日3時間の放送を2回に分けて短波で放送される予定。
シンガポールと台湾中継で9540と9940kHzが登録されている。1530と1730から各90分の放送がこの2波で行われるものと思われる。

1300の「イルボネパラム」は9465と9950kHz、今日はまた9465kHzが強力に入感している。9950kHzも珍しく強力である。1330の「ふるさとの風」9705kHzも極めて強力である。
拉致問題インフォメーションは3月7日、第193国会北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会で加藤拉致問題担当大臣の所信表明演説が出ている。ニュース解説は「ティラーソン国務長官の記者会見」について。3月17日来日中の国務長官発言からの解説。
今週の一曲は日本語放送のみで桜井純恵さんの「母恋し」、昨年6月以来の登場である。このあとのふるさとの声は曽我ミヨシさんへ、ひとみさんからの朝鮮語と日本語によるメッセージである。2017年2月収録である。
A17からは台湾送信の周波数が追加されるが、おそらく先回同様4月1日からではないか。

1430の」ふるさとの風」は9960と9560kHz、台湾送信はこの時間も強力である。パラオの9960kHzも強力である。懐かしい日本の歌「シャボン玉」で始まった。拉致問題解説は市川修一さんについて。1978年8月12日、鹿児島県日置郡から増元るみ子さん当時23歳と共に拉致された。2002年北朝鮮は拉致を認め1979年9月4日死亡としているが、泳げなかった市川さんが、初冬に川で溺死したことにして、にわか死亡通知書を作成、客観的事実は何もなく信用できる内容ではない。これも北朝鮮にとっては死亡したことにしないと都合の悪い拉致事件である。
故郷の声は市川修一さんへ、お兄さんの市川健一さんから2016年2月24日収録のメッセージ。続いてお姉さん市川龍子さんからも2016年2月24日収録のメッセージ。このあと中学高校生時代の友人花牟礼薫さん、小中学校同級生の高山孝一さんからのメッセージは2007年に収録されたものが出ている。
今日の一曲は1972年のヒット曲、山本リンダの「どうにも止まらない」、昨年朝鮮語放送でも登場している。曲の組み合わせが変わっただけでメッセージなどは従来と同じ内容である。この番組は2017年2月5日、14日、3月4日、13日と同じ内容である。

  
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年03月22日

BBC北朝鮮向け放送

A17から開始される予定の北朝鮮向け放送、HFCCの登録リストにはシンガポールと台湾中継で各一波、合計2波が載っている。
各周波数とも放送時間は同じである。1500-1630と1730-1900の2回である。登録言語は英語となっている。

台湾送信は拉致対策本部の追加もあり、大幅に短波送信が増えることになりそうだ。A17でHFCCに登録されている台湾送信は以下の通り。

6155 1700 1730 44NE TAI 300 352 0 145 1234567 260317 291017 D 13650 Jpn CHN BAB BAB 13603
7335 1500 1530 44NE TAI 300 352 0 145 1234567 260317 291017 D 9000 Kor CHN BAB BAB 13564
7335 1530 1600 44NE TAI 300 352 0 145 1234567 260317 291017 D 9000 Kor CHN BAB BAB 13565
7335 1600 1630 44NE TAI 300 352 0 145 1234567 260317 291017 D 9000 Jpn CHN BAB BAB 13566
7335 1630 1700 44NE TAI 300 352 0 145 1234567 260317 291017 D 13650 Kor CHN BAB BAB 13602
9450 1430 1500 44NE TAI 300 352 0 145 1234567 260317 291017 D 13650 Jpn CHN BAB BAB 5189
9465 1300 1330 44NE TAI 300 2 0 145 1234567 260317 291017 D 13650 Kor CHN BAB BAB 5184
9470 1600 1630 44NE TAI 300 2 0 145 1234567 260317 291017 D 13650 Jpn CHN BAB BAB 1125
9560 1430 1500 44NE TAI 300 2 0 145 1234567 260317 291017 D 13650 Jpn CHN BAB BAB 1133
9685 1530 1600 44NE TAI 300 2 0 145 1234567 260317 291017 D 13650 Kor CHN BAB BAB 5191
9705 1330 1357 44NE TAI 300 2 0 145 1234567 260317 291017 D 13650 Jpn CHN BAB BAB 5186
9900 1300 1330 44NE TAI 300 352 0 145 1234567 260317 291017 D 13650 Kor CHN BAB BAB 5187
9900 1330 1357 44NE TAI 300 352 0 145 1234567 260317 291017 D 13650 Jpn CHN BAB BAB 5188
9900 1500 1530 44NE TAI 300 2 0 145 1234567 260317 291017 D 13650 Kor CHN BAB BAB 5190
9940 1300 1330 44NE TAI 100 2 0 145 1234567 260317 291017 D 13650 Kor CHN BAB BAB 13112
9940 1500 1630 44NE TAI 300 2 0 145 1234567 260317 291017 D 9000 Eng CHN BBC BAB 12526 EINWS
9940 1730 1900 44NE TAI 300 2 0 145 1234567 260317 291017 D 9000 Eng CHN BBC BAB 12527 EINWS
9950 1330 1357 44NE TAI 100 2 0 145 1234567 260317 291017 D 13650 Jpn CHN BAB BAB 13113

  
Posted by Hiroshi at 18:01Comments(0)S.N.Korea

2017年03月22日

3月21日「しおかぜ」

1300代の台湾送信、開始直後は聞こえていたが、すぐに雲隠れ、全く聞こえなくなった。電波伝播は気温に関係ないというが、寒くなりまた電波も凍えてしまったようだ。1330の9705kHzも聞こえない、昨日の強さはどうした。

1300の「しおかぜ」は5935kHz、ジャミングは弱く影響はないが中国語の混信は強い。八俣からの電波も強くおおむね受信状態は良好である。21日火曜日は日本語放送で失踪者家族からの手紙の一部が読み上げられている。
2000年失踪の浜崎真嗣さんへ、お母さんの久美子さんからの手紙、
1968年失踪の屋木しのぶさんへ、妹さんの板谷春美さんから
1969年失踪の大屋敷正行さんへ、お姉さんの山口幸子さんから
1985年失踪の伊藤 克さんへ、奥さんのしづ子さんから
1960年失踪の木村かほるさんへ、お姉さんの天内みどりさんから
1993年失踪の田中正道さんへ、妹さんの村岡育世さんから
1948年失踪の平本和丸さん、1950年失踪の平本敏昭さんへ、お姉さんの末永直子さんから、「北鮮」にいる兄弟へのメッセージ。
1985年失踪の下地才喜さんへ、お母さんの元枝さんから
1963年失踪の森 洋子さんへ、お姉さんの林澄子さんから
1977年失踪の布施範行さんへ、お母さんのマサ子さんから
1989年失踪の松岡伸矢さんへ、お父さんのマサノブさん、お母さんの圭子さんから
1986年失踪のMさんへ、奥さんのキミさんから
1974年失踪の大澤孝司さんへ、お兄さんの昭一さんからの手紙
1325:33に「日本政府からのメッセージ」、これは「ふるさとの風」のコマーシャル。後半1330からも失踪者家族からの手紙が読まれている。
1977年5月失踪の仲里次弘さんへ、お姉さんの神山磯枝さんから
1965年失踪の藤田 進さんへ、お母さんのフミさんから
1987年失踪の西安義行さんへ、妹さんの西安圭子さんから
2002年失踪の稲田裕次郎さんへ、お母さんの智子さんから
1987年失踪のNさんへ、お母さんきよ子さんから
1961年失踪の岩佐寅雄さんへ、姪の竹川朋子さんから
1981年失踪の横山辰夫さんへ。お姉さんの浦本カツヨさんから
1988年失踪の種子雅也さんへ、お父さんの一郎さんとお母さんの資子(トモコ)さんから
1972年失踪の平山政子さんへ、お兄さんの勲さんから
1989年失踪の日高満男さんへ、お姉さんの田中恵美子さんから
1968年失踪の早坂勝男さんへ、お兄さんの勇治さんから
1990年失踪の清水桂子さんへ、お母さんの弘美さんから
1968年失踪の水島慎一さんへ、弟さんの嘉導さんから
以上の方からの手紙が代読された。1355:33にも「日本政府からのメッセージ」が出ている。この放送は2015年4月22日、5月20日、6月17日、7月15日、8月12日、9月16日、10月13日、11月23日、2016年2月9日、3月22日、5月3日、6月14日、7月26日、9月6日、10月18日、11月29日、2017年2月7日と同じ番組、この番組は通常6週間ごとに再放送されている。
1405の「しおかぜ」は5935kHz、若干ジャミングが目立つようだが、聞き取りは十分可能である。この時間は先週1330に放送された「ふるさとの風」が出ている。

1430の「ふるさとの風」は9560と9960kHz、台湾送信はパラオ送信よりも強力である。懐かしい日本の歌は「夕焼け小焼け」と「トンボのメガネ」の2曲が出てきた。2010年代と同じパターンである。
拉致問題開設は有本恵子さんについて。1983年7月ごろコペンハーゲンから手紙が届いたのを最後に行方不明に。1988年に石岡亨さんから家族あてに8月13日付のポーランドの消印で手紙が届き、松木薫さんら3人はよど号ハイジャック犯らの手によって北朝鮮に拉致されたことが判明している。そして1988年11月4日に家族全員石炭ガス中毒で死亡と北朝鮮は2002年9月に虚偽報告している。しかし客観的事実は何一つ示されていない。よど号ハイジャック犯の妻らによって拉致されたことが判明している。
ふるさとの声は有本恵子さんご家族からのメッセージ、お父さん有本明弘さんから、2015年8月日本政府制作のビデオメッセージに収録されているメッセージ。2015年4月24日東京で開催された「最終決戦の時不退転の決意で全員救出を国民大集会」から有本明弘さんのメッセージ、続いてお母さん有本加代子さんから、2015年3月収録メッセージと2015年8月日本政府制作のビデオメッセージに収録されている有本加代子さんのメッセージが出ている。
今日の一曲は1976年のヒット曲、岡田奈々さんの「青春の坂道」、これは半年ぶりの登場である。この後の周波数アナウンスも台湾送信の周波数のみが出ている。
この番組は2017年2月4日、13日、22日、3月12日と同じ番組である。
  
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年03月21日

3月20日ふるさとの風

1300の「しおかぜ」は5935kHz、昨日からこれまでのパルスに変わりノイズジャミングが出ている。それほど強くはなく、幾分聞きやすくなっている。日曜日は前半後半とも日本語放送で、公開されている失踪者の失踪年月日、生年月日などが読み上げられている。

20日月曜日の「イルボネパラム」朝鮮語放送は9465と9950kHz、両波とも台湾送信だが9465kHzが強力に入感している。9950kHzは弱く1315まではビートもあり聞きづらい。1330の「ふるさとの風」9705kHzも極めて強力である。
拉致問題インフォメーションは3月7日、第193国会で加藤拉致問題担当大臣の所信表明演説が出ている。
 拉致問題担当大臣の加藤勝信でございます。 拉致問題をめぐる現状について御報告を申し上げます。
 北朝鮮による拉致問題は、我が国の主権及び国民の生命と安全にかかわる重大な問題であると同時に、拉致された方々の貴重な未来、多くの夢を断絶し、家族とのかけがえのない時間を引き裂く、人権、人道上のゆゆしき問題であります。
 本年は、久米裕さん、松本京子さん、横田めぐみさんが拉致されてから四十年、家族会が結成されてから二十年となります。この間、二〇〇二年に五人の拉致被害者の方々が帰国して以来、一人の拉致被害者の方の帰国も実現しておらず、多くの方々がいまだに取り残されていることは痛恨のきわみであります。
 一方で、北朝鮮が、核実験や昨日の四発の弾道ミサイル発射も含め、たび重なる弾道ミサイル発射を強行していることは、断じて容認できません。我が国は、安保理決議に基づく制裁に加え、関係国と協調して独自の措置を着実に実施するなど、断固たる姿勢で臨んでいるところです。先月の十二日の弾道ミサイル発射に対しても、安倍総理はトランプ大統領とともに記者会見を行い、日米の強い結束を全世界に対して示しました。
 国際社会において北朝鮮の人権状況の改善を求める機運はこれまでになく高まっています。
 昨年十二月、国連総会において、北朝鮮に対し、拉致被害者の即時帰国を含め、全ての人権侵害を終わらせるための措置を早急にとることを要求する強い内容の決議が採択され、国連安保理においては、拉致問題を含む北朝鮮の状況が三年連続で取り上げられました。
 日本政府は、現在ジュネーブで開催中の国連人権理事会にも、北朝鮮人権状況決議案をEUと共同提出する予定です。
 今次人権理事会には、キンタナ北朝鮮人権状況特別報告者及び北朝鮮の人権侵害に係る説明責任の問題に取り組む専門家による報告書も提出される予定です。
 また、先月の日米首脳会談では、両首脳間で拉致問題の早期解決の重要性について完全に一致し、日米共同声明という文書の形で初めて確認するに至りました。
 政府としては、今後も、米国や韓国などの関係国との連携強化や国連人権プロセスの活用を通じて、北朝鮮に対し、拉致被害者の一日も早い帰国の実現に向けた具体的な行動をとるよう強く求めてまいります。
 拉致問題の解決のためには、日本国民が心を一つにして、全ての拉致被害者の一日も早い帰国実現への強い意思を示すことが肝要であり、拉致問題に関する啓発活動にも力を入れて取り組んでおります。
 昨年十二月の北朝鮮人権侵害問題啓発週間には、国内外の有識者を招聘し、拉致問題を初めとする北朝鮮の人権侵害に関する国際シンポジウムを開催し、問題解決につながる国際連携について議論を深めたところです。
 このほか、全国各地で集会や映画、舞台芸術を行うとともに、啓発セミナーや授業を行っております。引き続き、さまざまな広報啓発活動に取り組んでまいります。
 また、拉致被害者や北朝鮮の人々に対して、短波ラジオ放送を配信しております。来年度からは、聴取される機会をふやすことを目的として周波数増を図るべく、現在、国会において予算案を御審議いただいているところです。また、米国の北朝鮮向けラジオ放送局との連携についても取り組んでいるところです。今後とも、拉致被害者への激励や北朝鮮の人々に向けた情報発信の一層の拡充強化を図ってまいります。
 長い年月を経る中で、拉致被害者の方々そして御家族の方々も一年一年と年を重ね、御高齢となられており、もはや一刻の猶予も許されません。
 拉致問題は安倍内閣の最重要課題であり、政府の責任において最優先で取り組んでいくべき課題です。政府としては、御家族とその思いを共有しながら、今後とも対話と圧力、行動対行動の原則を貫き、北朝鮮に対する一連の厳しい措置をてことし、対話を通じて、認定の有無にかかわらず、全ての拉致被害者の一日も早い帰国につながる具体的な動きを引き出すべく、あらゆる施策を駆使する決意で当たってまいります。

母恋し ニュース解説は「ティラーソン国務長官の記者会見」について。3月17日来日中の国務長官発言からの解説。
ふるさとの声は曽我ミヨシさんへ、ひとみさんからの朝鮮語と日本語によるメッセージである。2017年2月収録である。
今週の一曲は日本語放送のみで桜井純恵さんの「母恋し」、昨年6月以来の登場である。
20日はこのあと1430、1600の番組も1330と同じ内容である。1430の9560kHzも強力に聞こえている。番組は1457終了、9950kHzはこの後Babcock Musicが流れている、9560kHzは1457にキャリアーオフ。

  
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年03月20日

3月19日ふるさとの風

19日1300の9465kHz、いつになく強力に聞こえている。今日はほぼ終日台湾方面は良好だ。ただ9950kHzだけはなぜか弱い、いくら送信ビームが違うとはいえ、この差は何だろうか。ビートが出ているのはAIRが約600Hzほど上にずれているためである。
拉致問題インフォメーションは2月22日、安倍総理は拉致被害者家族と面会した。その時の挨拶から。
「家族会の皆様、今日はわざわざ官邸にお越しをいただいたことに御礼を申し上げたいと思います。
 横田めぐみさん、そして松本京子さん、久米裕さんが1977年に拉致されてから40年を迎えたわけでございます。皆様が本当に苦しい気持ちの中で家族会を結成されてから、20年の節目の年となるわけであります。
 これほどまでの歳月をかけながら、5人の被害者、そして御家族が帰国を果たしたとはいえ、多くの方々がいまだに北朝鮮に残されたままであるということについて、本当に私も当初から拉致問題に取り組んできた者の1人として痛恨の思いでございます。
 1日も早い生還を期して全力を挙げていきたいと決意を新たにした次第でございます。
 昨今の北朝鮮につきましては、今年に入ってからもミサイルを発射する、あるいは核実験を強行しているわけでございます。国連決議にも明白に違反をしている中において、国際社会としっかりと連携しながら北朝鮮に圧力をかけていかなければらならないと思いますし、国連決議を守るようにより一層努力を深めていかなければならないと思っております。
 私が訪米をした際にも、ちょうど時を同じくして北朝鮮がミサイルを発射したわけでございますが、私の会見にトランプ大統領が立会い、100%日本の立場に対して支援を述べられたわけでございます。トランプ大統領に対しましては、拉致問題の解決の重要性についてお話をしたところ、この認識については完全に一致をしたところでございます。
 拉致問題の解決に向けて同盟国である米国を含め世界の国々としっかりと連携をしながら、北朝鮮に拉致をした人々を返せと声を一つにして対応を迫っていきたいと考えている次第でございます。
 皆様方におかれましても、この40年という月日はそうとう困難な月日であっただろうと思うわけでございますが、これからも皆様方としっかりと連携をしながら、更に努力を重ねていきたいと思っている次第です。
 今日もまた皆様方からの要望書等々を受け取ることになると思いますが、皆様方のお気持ちに沿う形でなんとか努力をしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。」

2月27日ワシントンDCで六者会談で北朝鮮情勢の意見交換をしたことなど。北朝鮮に関する日米韓三か国共同声明の内容が出ている。
「本日、ジョセフ・ユン米国国務省北朝鮮政策担当特別代表、金杉憲治日本国外務省アジア大洋州局長、金烘均(キム・ホンギュン)韓国外交部朝鮮半島平和交渉本部長は、2月16日のドイツ・ボンにおける三か国の外相間の議論に続き、北朝鮮の状況について議論するために、ワシントンにおいて会談を行った。三者は、北朝鮮の核及び弾道ミサイル計画は、韓国、日本及び米国の安全保障を直接脅かしているという共通の見解を表明した。三者はまた、北朝鮮の弾道ミサイル及び核計画を禁止する複数の国連安保理決議を北朝鮮が著しく無視していることにより、北朝鮮の体制への強力な国際的圧力が必要となっていることに留意した。ユン特別代表は、拡大抑止の提供を含、米国の韓国及び日本に対する防衛上のコミットメントを断固として維持することを改めて表明した。
三者は、2月16日のドイツ・ボンにおける三か国の外相間の議論に続き、北朝鮮の完全な、検証可能な、かつ不可逆的な非核化に向けた共通の方策を検討した。この点について、三者は、北朝鮮の運用可能な核・ミサイル能力の開発に向けた取組を阻止するために北朝鮮に強力で包括的な制裁を課した国連安保理決議第2270号及び第2321号の下での義務を全ての国が完全かつ効果的に履行することを確保するための協調的な取組を検討した。三者は、北朝鮮の兵器計画の収入源、特に違法な活動を更に制限する方策を含む、国の当局の下で可能なその他の措置について検討した。三者は北朝鮮における人権侵害について議論し、拉致問題の早期解決及び離散家族再会事業の再開の重要性を再確認した。三者はまた、北朝鮮の脅威に対処する中で、三か国の安全保障協力を強化するための政府の取組を拡充し、国際的な不拡散体制を支持し、北朝鮮によるあらゆる違反に対する国際的な対応を主導することで一致した。」

ニュース解説は「米国専門家の見方」について。
今週の一曲、朝鮮語放送は無し、日本語放送は宇佐美由美子の「無事を祈りて」、この曲は過去「しおかぜコンサート」などで歌われている。昨年11月に登場している。
(1)
寄せては返す 波の音
松にささやく 風の声
遠きに在りし 君たちよ
むかしの笑顔 ありあり浮かぶ
 ああゝ いついつ帰る
まだ明け切らぬ 北の空みて
(2)
願いを託す 飛ぶ鳥に
北へ届けと 日の本の
よぎる思いも 積もりゆき
愛する人を また夢に見て
 ああゝ 君かへるべし
まだ明け切らぬ 北の空みて
(3)
流れる雲を懐かしむ
誰が歌ふか 子守歌
雨まじり風 消えるまで
吹き崩されぬ 心ひとつに
 ああ 無事を祈りて
まだ明け切らぬ 北の空みて

※ああゝ いついつ帰る
まだ明け切らぬ 北の空みて


1430の「ふるさとのかぜ」は9560と9960kHz、台湾送信はほとんど聞こえない。日曜日はこの時間も1330と同じ番組が出ている。

1300の「しおかぜ」は5935kHz、ジャミングが弱く、よく聞こえている、中国語の混信もいつもより弱い。昨日と同じ番組で朝鮮語から出ている。後半1330は日本語放送である。
1405の「しおかぜ」も5935kHz、ほぼ同じような受信状態である。この時間は毎日同じ番組で先週1330に放送された「ふるさとの風」が出ている。
  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年03月19日

3月18日「しおかぜ」

1300の「しおかぜ」は5935kHz、ジャミングの中何とか聞こえている。土曜日は日本語放送から。日韓合同軍事演習について、3月1日の新聞報道からとして、過去最大規模で演習が実施された。金正恩を斬首作戦訓練も行われた。
トランプ米大統領の対北朝鮮政策について、2月27日の新聞報道から。あらゆる国連決議も無視する北朝鮮に対し、金正恩斬首作戦はいつでも実行に移すことができる。すでに北朝鮮周辺には配置済みで、いつでも指令待ちであるとしている。
石井元自治大臣が3月1日マカオで金正男氏と会談する予定であったと読売新聞の報道から。
救出への道コーナーでは3月7日のミサイル発射などについて。1322:22に「日本政府からのメッセージ」が出ている。最後にスケジュールのアナウンス、放送時間は平壌時間で行われている。
後半1330は朝鮮語放送、いずれも先週と同じ番組である。

1300の「イルボネパラム」、1330の「ふるさとの風」、台湾からの電波は弱いながらも何とか受信できでいる。この時間は毎日同じ番組である。拉致問題インフォメーションは2月22日、安倍総理は拉致被害者家族と面会した。その時の挨拶から。続いて、2月27日ワシントンDCで六者会談で北朝鮮情勢の意見交換をしたことなど。北朝鮮に関する日米韓三か国共同声明の内容が出ている。ニュース解説は「米国専門家の見方」について。
今週の一曲、朝鮮語放送は無し、日本語放送は宇佐美由美子の「無事を祈りて」、この曲は過去「しおかぜコンサート」などで歌われている。昨年11月にも登場している。

1430「ふるさとの風」は9560と9960kHz、昨日同様9560kHzが強力に入感している。懐かしい日本の歌「星の界」で始まった。
星の界(ほしのよ)は明治43年に『星の界』(作詞 杉谷代水)として『中学唱歌』(田村虎蔵編)に登場し、いわゆる文部省唱歌として歌われ続けてきた。1970年、昭和45年からは『星の世界』(作詞 川路柳紅)という名で音楽の教科書にも載っている。讃美歌312番(What a Friend We Have in Jesus)のメロディが使われていることでもよく知られている名曲である。
拉致問題解説は増元るみ子さんについて。1978年8月12日鹿児島県吹上浜で市川修一さんとともに拉致された。二人は1979年7月20日結婚し、1981年8月17日死亡したとされる。何の前触れもなく心臓マヒで死亡したというのはいかにも不自然であり、2002年北朝鮮の捏造死亡診断書で死んだことにされてしまった。
ふるさとの声は増元るみ子さんへ、お姉さん平野フミ子さんからのメッセージ、2016年11月4日、長崎ブリックホール国際会議場において、政府拉致問題対策本部、長崎県、長崎県拉致問題早期解決議員連盟の共催により、「拉致問題を考える国民の集いin長崎」の国民集会での収録から。
続いて2015年8月に日本政府制作のビデオメッセージから同じく平野フミ子さんから、そして中学生時代の同級生メイソンSもと子さんの訴え、小中学校の同級生苅谷達郎さんのメッセージ、いずれも2013年2月の収録である。
今日の一曲は、これまでと同じ、1976年のヒット曲沢田研二「コバルトの季節の中で」、1978年秋から約一年間、蓮池由紀子さんと増元るみ子さんが北朝鮮で一緒に暮らしていた際、由紀子さんがるみ子さんによく歌っていたという。
最後の周波数アナウンスは現在使われている台湾送信のみである。この番組は2017年2月1日、10日、19日、28日、3月9日と同じ内容である。
  
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年03月18日

3月17日ふるさとの風

17日1300代の朝鮮語、9465kHz は強力である。9950kHzはなぜか聞こえない。1330の「ふるさとの風」9705kHzは若干弱くなってきたが何とか聞こえている。
拉致問題インフォメーションは2月22日、安倍総理は拉致被害者家族と面会した。その時の挨拶。続いて2月27日ワシントンDCで六者会談で北朝鮮情勢の意見交換をしたことなど。北朝鮮に関する日米韓三か国共同声明の内容が出ている。ニュース解説は「米国専門家の見方」について。
今週の一曲、朝鮮語放送は無し、日本語放送は宇佐美由美子の「無事を祈りて」、この曲は過去「しおかぜコンサート」などで歌われている。昨年11月に登場している。

1300の「しおかぜ」は5935kHz、相変わらずジャミングが強く受信状態は極めて悪い。17日金曜日は朝鮮語放送である。続く1405もジャミングで聞き取り困難、この時間は「ふるさとの風」が出ている。

1430の「ふるさとの風」は9560と9960kHz、台湾送信の9560kHzは極めて強い。パラオの9960kHzのほうが弱い、いつもと逆の現象である。
懐かしい日本の歌は「雨降り」、拉致問題開設は松木薫さんについて。1980年5月頃スペイン留学中に消息を絶った。1988年に石岡亨さんから家族あてに8月13日付のポーランドの消印で手紙が届き、よど号ハイジャック犯とその関係者によって増元るみ子さんを含め3人が平壌へ連れて行かれたことが判明している。北朝鮮は1996年8月交通事故で死亡と発表、しかしこれは拉致を認めて2002年に急遽死亡確認書をねつ造したもので、偽遺骨を出すなど客観的なことは何も示されていない。
ふるさとの声は松木薫さんへ、お姉さん斉藤文代さんのメッセージ。2016年9月東京で開催された「最終決戦は続いている!制裁と国際連携で全員救出実現を!国民大集会」において収録したもの。おなじく2016年9月収録の弟さん松木信弘さんからのメッセージ。最後に2番目のお姉さん松木照代さんから、2014年2月収録のメッセージが出ている。
今日の一曲は松木薫さんへの思いを綴った、ミュージックボランティアうらた剛さん作詞作曲の「薫の約束」、最後の周波数アナウンスは台湾送信波のみが出ている。この番組は2017年2月9日、18日、27日、3月8日と同じ内容である。
  
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年03月17日

3月16日「しおかぜ」

いつも強力なジャミングで受信不可能な状態が続いている。そのジャミング、16日は1206に6085kHzへ出してきた。しかしこれは違うと気付いたか、1213に5935kHzへ仕切り直し。中国語をもつぶす勢いである。
1300の「しおかぜ」は英語が出ている。中国語の混信もあり受信状態は悪い。リモペルではソール近郊が最もよく聞こえている。

1300の「イルボネパラム」、9465kHzは開始直後は強力だったが、5分と持たなかった。急激にレベルダウン、ほとんど聞こえなくなってしまった。1330の「ふるさとの風」9705kHzもほとんど聞こえないレベル、受信状態は極めて悪い。

1430の「ふるさとの風」は9560と9960kHz、パラオ送信の9960kHzは強力である。台湾送信の9560kHzも若干持ち直してきたようで、かろうじて聞こえている。懐かしい日本の歌「波浮の港」で始まった。
拉致問題解説は、曽我ミヨシさんについて。1978年8月12日夜、近所に買い物に出掛けたままひとみさん(当時19歳)と共に行方不明になった。日本政府の無策ぶりが露呈した事件で、2002年10月ひとみさんが帰国するまで、拉致されていることさえ分からなかった。その後の調査で在日朝鮮人が関与していることも分かっている、実行犯キムヨンスクを2004年11月に国際手配、犯人の引き渡しを求めているというが何の解決にも至っていない。関係者はいまも日本国内で通名を使い普通に生活している特別永住者の一人である。日本にはスパイを取り締まる法律はない、今も日本国内で工作員が活動している。
ふるさとの声は曽我ミヨシさんへ、2016年2月収録で曽我ひとみさんの日本語と朝鮮語(日本語放送では韓国語と言っている)によるメッセージが出ている。母と離れ離れになってもう38年にもなると訴えている。続いて2016年9月17日東京で開かれた「最終決戦は続いている!制裁と国際連携で全員救出実現を!国民大集会」で収録したひとみさんの訴えが出ている。
きょうの一曲は1977年のヒット曲石川さゆりさんの「津軽海峡冬景色」、この1月に朝鮮語放送でも登場している。この番組は2017年2月8日、17日、26日、3月7日と同じ内容である。
  
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年03月16日

3月15日ふるさとの風

暗殺事件以降、「北朝鮮」という表現が多くあり、一部ではこれは国名ではない、朝鮮半島北部を表す言葉だと言い張っている人もいるとか。国交のない日本にとっては北朝鮮は一地域を表す表現かもしれない。拉致事件が表面化してからはあの民主主義でもいない国の長い国名はふさわしくないと「北朝鮮」と表記するようになった。それまでは併記するなど特別扱いをさせられていたマスコミに批判があったのも事実。英国、米国、UAE、イランなど多くの国名を短く書くことは一般的なことである。それなのに過去北朝鮮だけ特別扱いしてきたマスコミ。流石に今では北朝鮮が一般的である。

昨日同様、1300代の朝鮮語と日本語放送は全く聞こえない。1330の9705kHzも極めて弱く音にならない。

1300の「しおかぜ」は5935kHz、これもジャミングこそ弱いが、中国語の混信が極めて強い。水曜日は前半後半とも朝鮮語放送である。1326:22と1356:22に「日本政府からのメッセージ」が出ている。
1405の「しおかぜ」も5935kHz、若干八俣の電波が強くなり、何とか聞き取りができるレベルである。この時間は先週1330に放送された「ふるさとの風」が出ている。

1430の「ふるさとの風」は9560と9960kHz、台湾送信は聞こえない、パラオ送信はいつもの強さはないがかろうじて聞こえている。
懐かしい日本の歌は「荒城の月」で始まっている。拉致問題解説は石岡亨さんについて。1980年5月頃大学生だった石岡さんはヨーロッパへ出かけたまま行方不明に、1988年家族あてに8月13日付のポーランドの消印で手紙が届き平壌で暮らしていることがわかった。こうして有本恵子さん、松木薫さん3人が北朝鮮に拉致されたことが判明、1984年11月4日死亡と北朝鮮は発表している。松木薫さんを含めた3人は、よど号ハイジャック犯とその関係者によって平壌に連れていかれたことが判明している。小泉総理の訪朝が決まると、2002年に急遽死亡したことにされてしまった。
ふるさとの声は石岡亨さんへのメッセージ、2016年2月に収録したお兄さん石岡章さんからのメッセージが出ている。今日の一曲は1979年のヒット曲、円広志の「夢想花」、この時間の番組も最初の曲が変更されたのみで後は従来と同じである。周波数アナウンスは台湾送信のみが出ている。2017年2月16日、25日、3月6日の再放送である。
  
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年03月15日

3月14日「しおかぜ」

1300代の台湾送信は全く入感せず、キャリアーの存在すらわからないほどである。

1300の「しおかぜ」は5935kHz、ジャミングは弱いが、中国語放送が強くかなり聞きづらい。火曜日は日本語放送で、失踪者家族からの肉声によるメッセージが出ている。
1985年失踪の秋田美輪さんへ、お父さんの正一郎さん、お母さんの嶺子さんからのメッセージ。
1989年失踪の山下貢さんへ、お母さんのきよ子さんからのメッセージ。
1997年失踪の宮内和也さんへ、お父さんの和見さんからのメッセージ。
2002年失踪の和田佑介さんへ、お母さんのとも子さん、妹さんのとし子さん、しょう子さんからのメッセージ。
1973年失踪の益田ひろみさんへ、お母さんのシゲ子さんからのメッセージ。(お母さんは2015年6月29日、91歳で亡くなられています。)
1984年失踪の山本美保さんへ、妹さんの美砂さん、お母さんの文子さんからのメッセージ。

1325:35に「日本政府からのメッセージ」が出ている、後半1330からも引き続き、拉致および拉致の可能性のある方への、肉声によるメッセージが出ている。
1960年失踪の巽 敏一さんへ、お姉さんの直江さん、妹さんの昭子さんから、弟さんのかおるさんからのメッセージ。
1971年失踪の園田 一さん、敏子さんへ、娘さん 前山利恵子さんからのメッセージ。
1977年拉致された市川修一さんへ、お兄さんの健一さん、お母さんのとみさんからのメッセージ。
1998年失踪の松井綾子さんへ、お母さんの智子さん、お父さんの昭さんからのメッセージ。
1985年失踪の今津純子さんへ、お父さんの守人さん、叔母さんのしずこさんからのメッセージ。
1981年失踪の安達俊之さんへ、お母さんさんの道子さんからのメッセージ。
1981年失踪の長尾直子さんへ、お母さんのケイ子さんからのメッセージ。

以上の方々の声が放送された、1355:35にも「日本政府からのメッセージ」が放送されている。この番組は、2014年6月4日、7月30日、10月8日、12月3日、2015年2月18日、4月15日、6月10日、8月5日、10月6日、11月17日、2016年1月12日、2月23日、5月17日、6月28日、8月9日、9月20日、11月1日、12月13日、2017年1月31日の再放送で「日本政府からのメッセージ」を含めすべて同じ内容である。年末年始を除き6週ごとに放送されている。

1430の」ふるさとの風」は9960と9560kHz、台湾送信は全く聞こえないが、パラオの9960kHzは良好である。懐かしい日本の歌は「めだかの学校」である。拉致問題解説は松本京子さんについて。2006年11月20日に17人目の拉致被害者に認定された。鳥取県米子市で1977年10月21日夜、自宅近くの編み物教室に出かけたまま拉致され行方不明に、北朝鮮は入国した事実はないとして、拉致を認めていない事案でもある。29歳で拉致された経緯などが紹介されている。
ふるさとの声は拉致被害者松本京子さんへ、2016年2月に収録のお兄さん松本肇さんからのメッセージ。そして2015年8月に日本政府が制作した松本肇さんのビデオメッセージ。京子さんが当時縫製会社に勤めていた同僚だった友人福本成子さんとウメさん二人から2007年の収録メッセージ、同級生矢倉修さんからも2007年収録で過去放送されたメッセージと同じ内容ある。
今日の一曲は1977年のヒット曲狩人の「あずさ2号」、いまだに旅立ったまま、生涯帰ることのできない人はどんな思いで聞くのだろう。この曲で一躍有名になった列車で、現在新宿8時発は特急スーパーあずさ5号である。12月12日であずさ運転開始50年を記念して12月17日に特別列車が走った、そしてこの歌も40年がたった。この時間、最初の歌が変更されたのみで、後はこれまでと同じ内容である。この番組は2017年2月6日、24日、3月5日の再放送である。
  
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze