2017年10月24日

B17 Vatican Radio

バチカン放送の行く末が気になるところだが、23日付のHFCCによれば、大幅な放送時間の削減がみられる。
特に中国語については、0400の放送がない。さらに1230は土曜日の放送だけが登録されている。平日の放送がない!。
2200の放送だけが毎日行われ、これまで通り3波が登録されている。

英語放送もアジア向けは土曜日だけ1530-1600の放送になるようだ。9510と11700kHzのフィリピン送信が登録されている。
ほとんどがアフリカ向けの放送となった。

B17 Vatican Radio in Chinese
2200-2230 6090pug, 7410smg, 9600tin
1230-1315 Sat.only 7485phl, 9560phl, 11875pug  
Posted by Hiroshi at 17:02Comments(0)Europe

2017年10月24日

10月23日ふるさとの風

1300の「イルボネパラム」、1330の「ふるさとの風」はいずれも台湾送信で強力である。ジャミングは確認できない。拉致問題インフォメーションは、10月1日、川崎市で開催された「拉致被害者家族を支援するかわさき市民のつどい」から、主催者である市長の挨拶が出ている。
ニュース解説は、「韓国専門家と、中国専門家の見方」について。今週の一曲、朝鮮語は井上陽水・奥田民生の「ありがとう」、今年4月にも登場している。日本語は、2001年に発表された因幡晃の「めぐみ」が出ている。これも今年1月以来である。
ふるさとの声は、今年4月23日に都内で開催された国民大集会から、横田早紀江さんの発言が出ている。
 今日はたくさんの方がお集まりくださり、ありがとうございます。
 今まで皆様方の話を伺い、安倍総理を初め議連の先生方、知事さん、地方議連の方々、本当にたくさんの方々が支えてくださいまして、本当に考えられないほ どの大きなうねりとなって、今世界中を巻き込んで北朝鮮の姿がはっきりとした形で現れてきました。そのような恐ろしいところに、まだ捕らわれたままで帰って来られない。最優先としてという言葉は当然のことであって、これは隣国の指導者が指令を出して、工作員をたくさん送り込んで、たくさんの若者を連れてきなさいと命令を出したのは、めぐみたちがいなくなった前の年だと聞いています。
 それから次々とたくさんの人たちが連れ去られて、今の5人の方と家族以外は、まだどこにいるのか影さえも見えない。色々な情報とか噂とか、変な本とか、私たちがびっくりするようなことが書かれているものとか色々ありますが、そんなものに私たちは全然めげておりません。
 そしてこれは、先ほど松田さんがおっしゃいましたように、本当に国家の問題であって、たまたま私たちの子どもたちが、特定失踪者の方もそうですが、そこで遭遇したのかどうなったのか分かりませんが、捕まえられて連れて行かれたままです。そしてあちらで教育されて、その国のために働かされているような人生に変え られてしまっているということなんです。どの方のお子さんだったかは、その瞬間で違っていたかもしれない。これは国家の中の大きな、屈辱的な問題なんです。
 だからこれは犯罪があったまま何もできない40年間は国家の恥だと私は思います(ここで拍手あり)。絶対にこれは誰がやってもいけないことであって、これをこのままに残し解決ができなかった時に、「ああやっぱり日本は何もできないね」ということを向こうにイメージづけるだけに終わってしまえば、また次の子どもたちがどういう形でどういう目にあうか分からないという甘さを残したまま、この国が流れていくのではないかな、と。
 私はめぐみちゃんのこともかわいそうですが、そんな時期はもう過ぎました。本当に悔しくて、またあの国家はいままたあんなことをやっています。今後はこれをどのような形で、よほどにいい知恵を出し合わなければ。そして暴発が起きたり、色んなことをできないようにしながら、よい説得ができれば、世界中が声を出して、「そちらももっと世界に出てきてください。世界中の総理大臣と同じようにあなたも出てきてください。みんなと仲良く話しませんか」という形でですね。そして「本当のことが話し合える状況になりませんか」というよいメッセージも出していただいて、効くかどうかそれはやってみなければ分かりませんので、色々な方法で全力を投球して、国家の恥を絶対にさらけ出さないように頑張っていただきたいと思います。
 それまでどうぞ子どもたち全部が、あちらの国で、本当に天の意志で守られるように私は祈っています。どうぞ宜しくお願いいたします(拍手)。

9950kHzは後半ジャミングが出てくるが、これは1400からのRFAに対するベトナムからのジャミングである。最後に一日4回のスケジュールがアナウンスされているが、周波数は台湾送信一波のみである、1358放送終了。
23日月曜日はこの後1430の番組も同じ内容である。これは8日ごとのローテーションのため、日曜日と月曜日は続けて出ることになる。9450、9560、9960kHzいずれも良好であるが9450kHzが若干弱い。1457からは特別番組として、懐かしいアニメソング「鉄腕アトム」が出ている。

1300の「しおかぜ」は6040kHz、ジャミングの中、日本語放送がよく聞こえている。月曜日は前半・後半とも拉致被害者、失踪者の氏名生年月日の読み上げである。
1405の「しおかぜ」は6165kHz、ジャミングはよくわからない、先週放送された「ふるさとの風」が出ている。


  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年10月23日

6100kHz KCBS

いつも強力に入感している朝鮮語放送、この送信機は通常AMで出ているが、6070kHzに日本語放送の出ている時間だけはCLSBキャリアー付きのLSBで送信されている。

しかし10月21日、5700kHzにKCBSが終日出ていた日から、また日本語放送終了後も、6100kHzはCLSBのH3E形式で送信されている。21、22日は放送終了までSSBで放送していた。2030の開始からは通常のAMで放送している。
6100kHzの送信モードが切り替わるのは通常は0910前後、6100kHzがCLSBになると、6070kHzに日本語放送が出てくる。

さらに23日は0030過ぎにAM波からH3E形式に切り替わっている。同時に6400、11680kHzは停波してしまった。
0236に両波とも再開している。

10月22日のBBC朝鮮語放送、5810kHzは1521:20にキャリアーON、1523にパルスジャミング出現、タシケントからの電波も強く、概ね受信状態は良好である。5830kHzのジャミングの影響もあり、ノイズフロアーレベルが高い。1700以降パルスジャミングも弱くなった。
9940kHzは開始当初は辛うじて聞こえていたが、1531に出てきたジャミングの影響もあり、1700以降はさらに弱くなり受信不可能である。1800TWRにつぶされた。
  More
Posted by Hiroshi at 10:27Comments(0)S.N.Korea

2017年10月23日

10月22日ふるさとの風

1300の「しおかぜ」は6040kHz、八俣からの電波は昨日に比べれば弱い。ジャミングと互角の勝負である。朝鮮半島からのジャミングが強い時期である。日曜日は朝鮮語が聞こえている。後半1330は日本語放送である。いづれも昨日と同じ番組である。
中波810kHzでも韓国からのジャミングでFENが聞こえない、聞きづらい、このところ夜間は中国語の方が強い。季節の移り変わりを実感する。

1300の「イルボネパラム」は9465、9900、9940kHzの3波。9465kHzは強いがあとはかなり弱い。わずかな周波数の違いでも伝播状態の違いを感じされる。後半1330の「ふるさとの風」は9705、9900、一分遅れの9950kHzである。いづれも一週間続いた最後の番組である。
拉致問題インフォメーションは9月28日、安倍総理は拉致被害者家族と面談、その時の挨拶の模様が出ている。
「先般、皆様とお話しさせていただいた際に、国連総会の場において拉致問題の重要性についてしっかりと一般討論演説で訴え、また、トランプ大統領を始め各国の首脳に対し、拉致問題がいかに日本だけではなく世界にとって重要な問題か訴えてまいりますと、お約束しました。今日は、その御報告をさせていただきたい。大変お忙しい中お集まりいただきまして、わざわざ官邸にお運びいただきましたこと、御礼を申し上げたいと思います。
 一般討論演説におきまして、拉致問題、これはいかに日本の事件、そして人権を侵害しているかということについて訴えたところであります。国際社会の連携を求めてまいります。また、トランプ大統領との日米首脳会談、そして日米韓の首脳会談において、現在の核問題、拉致問題、一致結束して解決していくことの重要性について訴えたところでございます。また、トランプ大統領に対しましては、米国の大統領として初めて一般討論演説で横田めぐみさんについて触れていただき、拉致問題について触れていただいたことに対して御礼を申し上げました。そしてさらに今後とも協力してこの問題解決に向けて努力をしていきたいと、また米国も協力していただけるということでございました。今後とも国際社会に対してしっかりとこの問題の重要性を訴えていきたいと思います。
 また、国連総会の場を活用いたしまして、マクロン・フランス大統領等と首脳会談を行いましたが、その際にも拉致問題の重要性についてお話をさせていただいたところでございます。
 この後、詳細等について皆様に御報告させていただきたいと思います。」

ニュース解説は、「朝鮮労働党中央委員会全員会議」について。朝鮮労働党中央委員会第7期第2回全員会議が10月7日に開かれたことなど。
今週の一曲、朝鮮語は槇原敬之の「どんなときも」、今年2月にも登場している。日本語放送は1979年のヒット曲、桑江知子の「私のハートはストップモーション」、一年ぶりの登場である。
ふるさとの声は、田口八重子さんへ、お兄さん、本間勝さんからのメッセージは2016年2月28日収録である。佐渡の民謡、相川音頭も唄われている。
22日、日曜日は、このあと1430の番組も同じ内容である。9450、9560、9960kHzいずれも強力、且つクリアーに聞こえている。1330の番組は1357に終了しているが、1430の方は1457からアニメソング「鉄腕アトム」が出ている。この番組は拉致対策本部のオンデマンド放送で聞くことができるが、曲はカットされている。

  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年10月22日

10月21日「しおかぜ」

1300の「しおかぜ」は6040kHz、八俣からの電波は強力で、ジャミングの影響は軽微である。21日、土曜日は日本語放送から。緊急放送メッセージに次いで、北朝鮮で、中国が攻めてくという噂が立っているという、アジアプレスネットワークが伝えたニュースから。中国軍が攻めてきて、北朝鮮は植民地になるという噂もある。
次に、RFAのニュースから、10月7日に開催された朝鮮労働党中央委員会第7期第2回総会の模様。崔龍海が事実上ナンバー2になったとしている。
救出への道コーナーでは10月14日、めぐみさんへの手紙が読み上げられている。
 めぐみちゃん、こんにちは。日本は澄み渡った秋空がいよいよ高くなり、深い緑が美しい季節となりました。めぐみちゃんたちを必ず救い出すと心に誓い、支えてくださる皆さまの力で、折れそうになる心を何とかつないでいます。
 平成14年10月15日。15年前、めぐみちゃんと同じように北朝鮮に拉致された5人が日本へ帰国を果たしました。蓮池薫さんと祐木子さん、地村保志さんと富貴恵さん、そして曽我ひとみさん。5人は足元を確かめるように、一歩ずつ、タラップを下りてきました。
 家族会の皆が羽田空港に集まって、日の丸の旗を手に、「お帰りなさい」と5人を迎える横断幕を掲げ帰国を喜びました。長年、闇に隠されてきた国家犯罪が白日の下にさらされ、日本国民の目の前に突きつけられた瞬間でした。
 「助けてください!」。街頭で必死に叫ぶ家族たちが抱えていた顔写真の皆さんが帰ってきた。写真で幸せそうな笑顔だった若者たちは年を重ね、やせて、疲れ切っていました。「本当によく帰ってこられた」。そう思いながらも、北朝鮮の厳しすぎる生活がにじんでいるようで、胸に迫るものがありました。
 あの日、お父さんとお母さん、新潟小学校の馬場吉衛校長先生も5人をお迎えしました。そして、5人が下りた後も、ずっとタラップを見つめていました。「機内にまだ誰かいるのではないか。めぐみちゃんも乗っているのではないか…」。でも続いて祖国の地を踏みしめる人はいませんでした。

 平成14年9月17日。日朝首脳会談で北朝鮮は拉致を認めましたが、めぐみちゃんたちを「死亡」と伝えてきました。東京に集まった家族たちは、体を粉々に打ち砕かれるような衝撃を受けました。
 死亡とされた被害者の家族は皆、怒りや悲しみなどさまざまな感情が交錯して茫然自失でした。生存を伝えられた家族は「こんなことになって申し訳ない」と肩をふるわせ、号泣する人もいました。
 なぜ、国家犯罪の被害者が謝らなければならないのでしょう。あまりに残酷で理不尽な宣告。9年に家族会が結成してから、共に闘ってきた家族は、さらに言いようのない混乱の渦に突き落とされましたが、伝えられた「結果」にかかわらず、全員が抱き合い、前を向いて、闘いを続けることを誓いあいました。

 北朝鮮の主張を信じることは、できませんでした。「明るく元気で、何事にもくじけないめぐみちゃんが死ぬわけがない」と。実際に北朝鮮は偽物の「遺骨」を提出し、拉致のいきさつや暮らしぶりなど「証拠」として示したものも、嘘にあふれていました。「今は帰ってこられないけれど、めぐみちゃんもいずれ必ず帰ってくる」。あれから15年、ずっと信じ続けていますが、帰国を果たした人はいません。厳しく、地獄のような日々でした。
 家族会は日本のあらゆる場所を訪れ、拉致問題の解決を訴えてきました。飛行機に乗って世界各国の要人にもお会いし、北朝鮮の深刻な実情を伝えてきました。それでもなお、捕らわれた子供たちは姿さえ見えません。
 お父さんとお母さんは年を取り、体も動かなくなってきました。今年、特別に大切にしてきた国民大集会も、体調やお父さんの介護のことを考え、思い悩んだ末に2人とも欠席することを決断しました。本当に申し訳なく思います。

 めぐみや、多くの人々が拉致されて40年。私たち家族が救出運動を始めてからも20年がたってしまいました。被害者を一刻も早く救おうと、多くのものを犠牲にして走り続けてくださった皆さまの思いも痛いほど伝わってきて、動けなくなってきたことが本当に悔しく、申し訳なく思います。
 今、弟の拓也や哲也たちも私たちにかわって訪米したり、日本各地の集会に参加したりして必死に訴えています。あの小さかった弟たちが、今は立派なお父さんです。それぐらい、長い時がたったのですね。

 日本では総選挙が行われます。「国を思い、拉致を必ず解決する政治を実現していただきたい」。私たち家族の思いは、ずっと変わりません。この思いをしっかりと心に持つ政治家を選ぶため、私たち国民は候補者一人一人を凝視して、選ばなければなりません。大切な選挙だと思います。
 さらわれた国民を救えないのは国家の恥ではないでしょうか。党派を問わず、真心から拉致被害者を救うために知恵を集め、一日も早く実行していただくことを祈ります。私たちには、時間がありません。
 核やミサイルの問題も緊張が高まっています。北朝鮮の指導者はきっと孤独な人なのだと思います。心を開き、世界中の人々と話し合えるようにできればいいのですが。そういう機会が来るように祈っています。

 めぐみちゃん。いつも姿の見えないあなたに「こんにちは」と声をかけていますね。お父さんとお母さんはいつでも、あなたがすぐそばにいるように感じているのですよ。これまで思いつく限りの努力をしてきました。ありとあらゆる手を尽くし天に委ね祈ります。必ず喜びの日が来ます。もう少し、待っていてね。
 平成14年9月17日、日朝首脳会談で北朝鮮は拉致を認めましたが、めぐみちゃんたちを「死亡」と伝えてきた。この衝撃を私たちは決して忘れません。そして皆さんが無事に帰ってくることを祈り続けています。皆さん必ず元気で生きて帰ってきてください。


1324:25に「日本政府からのメッセージ」が出ている。1326に再び緊急メッセージ、スケジュールなどの紹介があり番組終了。後半1330は朝鮮語放送である。引き続き受信状態は良好である。

1300代の朝鮮語、日本語放送の台湾送信はいずれも強力である。ジャミングは確認できない。受信状態は極めて良好である、この時間は毎日同じ番組である。

1430の「ふるさとの風」は台湾送信、パラオの9960kHzすべて強力である。懐かしい日本の歌「荒城の月」で始まっている。拉致問題解説は石岡亨さんについて。1980年5月頃大学生だった石岡さんはヨーロッパへ出かけたまま行方不明に、1988年家族あてに8月13日付のポーランドの消印で手紙が届き平壌で暮らしていることがわかった。こうして有本恵子さん、松木薫さん3人が北朝鮮に拉致されたことが判明、1984年11月4日死亡と北朝鮮は発表している。松木薫さんを含めた3人は、よど号ハイジャック犯とその関係者によって平壌に連れていかれたことが判明している。小泉総理の訪朝が決まると、2002年に急遽死亡したことにされてしまった。
ふるさとの声は石岡亨さんへのメッセージ、2016年2月に収録したお兄さん石岡章さんからのメッセージが出ている。今日の一曲は1979年のヒット曲、円広志の「夢想花」、周波数アナウンスは台湾送信のみが出ている。この番組は2017年2月16日、25日、3月6日、15日、24日、4月2日、6日、15日、24日、5月3日、21日、30日、6月8日、17日、26日、7月5日、14日、23日、8月1日、19日、28日、9月6日、15日、10月3日、12日と同じ内容である。

  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年10月21日

5700kHz Korean

昔から時々朝鮮語の出ている周波数だが、今回は長時間朝鮮中央放送が出ている。21日は一旦0420過ぎに停波したが、0630には再開していた。信号はきわめて強力である。周波数も正確でかつ安定している。
決して2850kHzの2倍の高調波ではない!。

20日には3220や3959kHzのKCBSも聞こえだした。
4557kHzも依然として無変調キャリアーが出ているがさて・・・

2850
3220
3959
5700 - 1609:15 off
6100
6400
9665
11680

  More
Posted by Hiroshi at 16:53Comments(0)S.N.Korea

2017年10月21日

10月20日ふるさとの風

この29日から実施される周波数がほぼ出そろってきた。HFCCリストも毎日更新され、周波数のやりくりが見て取れる。20日の更新では延べ4093波が登録されている。
アセンション島の送信も完全に復活、閉鎖された送信サイトに代わり、旧ソ連、CISからの送信が増加している。
B17でDWの英語放送がリストされていない。この28日で英語放送は終了となる。

1300の「イルボネパラム」と1330の「ふるさとの風」はいずれもクリアーに聞こえている。20日、金曜日の台湾送信は強力出る。この時間は毎日同じ番組が出ている。

1300の「しおかぜ」は6040kHz、八俣からの電波は極めて強く、ジャミングの影響は全くない。前半、後半とも朝鮮語放送である。
1405の6165kHzも強力である。先週1330に放送された「ふるさとの風」が出ている。

1430の「ふるさとの風」は9450、9560、9960kHz、台湾送信、パラオ送信ともに極めて強力である。 懐かしい日本の歌「めだかの学校」で番組開始。拉致問題解説は松本京子さんについて。2006年11月20日に17人目の拉致被害者に認定された。鳥取県米子市で1977年10月21日夜、自宅近くの編み物教室に出かけたまま拉致され行方不明に、北朝鮮は入国した事実はないとして、拉致を認めていない事案でもある。29歳で拉致された経緯などが紹介されている。
ふるさとの声は拉致被害者松本京子さんへ、2016年2月に収録のお兄さん松本肇さんからのメッセージ。そして2015年8月に日本政府が制作した松本肇さんのビデオメッセージ。
京子さんが当時縫製会社に勤めていた同僚だった友人福本成子さんとウメさん二人から2007年の収録メッセージ、同級生矢倉修さんからも2007年収録で過去放送されたメッセージと同じ内容ある。
今日の一曲は1977年のヒット曲狩人の「あずさ2号」、いまだに旅立ったまま、生涯帰ることのできない人はどんな思いで聞くのだろう。この曲で一躍有名になった列車で、現在新宿8時発は特急スーパーあずさ5号である。2016年12月12日であずさ運転開始50年を記念して12月17日に特別列車を運行、この歌も40年がたった。この番組は2017年2月6日、24日、3月5日、14日、23日、4月1日、5日、14日、23日、5月2日、11日、6月7日、16日、25日、7月4日、13日、22日、31日、8月9日、27日、9月5日、14日、23日、10月2日、11日と同じ内容である。したがって最後の周波数アナウンスも一日3回のままで更新されていない。
  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年10月20日

10月19日ふるさとの風」

1300代の朝鮮語と日本語放送、台湾送信は今日も強力である。受信状態は良好である。拉致問題インフォメーションは9月28日の拉致被害者家族らと面談した際、安倍首相のあいさつが出ている。ニュース解説に続き、今週の一曲、朝鮮語は槇原敬之の「どんなときも」、今年2月にも登場している。日本語放送は1979年のヒット曲、桑江知子の「私のハートはストップモーション」、一年ぶりの登場である。
ふるさとの声は、田口八重子さんへ、お兄さん、本間勝さんからのメッセージ、2016年2月18日収録である。佐渡の民謡、相川音頭も唄われている。

1300の「しおかぜ」は6040kHz、パルスジャミングが出ているが弱くほとんど影響はない。木曜日は英語放送が出ている。受信状態は良好である。
1405の「しおかぜ」は6165kHz、同波の中国語が激しく混信している。この時間は先週放送された「ふるさとの風」が出ている。

1430の「ふるさとの風」は9450、9560、9960kHzである。台湾送信、パラオ送信はいつものように強力である。懐かしい日本の歌「シャボン玉」で始まった。
拉致問題解説は市川修一さんについて。1978年8月12日、鹿児島県日置郡から増元るみ子さん当時23歳と共に拉致された。2002年北朝鮮は拉致を認め1979年9月4日死亡としているが、泳げなかった市川さんが、初冬に川で溺死したことにして、にわか死亡通知書を2002年9月に急きょ作成、客観的事実は何もなく信用できる内容ではない。これも北朝鮮にとっては死亡したことにしないと都合の悪い拉致事件である。
故郷の声は市川修一さんへ、お兄さんの市川健一さんから2016年2月24日収録のメッセージ。続いてお姉さん市川龍子さんからも2016年2月24日収録のメッセージ。このあと中学高校生時代の友人花牟礼薫さん、小中学校同級生の高山孝一さんからのメッセージは2007年に収録されたものが出ている。
今日の一曲は1972年のヒット曲、山本リンダの「どうにも止まらない」、昨年朝鮮語放送でも登場している。曲の組み合わせが変わっただけでメッセージなどは従来と同じ内容である。この番組は2017年2月5日、14日、3月4日、13日、22日、31日、4月4日、13日、22日、5月1日、10日、19日、6月15日、24日、7月3日、12日、21日、30日、8月8日、17日、9月13日、22日、10月1日、10日と同じ内容である。

  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年10月19日

B17「ふるさとの風」

17日に一般公開されたHFCCリストには、拉致問題対策本部の北朝鮮向け短波放送の周波数も登録されている。これはいつも実際に放送される周波数が載っている。
パラオ送信は昨年と同じだが、台湾送信は今年4月1日から追加された周波数もあり一部変更されている。台湾の送信サイトは同じになっているが、実際には2か所から送信されているはず。

B17「イルボネパラム」、「ふるさとの風」
Korean
7295 1300 1330 44NE TAI 300 352
9465 1300 1330 44NE TAI 300 2
9950 1300 1330 44NE TAI 100 2
Japanese
7295 1330 1357 44NE TAI 300 352
9705 1330 1357 44NE TAI 300 2
9950 1330 1357 44NE TAI 100 2
Japanese
7295 1430 1500 44NE TAI 300 352
9560 1430 1500 44NE TAI 300 2
9960 1430 1500 44NE HBN 100 345
Korean
7290 1500 1530 44NE TAI 300 352
9800 1500 1530 44NE TAI 300 2
9975 1500 1530 44NE HBN 100 345
Korean
7290 1530 1600 44NE TAI 300 352
9465 1530 1600 44NE TAI 300 2
9965 1530 1600 44NE HBN 100 345
Japanese
6045 1600 1630 44NE TAI 300 352
9690 1600 1630 44NE TAI 300 2
9975 1600 1630 44NE HBN 100 345
Korean
6155 1630 1700 44NE TAI 300 352
Japanese
6155 1700 1730 44NE TAI 300 352


  
Posted by Hiroshi at 13:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年10月19日

B17「しおかぜ」

B17のHFCCリストには八俣からの送信として「しおかぜ」の周波数が延べ68波も登録されている。実際には昨年とほとんど変わりはなく、、この中から各時間一波が使用されることになのだろう。
CRI日本語と同じ時間帯の周波数もあり、どうなることやら。いつも「しおかぜ」は中国と同じ周波数を使うのが好きなようで、何か意図的なことを感じざるを得ない。
太字は昨年実際に使われた周波数。
FREQ STRT STOP CIRAF ZONES LOC POWR AZIMUTH
6145 1300 1400 43N,44 YAM 300 290
7305 1300 1400 43N,44 YAM 300 290
7345 1300 1400 43N,44 YAM 300 290
7410 1300 1400 43N,44 YAM 300 290
7435 1300 1400 43N,44 YAM 300 290
5930 1300 1500 43N,44 YAM 300 290
5935 1300 1500 43N,44 YAM 300 290
5980 1300 1500 43N,44 YAM 300 290
5985 1300 1500 44 YAM 100 290
6085 1300 1500 43N,44 YAM 300 290
6115 1300 1500 43N,44 YAM 300 290
6135 1300 1500 44 YAM 100 290
7205 1300 1500 43N,44 YAM 300 290
7245 1300 1500 43N,44 YAM 300 290
7250 1300 1500 43N,44 YAM 300 290
7280 1300 1500 43N,44 YAM 300 290
7295 1300 1500 43N,44 YAM 300 290
7310 1300 1500 43N,44 YAM 300 290
7335 1300 1500 43N,44 YAM 300 290
5955 1300 1530 43N,44 YAM 300 290
6045 1400 1500 43N,44 YAM 300 290
6095 1400 1500 43N,44 YAM 300 290
6145 1400 1500 43N,44 YAM 300 290
7260 1400 1500 43N,44 YAM 300 290
7270 1400 1500 43N,44 YAM 300 290
7325 1400 1500 43N,44 YAM 300 290
7385 1400 1500 43N,44 YAM 300 290
7435 1400 1500 43N,44 YAM 300 290
5935 1500 1600 43N,44 YAM 300 290
6085 1500 1600 43N,44 YAM 300 290
6115 1500 1600 43N,44 YAM 300 290
7245 1500 1600 43N,44 YAM 300 290
5930 1500 1700 43N,44 YAM 300 290
6000 1500 1700 43N,44 YAM 300 290
6015 1500 1700 43N,44 YAM 300 290
6045 1500 1700 43N,44 YAM 300 290
6130 1500 1700 43N,44 YAM 300 290
6145 1500 1700 43N,44 YAM 300 290
7205 1500 1700 43N,44 YAM 300 290
7270 1500 1700 43N,44 YAM 300 290
7325 1500 1700 43N,44 YAM 300 290
7335 1500 1700 43N,44 YAM 300 290
7430 1500 1700 43N,44 YAM 300 290
7435 1500 1700 43N,44 YAM 300 290
5955 1600 1700 43N,44 YAM 300 290
5975 1600 1700 43N,44 YAM 300 290
5980 1600 1700 43N,44 YAM 300 290
5990 1600 1700 43N,44 YAM 300 290
6020 1600 1700 43N,44 YAM 300 290
6085 1600 1700 43N,44 YAM 300 290
6095 1600 1700 43N,44 YAM 300 290
6110 1600 1700 43N,44 YAM 300 290
6135 1600 1700 43N,44 YAM 300 290
6155 1600 1700 43N,44 YAM 300 290
6165 1600 1700 43N,44 YAM 300 290
6180 1600 1700 43N,44 YAM 300 290
7225 1600 1700 43N,44 YAM 300 290
7240 1600 1700 43N,44 YAM 300 290
7285 1600 1700 43N,44 YAM 300 290
7305 1600 1700 43N,44 YAM 300 290
7320 1600 1700 43N,44 YAM 300 290
7330 1600 1700 43N,44 YAM 300 290
7340 1600 1700 43N,44 YAM 300 290
7355 1600 1700 43N,44 YAM 300 290
7370 1600 1700 43N,44 YAM 300 290
7375 1600 1700 43N,44 YAM 300 290
7385 1600 1700 43N,44 YAM 300 290
7440 1600 1700 43N,44 YAM 300 290
  
Posted by Hiroshi at 12:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年10月19日

10月18日「しおかぜ」

1300の「しおかぜ」は6040kHz、ジャミングを完全にブロック、八俣からの電波は極めて強力である。水曜日は朝鮮語放送である。1326:25に「日本政府からのメッセージ」が出ている。後半1330も朝鮮語が出ている、1356:30にも「日本政府からのメッセージ」が出ている。

1300の「イルボネパラム」9940kHzは若干弱いが9465、9900kHzは強力である。1330の「ふるさとの風」、9705と9900kHzは強力である。1331からの9950kHzも若干弱いもののクリアーに聞こえている。この時間は毎日同じ番組である。
拉致問題インフォメーションは9月28日の拉致被害者家族らと面談した際、安倍首相のあいさつが出ている。ニュース解説に続き、今週の一曲、朝鮮語は槇原敬之の「どんなときも」、今年2月にも登場している。日本語放送は1979年のヒット曲、桑江知子の「私のハートはストップモーション」、一年ぶりの登場である。
ふるさとの声は、田口八重子さんへ、お兄さん、本間勝さんからのメッセージ、2016年2月18日収録である。佐渡の民謡、相川音頭も唄われている。

1430の「ふるさとの風」は9450と9560kHzの台湾送信、9960kHzのパラオ送信はいずれも強力である。懐かしい日本の歌は「夕焼け小焼け」と「トンボのメガネ」の2曲である。
拉致問題開設は有本恵子さんについて。1983年7月頃コペンハーゲンから手紙が届いたのを最後に行方不明に。1988年に石岡亨さんから家族あてに8月13日付のポーランドの消印で手紙が届き、松木薫さんら3人はよど号ハイジャック犯らの手によって北朝鮮に拉致されたことが判明している。そして1988年11月4日に家族全員石炭ガス中毒で死亡と北朝鮮は2002年9月に虚偽報告している。しかし客観的事実は何一つ示されていない。よど号ハイジャック犯の妻らによって拉致されたことが判明している。
ふるさとの声は有本恵子さんご家族からのメッセージ、お父さん有本明弘さんから、2015年8月日本政府制作のビデオメッセージに収録されているメッセージ。2015年4月24日東京で開催された「最終決戦の時不退転の決意で全員救出を国民大集会」から有本明弘さんのメッセージ、続いてお母さん有本加代子さんから、2015年3月収録メッセージと2015年8月日本政府制作のビデオメッセージに収録されている有本加代子さんのメッセージが出ている。
今日の一曲は1976年のヒット曲、岡田奈々さんの「青春の坂道」、これは半年ぶりの登場である。この番組は2017年2月4日、13日、22日、3月12日、21日、30日、4月3日、12日、21日、30日、5月9日、18日、27日、6月5日、23日、7月2日、11日、20日、29日、8月7日、16日、25日、9月21日、30日、10月9日と同じ番組である。  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年10月18日

B17 HFCC公開

今月29日から実施予定の周波数が17日付で公開された。延べ4104波が登録されている。いつものことだが、一部の放送についてはあくまで申請しただけで実際にその通り放送されるわけではない。
ロシアはいまだに98波を登録している。

中国が最多の913波を占めている。この中には、いつも台湾送信の拉致対策本部の放送16波も含まれている。
また先回同様、DRM放送として、斉斉哈爾から一波、海南島・東方から二波が登録されている。
CRIは延べ660波もあり、これまでと同じ規模の放送となるようだ。日本語放送も昨年と同じ周波数である。

IRIB日本語放送は4波が登録されている。
2050-2150 5955, 6145, 7425
1050-1150 13830

KTWRはすでに7400kHzと発表されているが、HFCCは7500kHzで登録されている。このほか土曜日の1130にも日本語の登録がある。
HCJBは2回の放送とも15400kHzである。

IBBは延べ443波が登録されている。これまでと同じ規模で放送されるようだ。
BBCは延べ233波の登録、朝鮮語に関しては発表されている周波数とは違い、
5895kHz Dushanbe
7395kHz Kranji(SNG)
7530kHz Tashkent
の3波が1530-1830に登録されている。現在の周波数よりは賢明な選択かもしれない。
10月19日付で現在使われている台湾送信9940kHzが追加された。


  More
Posted by Hiroshi at 10:47Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年10月18日

10月17日「しおかぜ」

1300の「しおかぜ」は6040kHz、1240にジャミングが出たが弱い、受信への影響は全くない。17日、火曜日は日本語放送、拉致被害者、失踪者家族らが肉声で呼びかけたメッセージが出ている。
1985年失踪の秋田美輪さんへ、お母さんの嶺子さん、お父さんの正一郎さんからのメッセージ。
1989年失踪の山下貢さんへ、お母さんのきよ子さんからのメッセージ。
1997年失踪の宮内和也さんへ、お父さんの和見さんからのメッセージ。
2002年失踪の和田佑介さんへ、お母さんの執子(ともこ)さん、妹さんのとし子さん、しょう子さんからのメッセージ。
1973年失踪の益田ひろみさんへ、お母さんのシゲ子さんからのメッセージ。(お母さんは2015年6月29日、91歳で亡くなられています。)
1984年失踪の山本美保さんへ、妹さんの美砂さん、お母さんの文子さんからのメッセージ。

1325:35に「日本政府からのメッセージ」が出ている、後半1330からも引き続き、拉致および拉致の可能性のある方への、肉声によるメッセージが出ている。
1960年失踪の巽 敏一さんへ、お姉さんの直江さん、妹さんの昭子さんから、弟さんのかおるさんからのメッセージ。
1971年失踪の園田 一さん、敏子さんへ、娘さん 前山利恵子さんからのメッセージ。
1977年拉致された市川修一さんへ、お兄さんの健一さん、お母さんのとみさんからのメッセージ。
1998年失踪の松井綾子さんへ、お母さんの智子さん、お父さんの昭さんからのメッセージ。
1985年失踪の今津純子さんへ、お父さんの守人さん、叔母さんのしずこさんからのメッセージ。
1981年失踪の安達俊之さんへ、お母さんさんの道子さんからのメッセージ。
1981年失踪の長尾直子さんへ、お母さんのケイ子さんからのメッセージ。

以上の方々の声が放送された、1355:35にも「日本政府からのメッセージ」が放送されている。この番組は、2014年6月4日、7月30日、10月8日、12月3日、2015年2月18日、4月15日、6月10日、8月5日、10月6日、11月17日、2016年1月12日、2月23日、5月17日、6月28日、8月9日、9月20日、11月1日、12月13日、2017年1月31日、3月14日、6月13日、7月25日、9月5日の再放送で「日本政府からのメッセージ」を含めすべて同じ内容である。
1405の「しおかぜ」は6165kHz、八俣からの電波は強く、受信状態は良好である。先週放送された「ふるさとの風」が出ている。

1300の朝鮮語、昨日の強さはないが、聞き取りは可能である。しかし1330の日本語放送はさらに弱くなりほとんど受信不可能である。、昨日から新しい内容の番組が出ている。
今週の一曲、朝鮮語は槇原敬之の「どんなときも」、今年2月にも登場している。日本語放送は1979年のヒット曲、桑江知子の「私のハートはストップモーション」、一年ぶりの登場である。
ふるさとの声は、田口八重子さんへ、お兄さん、本間勝さんからのメッセージ、2016年2月18日収録である。佐渡の民謡、相川音頭も唄われている。

1430の「ふるさとの風」は9450、9560、9960kHz、台湾送信は完全にスキップ、時々9560kHzが聞こえるのみ、パラオ送信は強力に入感している。懐かしい日本の歌「富士の山」で番組開始。拉致問題インフォメーションは横田めぐみさんについて。拉致事件発覚後は、偽造死亡診断書などを出したり、偽遺骨を出すなど何がなんでも亡き者にしないと都合の悪い非情な拉致事件である。
1977年11月15日夕方、新潟市内の中学校クラブ活動のバドミントンの下校時北朝鮮に拉致された。当時13歳である。20年後に拉致されたことがマスコミの報道で一般に知られることになった。女子中学生が拉致されたということで北朝鮮の残忍さ、拉致事件の象徴として注目を浴びている。北朝鮮は拉致はしたがすでに死亡したとして2004年ニセ遺骨を提出、死亡時期を訂正(1993年3月死亡を1994年4月に改ざん)するなど亡き者にしないと北朝鮮にとっては都合の悪いことばかり。
ふるさとの声は横田めぐみさんへのメッセージ。横田滋さん、横田早紀江さん夫妻から2015年2月収録のメッセージが出ている。ウランバートルで孫娘と面会するなど驚愕した話も出ている。
続いて2016年10月2日に開催された「拉致被害者家族を支援するかわさき市民のつどい」で収録した横田早紀江さんの訴えが出ている。あの手この手を使い孫娘キム・ウンギョンと会わせるなど、現体制下ではトップとの関わりのある、めぐみさんを返すことは不可能で死亡したと洗脳、工作活動を通して拉致事件の幕引きを図ろうとしている。
そして2015年8月に開催された「拉致問題を考える国民の集いin三重」における横田拓哉さんの訴えが出ている。最後に2015年11月新潟で開催された「忘れるな拉致 11.15県民集会」から弟さん横田哲也さんの声が出ている。
今日の一曲は無い。この番組は2017年2月3日、12日、21日、3月2日、29日、4月11日、20日、29日、5月8日、17日、26日、5月4日、6月13日、7月1日、10日、19日、28日、8月6日、15日、24日、9月2日、11日、29日、10月8日と同じ番組である。
  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年10月17日

10月16日ふるさとの風

1300の「イルボネパラム」は9465、9900、9940kHz、台湾送信は強力である。1330の「ふるさとの風は9705、9900、9950kHz、日本語放送もクリアーに入感している。
拉致問題インフォメーションは9月28日、安倍総理は拉致被害者と面談、その時のあいさつの模様が出ている。
「先般、皆様とお話しさせていただいた際に、国連総会の場において拉致問題の重要性についてしっかりと一般討論演説で訴え、また、トランプ大統領を始め各国の首脳に対し、拉致問題がいかに日本だけではなく世界にとって重要な問題か訴えてまいりますと、お約束しました。今日は、その御報告をさせていただきたい。大変お忙しい中お集まりいただきまして、わざわざ官邸にお運びいただきましたこと、御礼を申し上げたいと思います。
 一般討論演説におきまして、拉致問題、これはいかに日本の事件、そして人権を侵害しているかということについて訴えたところであります。国際社会の連携を求めてまいります。また、トランプ大統領との日米首脳会談、そして日米韓の首脳会談において、現在の核問題、拉致問題、一致結束して解決していくことの重要性について訴えたところでございます。また、トランプ大統領に対しましては、米国の大統領として初めて一般討論演説で横田めぐみさんについて触れていただき、拉致問題について触れていただいたことに対して御礼を申し上げました。そしてさらに今後とも協力してこの問題解決に向けて努力をしていきたいと、また米国も協力していただけるということでございました。今後とも国際社会に対してしっかりとこの問題の重要性を訴えていきたいと思います。
 また、国連総会の場を活用いたしまして、マクロン・フランス大統領等と首脳会談を行いましたが、その際にも拉致問題の重要性についてお話をさせていただいたところでございます。
 この後、詳細等について皆様に御報告させていただきたいと思います。」

ニュース解説は、「朝鮮労働党中央委員会全員会議」について。朝鮮労働党中央委員会第7期第2回全員会議が10月7日に開かれたことなど。
今週の一曲、朝鮮語は槇原敬之の「どんなときも」、今年2月にも登場している。日本語放送は1979年のヒット曲、桑江知子の「私のハートはストップモーション」、一年ぶりの登場である。
ふるさとの声は、田口八重子さんへ、お兄さん、本間勝さんからのメッセージ、2016年2月28日収録である。佐渡の民謡、相川音頭も唄われている。

1300の「しおかぜ」は6040kHz、八俣の電波はジャミングを完全につぶして強力である。16日、月曜日は中語が出ている。後半1330は朝鮮語である。いずれも失踪者の氏名読み上げである。
1405の「しおかぜ」は6165kHz、信号は強く、受信状態は極めて良好である。この時間は先週10月9日1330に放送された「ふるさとの風」が出ている。開始と終了時には「しおかぜ」のアナウンスが出ている。

1430の「ふるさとの風」は9450、9560、9960kHzである。台湾、パラオ送信ともにこの時間も強力である。懐かしい日本の歌「トンボのメガネ」で始まった。
拉致問題解説は田口八重子さんについて。1978年6月ごろ東京高田のベビーホテルに2歳と1歳の子供を残したまま拉致された。当時22歳である。日本人を偽装し大韓航空機爆破事件を起こした北朝鮮工作員・金賢姫(キム・ヒョンヒ)の証言から、田口八重子さんがこの北朝鮮工作員の教育係を務めたことが明らかになっている。北朝鮮はこうした事実や大韓航空機爆破事件そのものへの関与を完全に否定している。しかし、田口さんは、別の拉致被害者(2002年に帰国)に対して、「1981年から1983年にかけて「オッカ」(=金賢姫の別名)という名の女性工作員と共同生活した」ことが確認されている。 北朝鮮側は、田口さんが大韓航空機爆破事件の実行犯の教育係を務めていたという事実を隠そうとしている。もちろん事件そのものを北朝鮮は韓国のでっち上げだとし認めていない。
ふるさとの声は田口八重子さんへ、お兄さん飯塚繁雄さんから、2015年3月4日収録のメッセージ。続いて2016年2月7日に政府拉致問題対策本部、東京都の共催により開催された、「北朝鮮拉致問題の解決を願う都民の集い」における収録から。そしてお兄さん本田勝さんからのメッセージも2016年2月18日に収録、地元佐渡の民謡を歌っている。
2016年9月開催された「最終決戦は続いている!制裁と国際連携で全員救出実現を!国民大集会」 で収録した飯塚耕一郎さんからのメッセージが出ている。
今日の一曲は1968年のヒット曲、ビレッジ・シンガーズの「亜麻色の髪の乙女」、2010年11月以来の登場である。この番組は2017年2月2日、11日、20日、3月1日、10日、4月19日、28日、5月7日、16日、25日、6月3日、12日、21日、7月9日、18日、27日、8月5日、14日、23日、9月1日、10日、19日、10月7日と同じ内容である。

  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年10月16日

10月15日「しおかぜ」

1300の「イルボネパラム」と1330の「ふるさとの風」はすべて台湾送信、フェージングが結構激しい、概ね受信状態は良好である。この時間9735kHz、RTI日本語放送のほうが強く、よく聞こえている。
拉致問題インフォメーションは、国民大集会における安倍総理のあいさつ。ニュース解説は「10.4宣言10周年を迎えた南北関係」について。
今週の一曲、朝鮮語は無し、日本語放送は1978年のヒット曲松本ちえこの「恋人試験」、2015年6月以来の登場。

1300の「しおかぜ」は6040kHz、激しいジャミングで受信状態は悪い。昨日と同じ番組で、前半朝鮮語、後半1330は日本語放送である。9月29日、朝鮮半島有事の際にどうすべきかのパネルディスカッションはかなりきわどいパネラーの発言もあった。放送されたシミュレーションの内容は以下の通り。
某日、北朝鮮で金正恩が側近に暗殺される。当初は死亡が極秘とされる。
2日後、情報が外に漏れ始め、一気に世界中を駆け巡る。
3日後、北朝鮮は金正恩の現地指導のニュースを流すが、その映像が1年前のものであることが分かり、かえって死亡説が裏付けられてしまう。
4日後、金永南最高人民会議常任委員長の名前で金正恩の死亡が発表され、1週間後に中央追悼大会を開催することが発表される。
7日後、各地の軍部隊の移動が偵察衛星で確認される。
10日後、休戦ラインを警備する人民軍部隊から韓国側への投降が各地で起きる。
14日後、人民軍部隊の投降のニュースが北朝鮮に流れ込み、一般民衆が休戦ラインを越えて韓国に入り始める。一部は海上からの韓国行きを目指す。
21日後、能登半島沖で12人が乗った北朝鮮船が漂流しているのが発見され、海上保安庁が保護する。船内に麻薬が発見される。その後各地で相次いで10〜30人の乗った北朝鮮船の漂流が確認され、一部は青森、秋田、福井などの港に接岸する。また山形、新潟、鳥取などでは海岸で数人ずつの死体の乗った北朝鮮船が発見される。
 上陸した人たちの中の多数は北朝鮮帰国者の家族ないし子孫だが、「自分は拉致された」と言う人物も混じっており、一部は特定失踪者リストで確認されるものの、特定失踪者問題調査会のリストにも警察のリストにもない人が入っている。また、帰国者の子孫と自称する人間の中にもその証言が不確かな人間が少なからず混じっているが、日本語を解さないため確認には非常に困難を来す。その後このような船の漂着が相次ぐ。九州西岸には黄海側から中国人ブローカーによると思われる難民の上陸が始まる。総数は最初の到着から3カ月で1万人を超える。
25日後、重体の男性・子供を含む8人を乗せた船が島根県美保が関の海岸に漂着。子供はまもなく死亡。男性は鳥インフルエンザの感染の可能性が確認された。同様の症状はその後富山、北海道に漂着した船にのっていた人々からも確認されるが、北海道に漂着した船で罹患していた人のうち2人は未認定ながら拉致被害者であることが確認される。
30日後、日本の各県がとりあえず設置した収容施設の中で待遇に不満が高まる。一部は「自分は東京の出身だからそこに帰る」と言って施設から勝手に出ていきそのまま行方不明になる。

以上が放送された内容である。

1430の「ふるさとの風」は9450、9560、9960kHzである。各波ともジャミングもなくクリアーに聞こえている。懐かしい日本の歌「星の界(よ)」で始まった。讃美歌312番のメロディが使われていることでもよく知られている名曲である。
月なきみ空に きらめく光
嗚呼その星影 希望のすがた
人智は果てなし 無窮の遠(おち)に
いざその星影 きわめも行かん
月なきみ空に きらめく光
嗚呼その星影 希望のすがた
人智は果てなし 無窮の遠に
いざその星影 きわめも行かん

雲なきみ空に 横とう光
嗚呼洋々たる 銀河の流れ
仰ぎて眺むる 万里のあなた
いざ棹させよや 窮理の船に

拉致問題解説は増元るみ子さんについて。1978年8月12日鹿児島県吹上浜で市川修一さんとともに拉致された。二人は1979年7月20日結婚し、1981年8月17日死亡したとされる。何の前触れもなく心臓マヒで死亡したというのはいかにも不自然であり、2002年北朝鮮の捏造死亡診断書で死んだことにされてしまった。
ふるさとの声は増元るみ子さんへ、お姉さん平野フミ子さんからのメッセージ、2016年11月4日、長崎ブリックホール国際会議場において、政府拉致問題対策本部、長崎県、長崎県拉致問題早期解決議員連盟の共催により、「拉致問題を考える国民の集いin長崎」の国民集会での収録から。
続いて2015年8月に日本政府制作のビデオメッセージから同じく平野フミ子さんから、そして中学生時代の同級生メイソンSもと子さんの訴え、小中学校の同級生苅谷達郎さんのメッセージ、いずれも2013年2月の収録である。
今日の一曲は、これまでと同じ、1976年のヒット曲沢田研二「コバルトの季節の中で」、1978年秋から約一年間、蓮池由紀子さんと増元るみ子さんが北朝鮮で一緒に暮らしていた際、由紀子さんがるみ子さんによく歌っていたという。
この番組は2017年2月1日、10日、19日、28日、3月9日、18日、27日、5月6日、15日、24日、6月2日、11日、20日、29日、7月26日、8月4日、13日、22日、31日、9月9日、18日と同じ内容である。
  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年10月15日

10月14日「しおかぜ」

1300の「しおかぜ」は6040kHz、八俣からの電波は強く、ジャミングはあるものの受信状態は良好である。土曜日は日本語放送から。
まずトランプ大統領の発言から。金正恩労働党委員長の異母兄の金正男の長男、キム・ハンソルについて述べている。 「千里馬民防衛」が出した声明から、金正男(キム・ジョンナム)氏が2月にマレーシアのクアラルンプール空港で暗殺されてから登場した団体だ。身辺への危険が提起された息子のハンソル氏ら金正男氏の家族の脱出と身辺保護を自分たちが助けたと主張したことなどデイリーNKから。
去る9月29日に開催された「その後を考える集い」から、朝鮮半島有事の際日本への影響や対策を論議するパネルディスカッションでの模様が出ている。
1324:55に「日本政府からのメッセージ」が出ている。1326にも緊急メッセージが出ている。後半1330は朝鮮語放送である。

1300代の朝鮮語と日本語放送、台湾送信は各波ともクリアーに聞こえている。14日土曜日の日本語放送「ふるさとの風」は1331、1430、1600、1700とすべて同じ番組である。
拉致問題インフォメーションは、9月20日安倍総理は国連総会で一般討論演説を行った、その中から北朝鮮に関する部分が出ている。以下、放送された内容である。
 安保理常任理事国として、世界平和に積極的役割を果たすのが、日本の変わらぬ決意だと、私は、主張するつもりでありました。けれども私は、私の討論をただ一点、北朝鮮に関して集中せざるを得ません。
 9月3日、北朝鮮は核実験を強行した。それが、水爆の爆発だったかはともかく、規模は、前例をはるかに上回った。前後し、8月29日、次いで、北朝鮮を制裁するため安保理が通した、「決議2375」のインクも乾かぬうち、9月15日に、北朝鮮はミサイルを発射した。いずれも日本上空を通過させ、航続距離を見せつけるものだった。脅威はかつてなく重大です。眼前に、差し迫ったものです。我々が営々続けてきた軍縮の努力を、北朝鮮は、一笑に付そうとしている。不拡散体制は、その、史上最も確信的な破壊者によって、深刻な、打撃を受けようとしている。
 議長、同僚の皆様、この度の危機は、独裁者の誰彼が、大量破壊兵器を手に入れようとするたび、我々がくぐってきたものと、質において、次元の異なるものです。北朝鮮の核兵器は、水爆になったか、なろうとしている。その運搬手段は、早晩、ICBMになるだろう。
 冷戦が終わって二十有余年、我々は、この間、どこの、どの独裁者に、ここまで放恣にさせたでしょう。北朝鮮にだけは、我々は、結果として、許してしまった。それは我々の、目の前の現実です。かつ、これをもたらしたのは、「対話」の不足では、断じてありません。
対話とは、北朝鮮にとって、我々を欺き、時間を稼ぐため、むしろ最良の手段だった。対話による問題解決の試みは、一再ならず、無に帰した。なんの成算あって、我々は三度、同じ過ちを繰り返そうというのでしょう。
 北朝鮮に、すべての核・弾道ミサイル計画を、完全な、検証可能な、かつ、不可逆的な方法で、放棄させなくてはなりません。そのため必要なのは、対話ではない。圧力なのです。
 議長、同僚の皆様、横田めぐみという、13歳の少女が、北朝鮮に拉致されて、本年11月15日、ついに40年を迎えます。
 めぐみさんはじめ、多くの日本人が、いまだに北朝鮮に、拉致されたままです。彼らが、一日も早く祖国の土を踏み、父や母、家族と抱き合うことができる日がくるよう、全力を尽くしてまいります。
 北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対し、日本は日米同盟によって、また、日米韓三国の結束によって、立ち向かいます。「全ての選択肢はテーブルの上にある」とする米国の立場を、一貫して支持します。そのうえで私は、北朝鮮に対し厳しい制裁を課す安保理決議2375号が、9月11日、安保理の全会一致で採択されたのを、多とするものです。それは、北朝鮮に対する圧力をいっそう強めることによって、北朝鮮に対し、路線の根本変更を迫る我々の意思を、明確にしたものでした。しかし、あえて訴えます。
 北朝鮮は既に、ミサイルを発射して、決議を無視して見せました。決議はあくまで、始まりにすぎません。核・ミサイルの開発に必要な、モノ、カネ、ヒト、技術が、北朝鮮に向かうのを阻む。北朝鮮に、累次の決議を、完全に、履行させる。全ての加盟国による、一連の安保理決議の、厳格かつ全面的な履行を確保する。必要なのは、行動です。北朝鮮による挑発を止めることができるかどうかは、国際社会の連帯にかかっている。残された時間は、多くありません。
 議長、ご列席の皆様、北朝鮮はアジア・太平洋の成長圏に隣接し、立地条件に恵まれています。勤勉な労働力があり、地下には資源がある。それらを活用するなら、北朝鮮には経済を飛躍的に伸ばし、民生を改善する途があり得る。
 そこにこそ、北朝鮮の明るい未来はあるのです。拉致、核、ミサイル問題の解決なしに、人類全体の脅威となることで、拓ける未来など、あろうはずはありません。北朝鮮の政策を、変えさせる。そのために私たちは、結束を固めなければなりません。有難うございました。

ニュース解説は「10.4宣言10周年を迎えた南北関係」について。
今週の一曲、朝鮮語は無し、日本語放送は1978年のヒット曲松本ちえこの「恋人試験」、2015年6月以来の登場かも。
拉致問題解説は田中実さんについて。1978年6月、北朝鮮からの指示を受けた大阪の中華料理店主の在日朝鮮人により、言葉巧みに誘い成田からウィーンに出国させ、その後、北朝鮮に拉致したもので、当時28歳である、2005年拉致被害者に認定された。日本にはスパイを取り締まる法律はなく、この在日朝鮮人も国内に住んでいたが、2014年死亡したとされる。スケジュールなどの紹介があり、1331の9950kHz以外は最後の3分間、特別番組としてアニメソング「鉄腕アトム」が出ている。
  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年10月14日

10月13日ふるさとの風

1300の「イルボネパラム」と1330の「ふるさとの風」、台湾送信は強力である。ジャミングは全く分からない。この時間は毎日同じ番組である。
今週の一曲、朝鮮語は無し、日本語放送は1978年のヒット曲松本ちえこの「恋人試験」、2015年6月以来の登場である。

1300の「しおかぜ」は6040kHz、開始とうでょは若干弱かったが、1310から八俣の電波は急上昇、ジャミングも完全に抑え込んでいる。S9+55dBを軽く超す強さである。ここ最近では異常な強さである。
金曜日は前半後半とも朝鮮語放送が出ている。1326:25と1356:30に「日本政府からのメッセージ」が出ている。
1405の「しおかぜ」は6165kHz、この時間も八俣からの電波は強力である。。同波のCNR6を完全にブロックしている。先週1330に放送された「ふるさとの風」が出ている。開始アナウンスは、
「こちらはJSRしおかぜです。東京から北朝鮮におられる拉致被害者のみなさん、様々な事情で北朝鮮に渡って戻れなくなった皆さんへ、放送を通じて呼びかけを行っています。しおかぜでは拉致被害者救出、北朝鮮包囲網形成のため、これまでも日本政府とあらゆる形で連携を図ってきました。この時間は日本政府制作による日本語番組「ふるさとの風」をお送りします。最後までお聞きください。」

そして終了アナウンスは、
「こちらはJSRしおかぜです。東京から北朝鮮におられる拉致被害者のみなさん、様々な事情で北朝鮮に渡って戻れなくなった皆さんへ、放送を通じて呼びかけを行っています。この時間は日本政府制作による日本語番組「ふるさとの風」をお送りしました。拉致被害者の皆さんにはこれまで」放置してきたことをお詫び申し上げます。必ず助け出します。それ以外の方々も自由に日本に戻れるように努力しています。もう少しの間頑張ってください。もしこの放送が受信できなくなった場合には、この近辺を探してみてください。
しおかぜは北朝鮮当局による妨害電波対策のため複数の周波数で放送しています。またほかの北朝鮮向け放送と連携していますので、そちらの時間で夜10時30分から深夜2時30分ごろまでは必ずどこかで放送しています。私たちは皆さんを必ず救出するため様々な努力をしています。番組からの情報を注意して聞いてください。北朝鮮情勢など当局の体制に変化が起きた場合には緊急避難放送もお伝えします。こちらはJSRしおかぜです。東京から北朝鮮におられる拉致被害者のみなさん、様々な事情で北朝鮮に渡って戻れなくなった皆さんへ、放送を通じて呼びかけを行っています。また明日この時間にお会いしましょう、お体をお大事に、こちらはJSRしおかぜです。」

1430の「ふるさとの風」は9450、9560kHzの台湾送信、9960kHzはパラオ送信である。この時間台湾送信も強力である。
懐かしい日本の歌「波浮の港」で始まった。拉致問題解説は、曽我ミヨシさんについて。1978年8月12日夜、近所に買い物に出掛けたままひとみさん(当時19歳)と共に行方不明になった。日本政府の無策ぶりが露呈した事件で、2002年10月ひとみさんが帰国するまで、拉致されていることさえ分からなかった。その後の調査で在日朝鮮人が関与していることも分かっている、実行犯女性工作員キムミョンスクを2004年11月に国際手配、犯人の引き渡しを求めているというが何の解決にも至っていない。関係者はいまも日本国内で通名を使い普通に生活している特別永住者の一人である。今も日本国内で多くの工作員が活動していることはよく知られている。
ふるさとの声は曽我ミヨシさんへ、2016年2月収録で曽我ひとみさんの日本語と朝鮮語(日本語放送では韓国語と言っている)によるメッセージが出ている。母と離れ離れになってもう38年にもなると訴えている。続いて2016年9月17日東京で開かれた「最終決戦は続いている!制裁と国際連携で全員救出実現を!国民大集会」におけるひとみさんの訴えが出ている。
きょうの一曲は1977年のヒット曲石川さゆりさんの「津軽海峡冬景色」、2017年1月に朝鮮語放送でも登場している。この番組は2017年2月8日、17日、26日、3月7日、16日、25日、4月7日、16日、25日、5月13日、22日、31日、6月9日、18日、27日、7月6日、15日、24日、8月11日、20日、29日、9月7日、16日、25日、10月4日と同じ内容である。
  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年10月13日

10月12日ふるさとの風

1300の「イルボネパラム」日本の風朝鮮語放送はいずれも強力に聞こえている。9940kHzは強弱が激しいようだ。1330の「ふるさとの風」は当初強かったが1345頃から各波ともスキップ状態に、かなロノイジーになってきた。
拉致問題インフォメーションは、9月20日安倍総理は国連総会で一般討論演説を行った、その中から北朝鮮に関する部分が録音で出ている。
ニュース解説は「10.4宣言10周年を迎えた南北関係」について。
今週の一曲、朝鮮語は無し、日本語放送は1978年のヒット曲松本ちえこの「恋人試験」、2015年6月以来の登場かも。
拉致問題解説は田中実さんについて。1978年6月、北朝鮮からの指示を受けた大阪の中華料理店主の在日朝鮮人により、言葉巧みに誘い成田からウィーンに出国させ、その後、北朝鮮に拉致したもので、当時28歳である、2005年拉致被害者に認定された。日本にはスパイを取り締まる法律はなく、この在日朝鮮人も国内に住んでいたが、2014年死亡したとされる。スケジュールなどの紹介があり、1357終了。

1300の「しおかぜ」は6040kHz、激しいジャミングで英語放送もほとんど聞き取り不可能である。1405の「しおかぜ」6165kHzも同様に弱くジャミングに埋もれてしまった。

1430の「ふるさとの風」は台湾送信が全く聞こえない。パラオの9960kHzも弱いが何とか聞こえている。懐かしい日本の歌「荒城の月」で始まっている。拉致問題解説は石岡亨さんについて。1980年5月頃大学生だった石岡さんはヨーロッパへ出かけたまま行方不明に、1988年家族あてに8月13日付のポーランドの消印で手紙が届き平壌で暮らしていることがわかった。こうして有本恵子さん、松木薫さん3人が北朝鮮に拉致されたことが判明、1984年11月4日死亡と北朝鮮は発表している。松木薫さんを含めた3人は、よど号ハイジャック犯とその関係者によって平壌に連れていかれたことが判明している。小泉総理の訪朝が決まると、2002年に急遽死亡したことにされてしまった。
ふるさとの声は石岡亨さんへのメッセージ、2016年2月に収録したお兄さん石岡章さんからのメッセージが出ている。今日の一曲は1979年のヒット曲、円広志の「夢想花」、周波数アナウンスは台湾送信のみが出ている。この番組は2017年2月16日、25日、3月6日、15日、24日、4月2日、6日、15日、24日、5月3日、21日、30日、6月8日、17日、26日、7月5日、14日、23日、8月1日、19日、28日、9月6日、15日、10月3日と同じ内容である。
  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2017年10月12日

Sound of Hope

広範囲に数多くの周波数に出ているSOH希望之声国際広播電台をチェックした。6~21MHzまで多くの周波数が受信できる。
10月12日0100-0300と0700以降に受信できた周波数。

21799.235
18869.752
17440.134
17400.300
17200.342
17979.942
16979.930
16299.904
16249.795
16100.242

15969.885
15939.984
15869.940
15800.179 RFA
15339.831
15070.210

14980.205 RFA
14919.840
14870.230
14774.826
14499.879
14430.072
14370.037
13979.940

13919.936
13889.850
13870.235
13530.228
13269.752
13230.000
13130.210

12980.114
12800.071
12560.068
12500.208
12429.904
12369.969
12230.023
12189.901 RFA
12169.781
12150.144

11775.091
11765.133
11715.075
11600.065 RFA
11579.994 RFA
11530.000
11499.831
11459.877
11440.005
11409.965
11300.088
11150.154
11099.842 RFA
10959.778
10869.958

9970.197
9919.957
9849.956 RFA
9729.904
9634.868
9539.969
9359.981 1000~
9320.053 RFA
9279.837
9230.028 RFA
9200.182
9180.023
9155,020
9099.976

7730.064
7599.944
7309.973
7280.000
7210.070

6900.033
6869.938
6729.966
6369.926
6279.907
6230.073

  
Posted by Hiroshi at 11:33Comments(0)Taiwan/China

2017年10月12日

10月11日「しおかぜ」

11日の「しおかぜ」は6040kHz、ジャミングは1239に出現している。八俣からの電波もそれほど強くはない。1300から一時間朝鮮語放送が出ているが受信状態は悪い。
1405のの「しおかぜ」は6165kHz、ジャミングが強く受信状態は悪い。

1300の「イルボネパラム」と1330の「ふるさとの風」はともに台湾送信、昨日に次いで電波は強く、受信状態は良好である。この時間は毎日伊那路番組が繰り返されている。今週の一曲、朝鮮語は無し、日本語放送は1978年のヒット曲松本ちえこの「恋人試験」、2015年6月以来の登場である。

1430の「ふるさとの風」は9450、9560、9960kHz、台湾送信は弱い。パラオ送信は極めて強力である。 懐かしい日本の歌「めだかの学校」で番組開始。拉致問題解説は松本京子さんについて。2006年11月20日に17人目の拉致被害者に認定された。鳥取県米子市で1977年10月21日夜、自宅近くの編み物教室に出かけたまま拉致され行方不明に、北朝鮮は入国した事実はないとして、拉致を認めていない事案でもある。29歳で拉致された経緯などが紹介されている。
ふるさとの声は拉致被害者松本京子さんへ、2016年2月に収録のお兄さん松本肇さんからのメッセージ。そして2015年8月に日本政府が制作した松本肇さんのビデオメッセージ。
京子さんが当時縫製会社に勤めていた同僚だった友人福本成子さんとウメさん二人から2007年の収録メッセージ、同級生矢倉修さんからも2007年収録で過去放送されたメッセージと同じ内容ある。
今日の一曲は1977年のヒット曲狩人の「あずさ2号」、いまだに旅立ったまま、生涯帰ることのできない人はどんな思いで聞くのだろう。この曲で一躍有名になった列車で、現在新宿8時発は特急スーパーあずさ5号である。2016年12月12日であずさ運転開始50年を記念して12月17日に特別列車を運行、この歌も40年がたった。この番組は2017年2月6日、24日、3月5日、14日、23日、4月1日、5日、14日、23日、5月2日、11日、6月7日、16日、25日、7月4日、13日、22日、31日、8月9日、27日、9月5日、14日、23日、10月2日と同じ内容である。
したがって最後の周波数アナウンスも一日3回のままで更新されていない。


  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze