2016年07月02日

7月1日ふるさとの風

もう7月である、こうして何年も同じことが繰り返され永遠に拉致は解決することなく月日だけが流れていく。額面通り受け取れば、この北朝鮮向け放送は永遠に続くことになる。
1日の「ふるさとの風は1330の9900、9950kHzと1430の9560、9960kHzそして1600の3回とも同じ番組が出る日。いつもは9910kHzのジャミングがうるさいが今日はいたって静かである。ジャミングが全く出ていない。
拉致問題インフォメーションは6月5日福岡市で開催された「北朝鮮人権侵害問題啓発集会」における加藤拉致問題担当大臣の発言要旨が出ている。
ニュース解説は「ムスダン弾道ミサイル発射成功」について。ふるさとの声は市川修一さんへ、2016年2月収録で義姉の市川龍子さんからのメッセージが出ている。
今週の一曲は1968年のヒット曲、黛ジュンの「天使の誘惑」、一年ぶりに登場した。受信状態は極めて良好である。

1300の「しおかぜ」は5935kHz、強力なジャミングが出ているがそれに負けずに八俣の電波は強い。受信状態は良好である。金曜日は朝鮮語放送である。
1405の「しおかぜ」も5935kHz、1408:10にいつもジャミングが止まっている。この時間は「ふるさとの風」が出ている。八俣の電波はこの時間も極めて強く受信状態は良い。


  
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年07月01日

4Kテレビ

今朝のある新聞に、4Kテレビ映りませんという囲み記事が載っていた。ここでも以前から注意喚起していたが、ついに総務省も売るなとは言わないが、今のテレビでは4K放送は見られないと周知を図るとか。

何をいまさらという感じもするが、これ以上騙されて買う人がないようにする狙いがあるのだろう。最も何も知らずに買う消費者もどうかしている。地上波しか見ないのに高価なテレビを買うのはそれだけ裕福な証か。たとえ映らなくても高価なテレビを持っているというステータスかもしれない。

いつの時代にもこうしたことはまかり通っている。アナログ時代に、これからはワイド画面になるとこれまた騙されて太って映るテレビを買った人もいた。BS放送を見ないのにBSチューナー内蔵テレビを買ったりと。

今も怪しげな宣伝に惑わされ意味不明なものが売れている。

  
Posted by Hiroshi at 09:19Comments(0)番外編

2016年07月01日

6月30日「しおかぜ」

1300の「イルボネパラム」朝鮮語は9900と9950kHz、まだ9910kHzへのジャミングがなく受信状態は良好である。後半「ふるさとの風」は1333にジャミングが出て聞きづらくなってきた。この時間は毎日同じ番組が出ている。

1300の「しおかぜ」は5935kHz、1250に強力なPipsジャミングが出現、同波の西蔵放送中国語がつぶされた。6月最後の日30日は英語放送が出ている。八俣の電波も強いが、ほぼ互角の勝負である。
1325:23に「日本政府からのメッセージ」が出ているが、この中でも7月15日札幌での公開収録生中継の案内が出ている。後半は八俣の電波はさらに強くなりジャミングも分からないほどである。
「ふるさとの風」「しおかぜ」共同公開収録生中継
2016年7月15日、金曜日
1000-1200UTC 9900kHz

続く1405の5905kHzも強力である。この時間は「しおかぜ」が「ふるさとの風」の番組を出している。

1430の「ふるさとの風」は9560と9960kHz、9560kHzにはジャミングらしきノイズがあるが、これはほぼ常時出ており。北からのジャミングという確証はない。
懐かしい日本の歌「肩たたき」で始まった。拉致問題解説は増元るみ子さんについて。1978年8月12日鹿児島県吹上浜で市川修一さんとともに拉致された。二人は1979年7月20日結婚し、1981年8月17日死亡したとされる。何の前触れもなく心臓マヒで死亡したというのはいかにも不自然であり、2002年北朝鮮の捏造死亡診断書で死んだことにされてしまった。
ふるさとの声は増元るみ子さんへ。お姉さん平野フミ子さんから2016年3月福岡西鉄ホールで開催された公開合同収録したメッセージ。続いて平野フミ子さんから2015年9月東京で開催された「最終決戦のとき!不退転の決意で全員救出を!国民大集会」における訴えが出ている。18年たってもたった8人しか帰国していないと深刻な訴えである。同じく2015年8月日本政府収録のビデオメッセージから。
続いて中学生時代の同級生メイソンSもと子さんの訴えは2013年2月収録、小中学校の同級生苅谷達郎さんのメッセージ、これも2013年2月の収録。
今日の一曲は、1976年のヒット曲沢田研二「コバルトの季節の中で」、1978年秋から約一年間、蓮池由紀子さんと増元るみ子さんが北朝鮮で一緒に暮らしていた際、由紀子さんがるみ子さんによく歌っていたという。この番組は2016年4月28日、5月7日、16日、25日、6月3日、12日、21日と同じ内容である。
  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年06月30日

RNZI放送時間短縮

DRM放送でおなじみのニュージーランドからの短波放送、ここも寄る年並みには勝てず、老朽化した短波送信機の運用や辞める。
このため7勝ち1日からは、これまで一部の時間帯、AMとDRMの両方が出ていたが、原則DRM放送は平日のみ、1651-2050の4時間だけとなった。

Radio New Zealand International, July 1~
DRM Su-Fr.
1651-1850 5975
1851-1950 9760
1951-2050 11690

AM
1651-1858 Sa. 7330
1859-1958 Sa. 9700
1959-2058 Sa. 11725
2100-0458 daily 15720
0459-0658 daily 11725
0659-1258 daily 9700
1259-1650 daily 6170

  
Posted by Hiroshi at 21:36Comments(0)Asia/Oceania

2016年06月30日

6月29日「しおかぜ」

1300代の9900と9950kHz、ジャミングは聞こえない。しかし後半1332あたりから9910kHzへのジャミングが出てくる、結構サイドが広くこれの影響を受けるようになる。拉致問題インフォメーションは6月5日福岡市で開催された「北朝鮮人権侵害問題啓発集会」における加藤拉致問題担当大臣の発言要旨が出ている。
ニュース解説は「ムスダン弾道ミサイル発射成功」について。ふるさとの声は市川修一さんへ、2016年2月収録で義姉の市川龍子さんからのメッセージが出ている。
今週の一曲、朝鮮語は1972年のヒット曲山本リンダの「どうにも止まらない」、この曲は一年前日本語放送で登場している。日本語放送は1968年のヒット曲、黛ジュンの「天使の誘惑」、これも一年ぶりに登場した。

1300の「しおかぜ」は5935kHz、放送開始時はジャミングが確認できなかったが、途中から出てきた。しかし八俣の電波が強くほとんど影響はない。29日水曜日は朝鮮語放送である。「日本政府からのメッセージ」が出ているが、日本語放送と同じ内容で、拉致問題対策本部事務局と特定失踪者問題調査会共催で7月15日に札幌市内で「北朝鮮向け短波ラジオ放送「ふるさとの風」「しおかぜ」共同公開収録in札幌 ~希望の光、届け海を越えて!~ 」の開催が告知されている。この模様は当日1900-2100JST、短波9900kHzで生中継される。
「ふるさとの風」「しおかぜ」共同公開収録生中継
2016年7月15日、金曜日
1000-1200UTC 9900kHz
続く1405の「しおかぜ」も強力に入感している。ジャミングは分からない。この時間は「ふるさとの風」が放送されている。1435放送終了後もジャミングは出ていない。

1430の「ふるさとの風」は9560と9960kHz、両波ともジャミングがない、受信状態は良好である。台湾送信の9560kHzが若干早く聞こえている。
懐かしい日本の歌「お馬」で始まっている。拉致問題解説は松木薫さんについて。1980年5月頃スペイン留学中に消息を絶った。1988年に石岡亨さんから家族あてに8月13日付のポーランドの消印で手紙が届き、よど号ハイジャック犯とその関係者によって増元るみ子さんを含め3人が平壌へ連れて行かれたことが判明している。北朝鮮は1996年8月交通事故で死亡と発表、しかしこれは拉致を認めて2002年に急遽死亡確認書をねつ造したもので客観的なことは何も示されていない。
ふるさとの声は松木薫さんへ、2016年3月18日福岡西鉄ホールで開催された公開収録でのお姉さん斉藤文代さんのメッセージ。帰国も果たせず、両親が亡くなったことを述べている。同じく2番目のお姉さん松木照代さんから、2014年2月28日収録のメッセージ。最後に2016年2月収録の弟さん松木信弘さんからのメッセージ。今日の一曲は松木薫さんへの思いを綴った、ミュージックボランティアうらた剛さん作詞作曲の「薫の約束」でこれまでと同じである。この番組は2016年4月18日、5月6日、15日、24日、6月2日、11日、20日と同じ内容である。
  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年06月29日

HFCC更新

冷戦時代を象徴していたR.Libertyのロシア語放送、段階的に縮小されてきたが、ついに6月26日をもって短波から姿を消した。かつては24時間ジャミングのるつぼと化していた短波放送は今はその見る影もない。

中止された言語はロシア語でコーカサス向け言語も含まれる。白ロシア語も中止された。これまでコーカサス向けが出ていた0400と1600は同じ周波数でチェチェン向けが20分間だけ出ている。
6月27日付で更新されたHFCCではこれらの周波数11波が削除されている。チェチェン向けも20分間だけの登録に変更された。

R.LibertyはChechen、Tajik、Turkmen、Uzbek が細々と続けられているに過ぎない。

HFCC登録数
June 14 4493
June 17 4492
June 19 4500
June 22 4499
June 27 4488
  
Posted by Hiroshi at 14:27Comments(0)Europe

2016年06月29日

6月28日「しおかぜ」

1300の「イルボネパラム」、1330の「ふるさとの風」は9900と9950kHz、両波ともジャミングは無いようだが、台湾からの電波はちょっと弱いようだ。昨日から新しい内容の番組が出ている。
今週の一曲、朝鮮語は1972年のヒット曲山本リンダの「どうにも止まらない」、この曲は一年前日本語放送で登場している。日本語放送は1968年のヒット曲、黛ジュンの「天使の誘惑」、これも一年ぶりに登場した。

1300の「しおかぜ」は5935kHz、ノイズジャミングと中国語の混信でかなり聞きづらい。八俣の電波はいつもの強さがない。火曜日は日本語放送で、失踪者家族からの肉声によるメッセージが出ている。
1985年失踪の秋田美輪さんへ、お父さんの正一郎さん、お母さんの嶺子さんからのメッセージ。
1989年失踪の山下貢さんへ、お母さんのきよ子さんからのメッセージ。
1997年失踪の宮内和也さんへ、お父さんの和見さんからのメッセージ。
2002年失踪の和田佑介さんへ、お母さんのとも子さん、妹さんのとし子さん、しょう子さんからのメッセージ。
1973年失踪の益田ひろみさんへ、お母さんのシゲ子さんからのメッセージ。(お母さんは2015年6月29日、91歳で亡くなられています。)
1984年失踪の山本美保さんへ、妹さんの美砂さん、お母さんの文子さんからのメッセージ。
1325:35に「日本政府からのメッセージ」が出ている、後半1330からも引き続き、拉致および拉致の可能性のある方への、肉声によるメッセージが出ている。
1960年失踪の巽 敏一さんへ、お姉さんの直江さん、妹さんの昭子さんから、弟さんのかおるさんからのメッセージ。
1971年失踪の園田 一さん、敏子さんへ、娘さん 前山利恵子さんからのメッセージ。
1977年拉致された市川修一さんへ、お兄さんの健一さん、お母さんのとみさんからのメッセージ。
1998年失踪の松井綾子さんへ、お母さんの智子さん、お父さんの昭さんからのメッセージ。
1985年失踪の今津純子さんへ、お父さんの守人さん、叔母さんのしずこさんからのメッセージ。
1981年失踪の安達俊之さんへ、お母さんさんの道子さんからのメッセージ。
1981年失踪の長尾直子さんへ、お母さんのケイ子さんからのメッセージ。
以上の方々の声が放送された、1355:35にも「日本政府からのメッセージ」が放送されている。この番組は、2014年6月4日、7月30日、10月8日、12月3日、2015年2月18日、4月15日、6月10日、8月5日、10月6日、11月17日、2016年1月12日、2月23日、5月17日と「日本政府からのメッセージ」を含めすべて同じ内容である。これは2015年8月5日の受信音。↑

  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年06月28日

6月27日ふるさとの風

今日からまた一部新しい内容の番組が出ている。1300代の9900と9950kHzは全くジャミングがない、特に9900kHzの台湾送信は強力である。6月29日は36年前拉致された石岡亨さんの誕生日、59歳である。拉致問題インフォメーションは6月5日福岡市で開催された「北朝鮮人権侵害問題啓発集会」における加藤拉致問題担当大臣の発言要旨が出ている。
ニュース解説は「ムスダン弾道ミサイル発射成功」について。1340頃からジャミングが被ってくるが、これは9910kHzのKTWRへのものである。ふるさとの声は市川修一さんへ、義姉の市川龍子さんからのメッセージが出ている。2016年2月収録である。
今週の一曲、朝鮮語は1972年のヒット曲山本リンダの「どうにも止まらない」、この曲は一年前日本語放送で登場している。日本語放送は1968年のヒット曲、黛ジュンの「天使の誘惑」、これも一年ぶりに登場した。

1300の「しおかぜ」は5935kHz、放送開始前から強力なジャミングが出ている。27日月曜日は中国語放送が出ている、ジャミングと互角の勝負である。後半1330は朝鮮語である。いずれも失踪者の締め読み上げである。ジャミングの混信で受信状態は悪い。

1405の「しおかぜ」は5935kHz、ジャミングが強く受信状態は悪い。この時間は先週6月20日から1330に放送された「ふるさとの風」の番組がそのまま出ている。

1430の「ふるさとの風」は9560と9960kHzの2波、9960kHzは下からのジャミングの影響を受けている、いつものことながら台湾送信の9560kHzが早く聞こえている。懐かしい日本の歌「月の砂漠」で始まっている、拉致問題解説は石岡亨さんについて。1980年5月頃大学生だった石岡さんはヨーロッパへ出かけたまま行方不明に、1988年家族あてに8月13日付のポーランドの消印で手紙が届き平壌で暮らしていることがわかった。こうして有本恵子さん、松木薫さん3人が北朝鮮に拉致されたことが判明、1984年11月4日死亡と北朝鮮は発表している。松木薫さんを含めた3人は、よど号ハイジャック犯とその関係者によって平壌に連れていかれたことが判明している。小泉総理の訪朝が決まると、2002年に急遽死亡したことにされてしまった。
ふるさとの声は石岡亨さんへのメッセージ、2016年2月のお兄さん石岡章さんからの肉声によるメッセージが出ている。今日の一曲は1979年のヒット曲円広志の「夢想花」、とんでとんでとんでと何回も出てくる特徴のある歌で、いつまでも記憶に残っている曲のひとつである。この番組は2016年4月16日、25日、5月4日、22日、31日、6月9日、18日と同じ内容である。

  
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年06月27日

6月26日「しおかぜ」

1300代の「イルビネパラム」朝鮮語と「ふるさとの風」は9900kHzと9950kHz、9950kHzにはジャミングが出ているようだが、9910kHzのおこぼれの可能性も否定できない。これまでの例では9910kHzへのジャミングが止まるとこのふき日台が静かになる。拉致問題インフォメーションは6月1日日米韓の六者会合首席代表者による会合が開催され、概要が報告された。
ニュース解説は「スタンフォード大学で北朝鮮問題に関する国際会議」について。あるがままの北朝鮮を意識して交渉しなければならないと力説している。ふるさとの声は曽我ひとみさんからの日本語と朝鮮語のメッセージ、2016年2月に収録したものである。19歳で拉致されたひとみさんは今年57歳である。
今週の一曲朝鮮語はZooのChoo Choo Train、日本語は1968年のヒット曲ザ・タイガースの「花の首飾り」である。

1300の「しおかぜ」は5935kHz、ジャミングが結構強い、次第に八俣の電波も強くなり1320ごろにはジャミングも目立たなくなった。昨日と同じ番組で、朝鮮語のあと1330から日本語放送である。
救出への道コーナーのあと1352:17の日本政府からのメッセージは、来る7月15日に拉致問題対策本部事務局と特定失踪者問題調査会共催で7月15日に札幌市内で「北朝鮮向け短波ラジオ放送「ふるさとの風」「しおかぜ」共同公開収録in札幌 ~希望の光、届け海を越えて!~ 」の開催が告知された。この模様は当日1900-2100JST、短波9900kHzで生中継される。
「ふるさとの風」「しおかぜ」共同公開収録生中継
2016年7月15日、水曜日
1000-1200UTC 9900kHz

1405の「しおかぜ」は5935kHz、ジャミングは弱くほとんど聞こえない、八俣の信号はさらに強く、きりあーに聞こえている。この時間は「ふるさとの風」が放送されている。

1430の「ふるさとの風」は9560と9960kHz、両波ともジャミングは聞こえないが9910kHzには強力なジャミングが出ている。受信状態は良好である。懐かしい日本の歌「どんぐりころころ」で始まった。 拉致問題解説は松本京子さんについて。2006年11月20日に17人目の拉致被害者に認定された。鳥取県米子市で1977年10月21日夜、自宅近くの編み物教室に出かけたまま拉致され行方不明に、北朝鮮は入国した事実はないとして、拉致を認めていない事案でもある。29歳で拉致された経緯などが紹介されている。
続くふるさとの声は拉致被害者松本京子さんへ、2016年2月に収録のお兄さん松本肇さんからの新しいメッセージ。そして2015年8月に日本政府が制作した松本肇さんのビデオメッセージ。京子さんが当時縫製会社に勤めていた同僚だった友人福本成子さんとウメさん二人から2007年の収録メッセージ、同級生矢倉修さんからも、これも2007年収録で過去放送されたメッセージと同じ内容ある。
今日の一曲は1977年のヒット曲狩人の「あずさ2号」、いまだに旅立ったまま、生涯帰ることのできない人はどんな思いで聞くのだろう。この曲で一躍有名になった列車で、現在新宿8時発は特急スーパーあずさ5号である。最後の周波数アナウンスは台湾送信の日本語放送は9900、9560、9470kHz、朝鮮語放送は9900、9765kHzのみでパラオの周波数アナウンスは無い。この番組は2016年4月15日、24日、5月3日、12日、6月8日、17日と同じ内容である。
  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年06月26日

6月25日ふるさとの風

1300代の9900と9950kHz、ジャミングは出ていない。台湾送信も強力で受信状態は良い。この時間は毎日同じ番組が出ている。拉致問題インフォメーションは6月1日日米韓の六者会合首席代表者による会合が開催され、概要が報告された。
ニュース解説は「スタンフォード大学で北朝鮮問題に関する国際会議」について。あるがままの北朝鮮を意識して交渉しなければならないと力説している。ふるさとの声は曽我ひとみさんからの日本語と朝鮮語のメッセージ、2016年2月に収録したものである。19歳で拉致されたひとみさんは今年57歳である。
今週の一曲朝鮮語はZooのChoo Choo Train、日本語は1968年のヒット曲ザ・タイガースの「花の首飾り」である。

1405の「しおかぜ」は5935kHz、八俣の信号は極めて強くクリアーに聞こえている。先週放送された「ふるさとの風」が出ている。

1430の「ふるさとの風」は9560と9960kHz、パラオ送信の9960kHzはジャミングが出ているように聞こえるが、これは9910kHzへのジャミングで広帯域に妨害を与えている。懐かしい日本の歌は「ずいずいずっころばし」で始まった。拉致問題解説は市川修一さんについて、1978年8月12日、鹿児島県日置郡から増元るみ子さん当時23歳と共に拉致された。2002年北朝鮮は拉致を認め1979年9月4日死亡としているが、泳げなかった市川さんが、初冬に川で溺死したことにして、にわか死亡通知書を作成、客観的事実は何もなく信用できる内容ではない。これも北朝鮮にとっては死亡したことにしないと都合の悪い拉致事件である。
ふるさとの声は、市川修一さんへ、お兄さんの市川健一さんからのメッセージは2016年2月24日収録の新しいものに差し替えられている。続いてお姉さん市川龍子さんからも2016年2月24日収録のメッセージ。このあと中学高校生時代の友人花牟礼薫さん、小中学校同級生の高山孝一さんからのメッセージは2007年に収録されたものが出ている。今日の一曲は1972年のヒット曲、吉田拓郎の「結婚しようよ」、これは2015年5月以来の登場となった。
最後の周波数アナウンスは台湾送信の日本語放送は9900、9560、9470kHz、朝鮮語放送の9900、9765kHzのみでパラオの周波数アナは無い。この番組は2016年4月14日、23日、5月2日、11日、20日、6月16日と同じ内容である。
  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年06月25日

共同公開収録札幌で開催

1300の「しおかぜ」は5935kHz、ジャミングは出ているが全く影響はない、受信状態は極めて良好である。25日土曜日は日本語放送から。後半1330は朝鮮語放送が出ている。
まず調査会の特別検証について。さる6月10日、秋田県において特別検証を行った。これについては産経新聞が報道している。秋田県内で生起した北朝鮮工作員らによる密出入国事案の現場海域を主に海上から検証し、あわせて秋田県関連の特定失踪者の事案等の関連性について検討、男鹿脇本事件及び同時期近隣地域での不審人物目撃情報、脇本海岸は遠浅の海岸で砂浜の先は防風林になっていて人目に付きにくい。また男鹿半島が防波堤の役割をして波が静かであり密出入国に適地であると実感した。特に運動能力の高い工作員ではない一般人(拉致被害者も含め)の移送には容易に浸透できる場所が必要と思われ、その意味でも男鹿脇本事件以前にはかなり頻繁に使っていたものと想像された。
続いて招待所について、四国で行われた非公開の集会において、「招待所」について話し合いがされた模様。平壌からさほど遠くない場所で多くの拉致被害者たちが生活していたとされる。張成沢(チャンソンテク)氏について。
1322:25に「日本政府からのメッセージ」が出ている。この中で拉致問題対策本部事務局と特定失踪者問題調査会共催で7月15日に札幌市内で「北朝鮮向け短波ラジオ放送「ふるさとの風」「しおかぜ」共同公開収録in札幌 ~希望の光、届け海を越えて!~ 」の開催が告知された。この模様は当日1900-2100JST、短波9900kHzで生中継される。

「ふるさとの風」「しおかぜ」共同公開収録生中継
2016年7月15日、金曜日
1000-1200UTC 9900kHz


  
Posted by Hiroshi at 23:31Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年06月25日

6月24日「しおかぜ」

1300代の9900と9950kHz、どちらも台湾送信だが、9900kHzの方がはるかに強い。また0.7秒ほど遅れて聞こえている。両波ともジャミングは全くない。前半朝鮮語、後半日本語放送である。拉致問題インフォメーションは6月1日日米韓の六者会合首席代表者による会合が開催され、概要が報告された。
ニュース解説は「スタンフォード大学で北朝鮮問題に関する国際会議」について。あるがままの北朝鮮を意識して交渉しなければならないと力説している。ふるさとの声は曽我ひとみさんからの日本語と朝鮮語のメッセージ、2016年2月に収録したものである。19歳で拉致されたひとみさんは今年57歳である。
今週の一曲朝鮮語はZooのChoo Choo Train、日本語は1968年のヒット曲ザ・タイガースの「花の首飾り」である。

1300の「しおかぜ」は5935kHz、1242にPipジャミングが出てきたが八俣の信号が極めて強力、S9+50dBまで振っている。受信状態は良好である。金曜日は前半、後半とも朝鮮語放送である。
1405の「しおかぜ」も5935kHz、引き続きローカル局並みに入感している。この時間は毎日同じ番組で「ふるさとの風」が放送されている。

1430の「ふるさとの風」は9560と9960kHz、この時間もジャミングは全くない。受信状態は良好である。懐かしい日本の歌「春の歌」で始まった。拉致問題開設は有本恵子さんの事案について。1983年7月ごろコペンハーゲンから手紙が届いたのを最後に行方不明に。1988年に石岡亨さんから家族あてに8月13日付のポーランドの消印で手紙が届き、松木薫さんら3人はよど号ハイジャック犯らの手によって北朝鮮に拉致されたことが判明している。そして1988年11月4日に家族全員死亡と北朝鮮は虚偽報告している。
ふるさとの声は有本恵子さんご家族からのメッセージ、お父さん有本明弘さんから、2015年8月日本政府制作のビデオメッセージ。続いてお母さん有本加代子さんから、2015年3月収録メッセージと2015年8月日本政府制作のビデオメッセージが出ている。
今日の一曲は1968年のヒット曲、ザ・タイガースの「花の首飾り」、約一年ぶりの登場である。この番組は2016年4月21日、5月1日、10日、19日、28日、6月6日と同じ内容である。
  
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年06月24日

CRI停波中

あまりにも多くの周波数が使われており、少々止まったぐらいでは気付かない。時々メンテナンスのためか、停波している周波数が散見される。
今回止まっているのは北京送信の500kW送信機4台ほどと推定できる。6月22日から止まっている。

6月22日から停波している周波数。
5975 2200-2300 Chinese
5985 1600-2100 Swahili
6135 2100-2200 Croatian
7285 1300-1400 Mongolian
7325 2100-2200 English
9525 1900-2000 Russian
9540 1100-1200 Cantonese
9550 1100-1700 Vietnamese
9560 2300-0100 Portuguese
9570 1600-1800 English
9600 1800-1900 English
9645 1100-1300 Cantonese/English
9670 1800-1900 Persian
9730 1300-1400 English
9890 1100-1200 Russian
11635 1000-1100 English
11750 1100-1200 Chinese
11770 0000-0100 Vietnamese
11875 0000-0100 Mongolian
11910 1200-1400 Amoy/English
12015 1700-1800 English
13570 1700-1800 Esperanto
13590 1000-1200 English
13850 0900-1100 Chinese
15120 0300-0700 English/Chinese
17855 0400-0600 English

  
Posted by Hiroshi at 07:04Comments(0)Taiwan/China

2016年06月24日

6月23日ふるさとの風

1300の「しおかぜ」は5935kHz、いつも出てくるジャミングが確認できないというよりも弱くて良く分からない。八俣の信号は強く受信状態は良好である。木曜日は前半、後半とも英語放送が出ている。1325:21に「日本政府からのメッセージ」が出ている。
1405の「しおかぜ」もクリアーに聞こえている。この時間は毎日同じ番組で、先週1330に放送された「ふるさとの風」が出ている。拉致問題インフォメーションは5月25日伊勢志摩サミットにおけるオバマ大統領との首脳会談から、北朝鮮に関する部分のやりとりから。また28日デビー・イトゥノ・チャド大統領、ハシナ・バングラデシュ首相、シリセーナ・スリランカ大統領、トンルン・ラオス首相、フック・ベトナム首相との会談も伝えている。ニュース解説は「中国専門家の見方」について。
ふるさとの声は3月18日開催された合同公開収録から増元留美子さんのお姉さん平野フミ子さんのメッセージ。今週の一曲は1978年のヒット曲、堀内孝雄「君の瞳は一万ボルト」、2012年、2015年10月にも登場している。

1300の9900と9950kHz、ジャミングは全く聞こえない、出ていないと思われる。ただ9910kHzへは1333からジャミングが出ており、その影響が若干あるようだ。
23日木曜日はこのあと1430と1600も同じ番組が出ている。通算で468週目の番組、拉致問題インフォメーションは6月1日日米韓の六者会合首席代表者による会合が開催され、概要が報告された。その内容は、
本会合では,先般の朝鮮労働党大会の結果と最近の北朝鮮情勢を分析し,認識を共有するとともに,今後の北朝鮮政策について意見交換を行いました。また,核・ミサイル・拉致といった北朝鮮をめぐる諸懸案の解決に向けて,三か国で緊密に連携して対応していくことを確認しました。
また,北朝鮮が,5月31日の弾道ミサイル発射を含め,核・ミサイル開発を継続する姿勢を示していることは断じて容認できず,北朝鮮に対し,挑発行動を自制し,安保理決議等を遵守するよう強く求めていくとともに,諸懸案の解決に向け,実効的な圧力を強化していくことで一致しました。
なお,拉致問題の解決に向けた我が国の取組についても,改めて米韓両国から理解と支持を得ました。

ニュース解説は「スタンフォード大学で北朝鮮問題に関する国際会議」について。あるがままの北朝鮮を意識して交渉しなければならないと力説している。ふるさとの声は曽我ひとみさんからの日本語と朝鮮語のメッセージ、2016年2月に収録したものである。19歳で拉致されたひとみさんは今年57歳である。
今週の一曲朝鮮語はZooのChoo Choo Train、日本語は1968年のヒット曲ザ・タイガースの「花の首飾り」である。
  
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年06月23日

6月22日ふるさとの風

1300の「イルボネパラム」はジャミングもなくクリアーである。1326には9910kHzへジャミングが出てきたがこの時点では影響はない。しかし1334過ぎに一層強くなり9900kHzの「ふるさとの風」も聞きづらくなってきた。1357放送終了後もジャミングがうるさい、これが9910kHzへのものか9900kHzへもかけ始めたのか判断がむつかしい。
今週の一曲朝鮮語はZooのChoo Choo Train、昨年8月以来の登場である。日本語は1968年のヒット曲ザ・タイガースの「花の首飾り」である。

1300の「しおかぜ」は5935kHz、30分以上も前からジャミングを出しているが弱い。八俣の電波は強く全く影響はない。22日水曜日は前半、後半とも朝鮮語放送が出ている。
続く1405の「しおかぜ」もジャミングの影響は分からない。「ふるさとの風」がクリアーに聞こえている。

1430の「ふるさとの風」は9560と9960kHz、この時間、台湾送信の9560kHzパラオ送信の9960kHz共にジャミングは全くない。懐かしい日本の歌「汽車」で始まった。拉致問題解説は田口八重子さんについて。1978年6月ごろ東京高田のベビーホテルに2歳と1歳の子供を残したまま拉致された。当時22歳である。日本人を偽装し大韓航空機爆破事件を起こした北朝鮮工作員・金賢姫(キム・ヒョンヒ)の証言から、田口八重子さんがこの北朝鮮工作員の教育係を務めたことが明らかになっている。北朝鮮はこうした事実や大韓航空機爆破事件そのものへの関与を完全に否定している。しかし、田口さんは、別の拉致被害者(2002年に帰国)に対して、「1981年から1983年にかけて「オッカ」(=金賢姫の別名)という名の女性工作員と共同生活した」ことが確認されている。
また、北朝鮮は、「田口さんは、1984年に別の拉致被害者・原敕晁さんと結婚し、1986年7月に原さんが病死したため、精神的な慰労のための旅行中に交通事故で死亡した」と説明している。しかし、帰国した拉致被害者は、田口さんとは1986年7月頃まで同じ招待所にいたが結婚の事実はなかったと証言しており、したがって、「原さんの死後、交通事故で死亡した」という北朝鮮側の説明は信用できるものではない。
北朝鮮側は、田口さんが大韓航空機爆破事件の実行犯の教育係を務めていたという事実を隠そうとしている。もちろん事件そのものを北朝鮮は韓国のでっち上げだとし認めていない、韓国も機体引き上げの捜査をしないなどおかしな事件である。
ふるさとの声は田口八重子さんへのメッセージ、お兄さんの飯塚繁雄さんから2015年3月4日収録されたもの。続いて2016年2月7日に政府拉致問題対策本部、東京都の共催により開催された、「北朝鮮拉致問題の解決を願う都民の集い」における収録から。そしてお兄さん本田勝さんからのメッセージは2016年2月に収録されたメッセージ、地元の民謡を歌っている。最後に2015年9月に東京で開催された「最終決戦のとき!不退転の決意で全員救出を!国民大集会」で収録した飯塚耕一郎さんからのメッセージが出ている。今日の一曲は1975年のヒット曲布施晃の「シクラメンの香り」である。この番組は2016年4月20日、29日、5月8日、17日、26日、6月4日、13日と同じ内容である。
  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年06月22日

国民統一放送

6月21日付の中日新聞夕刊に「国民統一放送」についての記事が掲載されている。放送の生い立ちから現状まで詳しく書かれている。具体的な放送スケジュールは書かれていないが、なぜかタジキスタンから放送していることだけが書かれている。
勿論この放送毎日短波11550kHzで1300-1600の3時間放送されている、夏至の21日を含めこのところジャミングのない日も多い。

  
Posted by Hiroshi at 02:02Comments(0)S.N.Korea

2016年06月22日

6月21日「しおかぜ」

1300の「しおかぜは5935kHz、ジャミングは出ているが八俣の電波が超強力、受信状態は極めて良好である。火曜日は日本語放送で失踪者、拉致被害者家族からの肉声によるメッセージが出ている。
1965年失踪の坂本とし子さんへ、お姉さん亀山葉子さんからのメッセージ、
1968年失踪の斉藤裕さんへ、お姉さんの斉藤由美子さん、お兄さんの斉藤和美、ご友人の稲井英好さんからのメッセージ。
1973年失踪の古川了子さんへ、お姉さん竹下珠路さんからのメッセージ、「ふるさと」の歌も披露されている。
1974年失踪の山下春夫さんへ、お兄さん山下寛久さんからのメッセージ。
1977年拉致された横田めぐみさんへ、お母さんの早紀江からのメッセージ。
1982年失踪の藤山恭郎さんへ、お父さんの穣さん、お母さんの次女さんからのメッセージ。
1967年失踪の城崎暎子さんへ、お姉さんの百合子さんからのメッセージ。
1967年失踪の紙谷慶五郎、圭剛、礼人、速水さんへ、三女北越優子さんからのメッセージ。
1995年失踪の曽我畠隆文、お父さんの隆文さん、お母さんからのメッセージ。
1325:35に「日本政府からのメッセージ」が出ている。 後半1330からも拉致被害者らへの家族からの肉声による呼びかけが出ている。
1972年拉致された田口八重子さんへ、お兄さんの飯塚繁雄さん、本間勝さんからのメッセージ。
1978年拉致された増元るみ子さんへ、お姉さんの平野フミ子さん、弟さんの増元照明さんから。
1980年拉致された松木薫さんへ、お姉さんの斉藤文代さんから。
1982年失踪の堺弘美さんへ、お母さんのシズさんから。
1983年拉致された有本恵子さんへ、お母さんの有本嘉代子さん、お父さんの有本明弘さんから。
1991年失踪の森本規容子さんへ、お母さんの幸子さんからのメッセージ。
この後1355:32にも「日本政府からのメッセージ」が出ている、これは「ふるさとの風」のコマーシャルで放送スケジュールなどがアナウンスされている。この番組は2014年5月21日、7月16日、9月24日、11月19日、2015年2月4日、4月1日、5月27日、7月22日、9月23日、11月10日、12月22日、2016年2月16日、3月29日、5月10日と日本政府からのメッセージ内容も含めすべて同じである。

1300代の朝鮮語と日本語放送は9900と9950kHz、今日もジャミングは聞こえない。受信状態は極めて良好である。昨日から新しい内容である。拉致問題インフォメーションは6月1日日米韓の六者会合首席代表者による会合が開催され、概要が報告された。
ニュース解説は「スタンフォード大学で北朝鮮問題に関する国際会議」について。あるがままの北朝鮮を意識して交渉しなければならないと力説している。ふるさとの声は曽我ひとみさんからの日本語と朝鮮語のメッセージ、2016年2月に収録したものである。19歳で拉致されたひとみさんは今年57歳である。
今週の一曲朝鮮語はZooのChoo Choo Train、日本語は1968年のヒット曲ザ・タイガースの「花の首飾り」である。

1405の「しおかぜ」は5935kHz、1300と同様受信状態は極めて良好である。先週1330に放送された「ふるさとの風」が出ている。開始アナウンスは、「こちらはJSRしおかぜです。東京から北朝鮮におられる拉致被害者のみなさん、様々な事情で北朝鮮に渡って戻れなくなった皆さんへ、放送を通じて呼びかけを行っています。しおかぜでは拉致被害者救出、北朝鮮包囲網形成のため、これまでも日本政府とあらゆる形で連携を図ってきました。この時間は日本政府制作による日本語番組「ふるさとの風」をお送りします。最後までお聞きください。」

終了アナウンスは、「こちらはJSRしおかぜです。東京から北朝鮮におられる拉致被害者のみなさん、様々な事情で北朝鮮に渡って戻れなくなった皆さんへ、放送を通じて呼びかけを行っています。この時間は日本政府制作による日本語番組「ふるさとの風」をお送りしました。拉致被害者の皆さんにはこれまで」放置してきたことをお詫び申し上げます。必ず助け出します。それ以外の方々も自由に日本に戻れるように努力しています。もう少しの間頑張ってください。もしこの放送が受信できなくなった場合には、この近辺を探してみてください。
しおかぜは北朝鮮当局による妨害電波対策のため複数の周波数で放送しています。またほかの北朝鮮向け放送と連携していますので、そちらの時間で夜10時30分から深夜2時30分ごろまでは必ずどこかで放送しています。私たちは皆さんを必ず救出するため様々な努力をしています。番組からの情報を注意して聞いてください。北朝鮮情勢など当局の体制に変化が起きた場合には緊急避難放送もお伝えします。こちらはJSRしおかぜです。東京から北朝鮮におられる拉致被害者のみなさん、様々な事情で北朝鮮に渡って戻れなくなった皆さんへ、放送を通じて呼びかけを行っています。また明日この時間にお会いしましょう、お体をお大事に、こちらはJSRしおかぜです。」


1430の「ふるさとの風」は9560と9960kHz、どちらもジャミングは無い。受信状態は良好である。懐かしい日本の歌「肩たたき」で始まった。拉致問題解説は増元るみ子さんについて。1978年8月12日鹿児島県吹上浜で市川修一さんとともに拉致された。二人は1979年7月20日結婚し、1981年8月17日死亡したとされる。何の前触れもなく心臓マヒで死亡したというのはいかにも不自然であり、2002年北朝鮮の捏造死亡診断書で死んだことにされてしまった。
ふるさとの声は増元るみ子さんへ。お姉さん平野フミ子さんから2016年3月福岡西鉄ホールで開催された公開合同収録したメッセージ。続いて平野フミ子さんから2015年9月東京で開催された「最終決戦のとき!不退転の決意で全員救出を!国民大集会」における訴えが出ている。18年たってもたった8人しか帰国していないと深刻な訴えである。同じく2015年8月日本政府収録のビデオメッセージから。
続いて中学生時代の同級生メイソンSもと子さんの訴えは2013年2月収録、小中学校の同級生苅谷達郎さんのメッセージ、これも2013年2月の収録。
今日の一曲は、1976年のヒット曲沢田研二「コバルトの季節の中で」、1978年秋から約一年間、蓮池由紀子さんと増元るみ子さんが北朝鮮で一緒に暮らしていた際、由紀子さんがるみ子さんによく歌っていたという。この番組は2016年4月28日、5月7日、16日、25日、6月3日、12日と同じ内容である。
  
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年06月21日

6月20日ふるさとの風

今日からまた一部新しい番組が始まている。1300代の9900と9950kHzはジャミングもなくクリアーに聞こえている。拉致問題インフォメーションは6月1日、東京において,石兼公博アジア大洋州局長、ソン・キム米国国務省北朝鮮政策担当特別代表、金烘均(キム・ホンギュン)韓国外交部朝鮮半島平和交渉本部長の参加の下、日米韓の六者会合首席代表者による会合が開催され、概要が報告された。
本会合では,先般の朝鮮労働党大会の結果と最近の北朝鮮情勢を分析し,認識を共有するとともに,今後の北朝鮮政策について意見交換を行いました。また,核・ミサイル・拉致といった北朝鮮をめぐる諸懸案の解決に向けて,三か国で緊密に連携して対応していくことを確認しました。
また,北朝鮮が,5月31日の弾道ミサイル発射を含め,核・ミサイル開発を継続する姿勢を示していることは断じて容認できず,北朝鮮に対し,挑発行動を自制し,安保理決議等を遵守するよう強く求めていくとともに,諸懸案の解決に向け,実効的な圧力を強化していくことで一致しました。
なお,拉致問題の解決に向けた我が国の取組についても,改めて米韓両国から理解と支持を得ました。

ニュース解説は「スタンフォード大学で北朝鮮問題に関する国際会議」について。あるがままの北朝鮮を意識して交渉しなければならないと力説している。ふるさとの声は曽我ひとみさんからの日本語と朝鮮語のメッセージ、2016年2月に収録したものである。19歳で拉致されたひとみさんは今年57歳である。
今週の一曲は1968年のヒット曲ザ・タイガースの「花の首飾り」、この6月6日にも登場している。

1300の「しおかぜ」は5935kHz、八俣の信号が強く、ジャミングもほとんど影響はない。月曜日は前半、後半とも拉致被害者、失踪者の氏名生年月日の読み上げである。
1405の「しおかぜ」も5935kHz、受信状態は良好である。先週1330に放送された「ふるさとの風」が出ている。

1430の「ふるさとの風」は9560と9960kHz、両波ともジャミングがない、受信状態は良好である。台湾送信の9560kHzが若干早く聞こえている。
懐かしい日本の歌「お馬」で始まっている。拉致問題解説は松木薫さんについて。1980年5月頃スペイン留学中に消息を絶った。1988年に石岡亨さんから家族あてに8月13日付のポーランドの消印で手紙が届き、よど号ハイジャック犯とその関係者によって増元るみ子さんを含め3人が平壌へ連れて行かれたことが判明している。北朝鮮は1996年8月交通事故で死亡と発表、しかしこれは拉致を認めて2002年に急遽死亡確認書をねつ造したもので客観的なことは何も示されていない。
ふるさとの声は松木薫さんへ、2016年3月18日福岡西鉄ホールで開催された公開収録でのお姉さん斉藤文代さんのメッセージ。帰国も果たせず、両親が亡くなったことを述べている。同じく2番目のお姉さん松木照代さんから、2014年2月28日収録のメッセージ。最後に2016年2月収録の弟さん松木信弘さんからのメッセージ。今日の一曲は松木薫さんへの思いを綴った、ミュージックボランティアうらた剛さん作詞作曲の「薫の約束」でこれまでと同じである。この番組は2016年4月18日、5月6日、15日、24日、6月2日、11日と同じ内容である。
  
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2016年06月20日

特定失踪者 国内で発見

拉致濃厚として特定失踪者リストに上がっていた人が今月日本国内で生活していることが確認された。すでに一部報道もされており19年ぶりに所在が分かったことは何よりである。

特定失踪者問題調査会NEWS2226から。
 昨日お伝えした宮内和也さんの所在確認について、私たちとしては拉致濃厚(いわゆる「1000番台リスト」)に入れていた人でもあり、正直なところ判断ミスがあったことは認めなければなりません。ご迷惑をおかけした各方面にはお詫び申し上げます。

 今後私たちがどの部分で間違ったのかは検証していくつもりですが、これまでもそうであったように一旦見つかればその後はご本人及びご家族のプライバシーにかかわる問題が出てきますので結果を公表することはできないかも知れません。その点はご理解下さい。

 残念ながら「山本美保さんDNAデータ偽装事件」でも分かるように政府・警察には拉致問題を隠蔽しようとする力が常に働いています。その点は「拉致問題を解決する」と言っている安倍総理のもとでも基本的な変化はありません。もし「DNAデータ偽装事件」だけが特別なのであれば、とっくに事件の真相は明らかになっているでしょうし、警察の発表が正しいのなら12年前にDNA鑑定書は公開されているはずです。そうならないのは、今も隠されている同様の第2第3の事件があるということです。

 実際横田めぐみさんの事件でさえ韓国の情報機関から情報が伝えられたとき日本政府は本人を特定までしながら握りつぶし、平成9年(1997)西村眞悟議員の質問と産経・AERAの報道で初めて動き出しました。昭和63年(1988)、おそらくかなりの覚悟をして当時の梶山静六国家公安委員長がアベック拉致を北朝鮮によるものと答弁したときでさえ、政府としては救出の手段を講じようとしませんでした。その構造から考えれば、宮内さんも含め国内にいたという発表についても、少なくともその発表時期などに意図がある可能性はある程度考慮の必要があると思います。「検証」にはこの点ももちろん含みます。

 今回のことで「他の特定失踪者も拉致でないのではないか」と思われた方もおられるでしょう。確かに今後も拉致でなく国内で発見される方はおられると思います。しかし基本的には「拉致でした。良かったですね」とはならないわけで、拉致でなく国内でご無事で見つかる方が良いことは間違いありません。

 残念ながら政府が真相を隠している以上、拉致の可能性のある失踪の中から絞り込んでいくやり方以外に拉致問題を明らかにできる手立てはありません。それは常にリスクを背負っているのですが、特定失踪者問題調査会はもともとリスクを背負い込むために立ち上げた団体です。様々な試行錯誤を積み重ねながら今後もこのやり方を続けて参ります。ご理解を賜りますようよろしくお願い申しあげます。
  
Posted by Hiroshi at 21:31Comments(0)Japan

2016年06月20日

6月19日「しおかぜ」

1300代の9900と9950kHzは今日もジャミングは無い、受信状態は良好である。一週間同じ番組が続いた。拉致問題インフォメーションは5月25日伊勢志摩サミットにおけるオバマ大統領との首脳会談から、北朝鮮に関する部分のやりとりから。また28日デビー・イトゥノ・チャド大統領、ハシナ・バングラデシュ首相、シリセーナ・スリランカ大統領、トンルン・ラオス首相、フック・ベトナム首相との会談も伝えている。
ふるさとの声は3月18日開催された合同公開収録から増元留美子さんのお姉さん平野フミ子さんのメッセージ。今週の一曲、朝鮮語はウルフルズの「ガッツだぜ!!」、2015年5月、2016年3月にも登場している。日本語は1978年のヒット曲、堀内孝雄「君の瞳は一万ボルト」、2012年、2015年10月にも登場している。
最後の周波数アナウンスは朝鮮語、日本語とも4月1日から追加された台湾送信のみである。

1300の「しおかぜ」は5935kHz、ノイズジャミングが出ているが八俣の信号の方がはるかに強い、影響はほとんどない。先週並びに昨日と同じ番組である。前半朝鮮語、後半は日本語放送である。
劇団夜想会の総務担当の石村昌一さんからのメッセージが出ている。全国各地で「めぐみへの誓い」を公演している劇団で、2014年以降は内閣府の主催で行われている。
続いてG7先進7ヶ国首脳会談について。韓国外相が初めてキューバを訪問したというニュース。
救出への道コーナーでは、6月5日福岡市役所で「北朝鮮人権侵害問題啓発集会」開催された様子などについて。
1405の「しおかぜ」も5935kHz、引き続き受信状態は良い。この時間は「ふるさとの風」が放送されている。

1430の「ふるさとの風」は9560kHz台湾送信と9960kHzパラオ送信の2波である。両波ともジャミングは全くない、受信状態は極めて良好である。懐かしい日本の歌「ないしょばなし」で始まった。拉致問題解説は曽我ミヨシさん当時46歳について。1978年8月12日夜、佐渡島からひとみさん(当時19歳)と共に行方不明になった。日本政府の無策ぶりが露呈した事件で、2002年10月ひとみさんが帰国するまで、拉致されていることさえ分からなかった。その後の調査で在日朝鮮人が関与していることも分かっている、実行犯キムヨンスクを2004年11月に国際手配、犯人の引き渡しを求めているというが何の解決にも至っていない。関係者はいまも日本国内で通名を使い普通に生活している特別永住者の一人である。日本にはスパイを取り締まる法律はない、今も日本国内で工作員が活動している。
ふるさとの声は曽我ミヨシさんへ、2016年2月収録で曽我ひとみさんの日本語と朝鮮語(日本語放送では韓国語と言っている)によるメッセージが出ている。母と離れ離れになってもう38年になる。続いて2015年9月東京で開かれた「最終決戦の時、不退転の決意で全員救出を!国民大集会」で収録したひとみさんの訴えが出ている。
今日の一曲は1976年のヒット曲荒井由実の「あの日にかえりたい」、2013年11月以来の登場。この番組は2016年4月15日、17日、26日、5月14日、23日、6月1日、10日と同じ内容である。

  More
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze