2019年03月17日

KTWR 7500kHz

毎週日曜日のお楽しみ日本語放送、フレンドシップラジオは今日も強力である。とりあえず3月31日までは放送されるが、4月7日以降は短波放送継続が困難として、現時点では放送されるのかは未定とのアナウンスが出ていた。

同じグアムからのLeading the Wayは引き続き放送される模様。

またパラオからの並平女史による日本語放送は、相変わらず古い番組の再放送が続いているが、これも継続されるようだ。

南アからの短波放送はこの3月31日をもってすべて廃止されることになった。Radio RSAでよく聞こえていた時代からの短波放送にピリオドが打たれることになった。
ここから送信されている海外向け放送もすべて中止される。  
Posted by Hiroshi at 22:59Comments(0)日本語放送

2019年01月13日

1月12日の日本語放送

毎週土曜日は9930kHzパラオからも日本語放送が出ている、しかしもう何年も同じ番組の繰り返し、スケジュールのアナウンスに至っては7~8年前のままである。まあそれでもいまだに続けていること自体奇跡の日本語放送かもしれない。番組制作に特段の労力を必要としない。
同じパラオからは1200にも日本語と同じホストで英語番組が毎週放送されている。このLiving the bibleはパラオに限らず世界各地の局からも数多く放送されている。

このあと1127からは9910kHzでグアム島からのLTWが出ている。12日はISも出ず、頭切れで始まった。いつも強力に聞こえている。

グアテマラからのキリスト系放送Radio Verdadは日本でも時々聞こえているようだ。今でも日本語番組があるのかないのか知らないが、局名アナウンスはスペイン語、英語をはじめ日本語も含め10種類ほどの言語が出ているようだ。

2019年1月12日1020UTCの日本語アナウンス。

  
Posted by Hiroshi at 10:36Comments(0)日本語放送

2018年11月25日

国内中波局送信所

国内中波と短波放送の周波数リストはNDXC SERCHで最新のデータを検索することができる。
周波数を検索すると、送信サイトに緯度・経度のリンクがあり、グーグル地図上で送信所の位置が確認できる。

このほど国内中波局については全局に送信サイトが表示できるようになった。全て確認したわけではないので、タイプミスがあるかもしれない、違うところがあれば知らせていただきたい。

国内中波も、ワイドFM放送へ移行したところもいくつかあるようだ。最近では10月31日をもって639kHzのCBCラジオが廃止されている。
またNHK・民放が同じアンテナ(鉄塔)からというのも数多く見られた。当然テレビと同じ場所というのも多い。

短波放送については秒単位までのデータが乏しく、地図上との照合が進んでおらず、まだほんの一部しかできていない。

  
Posted by Hiroshi at 20:50Comments(0)日本語放送

2018年10月01日

ラジオ日経 短波放送縮小

予告されていたように、ラジオ日経は10月1日から9MHzの使用をやめた。
9月30日と10月1日、6115kHzの放送開始時の受信。→

2018年10月1日からのスケジュール。(JST)
ラジオ日経第一 月~金 0655-2400、 土・日 0800-1800
3925(根室) 0655-0800、1700-2400
6055(千葉) 0655-2400

ラジオ日経第二 月~金 0800-2300、 土・日 0800-1800
3945(千葉) 1900-2300
6115(千葉) 0800-1900

なお初日10月1日は緊急対策として3925と9595kHzも放送している。

  
Posted by Hiroshi at 09:54Comments(0)日本語放送

2018年09月23日

イランIRIB短波放送中止

イランIRIBは、アジア向け4言語の中止を9月22日までにウェブサイトなどで短波放送廃止の告知を出した。各言語ともほぼ同じ内容である。この4言語については2018年9月22日UTCの放送をもって廃止される。
22日2050最後の日本語放送は9765、7355kHzともに良好に聞こえている。
Japanese
ラジオ日本語より、リスナーの皆様への感謝をこめて
IRIB国際放送ラジオ日本語は、2018年9月23日の朝の再放送を持ちまして、短波放送による配信を停止致します。
各メディアの情報発信手段の変化に伴い、IRIB国際放送局は、一部言語のラジオ放送の配信の停止を決定しました。
今後はインターネットやソーシャルメディアによる情報発信の拡大に努めてまいります。
また、制作番組「光の彼方への旅立ち」は、今後もパールストゥデイのウェブサイト上での配信を継続する予定です。
20年近くにわたり、リスナーの皆様の惜しみないご協力とご賛同を頂き、大きな感謝を申し上げるとともに、今後とも、
パールストゥデイ・ジャパニーズのウェブサイト、フェイスブック、インスタグラム、ユーチューブなどのソーシャルメディア
にて情報を発信し続けますので、フォローのほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

Chinese
伊朗华语台短波停播公告
Indonesian
Rilis Radio Melayu Tentang Penghentian Siaran SW
Uzbek
Тингловчиларимиз диққатига!

これ以外の言語については22日現在告知はないが、先行き不透明である。

  more
Posted by Hiroshi at 06:25Comments(0)日本語放送

2018年09月10日

IRIB日本語放送中止

IRIBはそのウェブサイトで9月22にを以って短波放送、インターネット放送を中止すると発表した。

IRIB国際放送ラジオ日本語閉局のお知らせ
1999年7月に開局したIRIB国際放送ラジオ日本語は、9月22日土曜の放送をもちまして、短波およびインターネットともにラジオ放送を終了いたします。

ラジオ日本語のリスナーの皆様へ

1999年7月に開局したIRIB国際放送ラジオ日本語は、9月22日土曜の放送をもちまして、短波およびインターネットともにラジオ放送を終了いたします。

これまでリスナーの皆さまからは、たくさんの受信報告書とともに、暖かいご支援、励まし、時に叱咤のお言葉を頂戴しました。この場をお借りしてスタッフ一同、厚く御礼を申し上げます。

なお、閉局に伴い、ベリカードの発行は9月下旬の発送分が最終便となりますことをご了承下さい。

ラジオ放送は終了いたしますが、インターネットサイトはこれまで同様、日々更新し、新しい情報を皆さまにお届けして参ります。

インターネットサイトアドレスはParstoday.com/jaです。

今後とも、テヘランから発信する情報にご注目いただければ幸いです。

                       IRIB国際放送ラジオ日本語


  
Posted by Hiroshi at 08:00Comments(0)日本語放送

2018年07月14日

LTWM 9910kHz

毎週土曜日に日本語と英語で放送されているLeading the way Ministry、2週続けて出てこなかったのでもう中止されたのかと思ったが、今日7月14日はこれまで通り1127に始まっている。中止ではなかったようだ。
日曜日の英語放送も先週は出ていなかったが、明日は出てくるのか。

Leading the Way Ministry
1127-1157 Sa. 9910kHz Japanese/English

パラオの9930kHzも土曜日は日本語放送が出ている。0800とやや早い時間だが、もう何年も同じアナウンスで始まっている。先週はいつもと同じ番組が出ていたが、今日は中身が違っていた。一部が違うのみで、開始・終了などのアナウンスは8年以上前の古いままである。
同じホストで1200には英語番組が出ている。
0800-0900 Sa. 9930kHz Japanese
1200-1230 Sa. 9930kHz English

日本語放送ではないが、このT8WHは7月12日から9930と9965kHzで1200-1300の一時間英語放送を出している。この時間帯は土日だけ出ていた。金曜日は1200-1230にベトナム語が出ているが1230に終了している。13日は1300まで放送していた。
勿論9930kHzのAngel 3と9965kHzのAngel 5は別内容である。気まぐれ送信か、スケジュール変更かは不明。


  more
Posted by Hiroshi at 22:03Comments(0)日本語放送

2018年01月27日

LTW 9910kHz

毎週土曜日の放送、Lwading The Way Ministry、先週20日は定刻1126からKTWRのISで開始しているが、1128:30から60秒間、1129:57から約40秒、1131:30から30秒、1134:30に約50秒と寸断を繰り返している。その後も1~2秒の停波を幾度となく繰り返していた。

これと同じ送信機かはわからないが、21日の7500kHzの日本語放送はついに電波の出ることはなかった。

7280kHzの朝鮮語番組は火~金の週4日出ているが、追加された金曜日だけは30分で終了している。

そして1月27日のLTWはトラブルもなく放送された。1126にKTWRのISで開始、1157:20に停波している。グアム島からの電波は強く受信状態は良好である。

  
Posted by Hiroshi at 21:03Comments(0)日本語放送

2018年01月10日

RAE世界に向けてアルゼンチン

やはりアルゼンチンの短波放送は幻になってしまいそうだ。WRMIのスケジュールにも混乱があるようで、1月10日は予定通り9455kHzで0800UTCにRAE中国語放送が出てきた。とはいうものの日本での直接受信は絶望的な周波数である。

日本語放送は0900からで10日は間違いなく放送されている。米国西海岸ではよく聞こえているようだ。
WRMIは1月8日に0800から日本語と発表したが、翌9日に訂正して、0800中国語、0900日本語とした。
これ以外の言語に変更はない。
0953に各国語で「ラエ、世界に向けてアルゼンチン」、日本語放送終了のアナウンス。0955にまた各国語のアナウンスが出ている。放送時間、周波数のアナウンスは出ていない。

RAE Argentina to the world
0200-0300 Tu-Sa 9395 English
0800-0900 Tu-Sa 9455 Chinese
0900-1000 Tu-Sa 9455 Japanese
1200-1300 M.-F. 9955, 9455 Portuguese
1900-2000 M.-F. 9395 German
2000-2100 M.-F. 9395 Italian
2200-2300 M.-F. 5950 Spanish
2330-2400 M.-F. 7780 French
  
Posted by Hiroshi at 19:00Comments(0)日本語放送

2017年12月30日

TWR日本語放送

今月から短波送信を中止していたパラオからの日本語放送「主の来臨に備えて」、9930kHzは今日30日は放送されている。この時間帯の短波送信を英語放送も含め再開したようだ。

先週23日から短波送信を始めたグアム島送信の日本語放送、30日も予定通り開始された。9910kHzの受信状態は良好である。
この映画の音声放送は、ほぼ時期を同じくして朝鮮語、中国語、広東語、インドネシア語、ベトナム語などでも短波放送を始めている。
土曜日の放送は12月23日、日曜日の放送は24日から始まっていることが分かった。記録を調べたところ、9975kHzの広東語は12月23日、1345に中国語が終了、一旦キャリアーが切れ1346から広東語が始まっている。それまでは日曜日の放送がなかった時間である。
中東向けなどは週一回の一時間番組だが、アジア向けは30分番組である。短波送信が始まったのはグアム島からのみで、あとは中波、FMでの放送である。

各言語ともKTWRのISに次いで、いきなり番組が始まっており最後に周波数アナウンスが出ている。30日の日本語放送も、頭は11905kHzの中国語が終了した直後の1057に日本語が一瞬出て切れた。そのあと9910kHzへQSYしている。1125に無音になり、スケジュールのアナウンスは出なかった、1126からISが出て次の日本語放送LTWMが始まった。
11905と11965kHzは別送信機である。

Jesus Film Audio, December 23, 2017 ~
0957-1027 Sa. 11905 Chinese
1027-1057 Sa. 11965 Indonesian
1058-1127 Sa. 9910 Japanese
1230-1300 Sa. 12040 Karen, S'gaw
1300-1330 Su. 11580 Vietnamese
1317-1346 Su. 7510 Korean
1346-1416 Su. 9975 Cantonese

Leading The Way Ministry
1128-1157 Sa. 9910 Japanese

Preparing For Jesus
0800-0900 Sa. 9930 Japanese via T8WH, Dec.30
  
Posted by Hiroshi at 20:10Comments(0)日本語放送