2018年01月27日

LTW 9910kHz

毎週土曜日の放送、Lwading The Way Ministry、先週20日は定刻1126からKTWRのISで開始しているが、1128:30から60秒間、1129:57から約40秒、1131:30から30秒、1134:30に約50秒と寸断を繰り返している。その後も1~2秒の停波を幾度となく繰り返していた。

これと同じ送信機かはわからないが、21日の7500kHzの日本語放送はついに電波の出ることはなかった。

7280kHzの朝鮮語番組は火~金の週4日出ているが、追加された金曜日だけは30分で終了している。

そして1月27日のLTWはトラブルもなく放送された。1126にKTWRのISで開始、1157:20に停波している。グアム島からの電波は強く受信状態は良好である。

  
Posted by Hiroshi at 21:03Comments(0)日本語放送

2018年01月10日

RAE世界に向けてアルゼンチン

やはりアルゼンチンの短波放送は幻になってしまいそうだ。WRMIのスケジュールにも混乱があるようで、1月10日は予定通り9455kHzで0800UTCにRAE中国語放送が出てきた。とはいうものの日本での直接受信は絶望的な周波数である。

日本語放送は0900からで10日は間違いなく放送されている。米国西海岸ではよく聞こえているようだ。
WRMIは1月8日に0800から日本語と発表したが、翌9日に訂正して、0800中国語、0900日本語とした。
これ以外の言語に変更はない。
0953に各国語で「ラエ、世界に向けてアルゼンチン」、日本語放送終了のアナウンス。0955にまた各国語のアナウンスが出ている。放送時間、周波数のアナウンスは出ていない。

RAE Argentina to the world
0200-0300 Tu-Sa 9395 English
0800-0900 Tu-Sa 9455 Chinese
0900-1000 Tu-Sa 9455 Japanese
1200-1300 M.-F. 9955, 9455 Portuguese
1900-2000 M.-F. 9395 German
2000-2100 M.-F. 9395 Italian
2200-2300 M.-F. 5950 Spanish
2330-2400 M.-F. 7780 French
  
Posted by Hiroshi at 19:00Comments(0)日本語放送

2017年12月30日

TWR日本語放送

今月から短波送信を中止していたパラオからの日本語放送「主の来臨に備えて」、9930kHzは今日30日は放送されている。この時間帯の短波送信を英語放送も含め再開したようだ。

先週23日から短波送信を始めたグアム島送信の日本語放送、30日も予定通り開始された。9910kHzの受信状態は良好である。
この映画の音声放送は、ほぼ時期を同じくして朝鮮語、中国語、広東語、インドネシア語、ベトナム語などでも短波放送を始めている。
土曜日の放送は12月23日、日曜日の放送は24日から始まっていることが分かった。記録を調べたところ、9975kHzの広東語は12月23日、1345に中国語が終了、一旦キャリアーが切れ1346から広東語が始まっている。それまでは日曜日の放送がなかった時間である。
中東向けなどは週一回の一時間番組だが、アジア向けは30分番組である。短波送信が始まったのはグアム島からのみで、あとは中波、FMでの放送である。

各言語ともKTWRのISに次いで、いきなり番組が始まっており最後に周波数アナウンスが出ている。30日の日本語放送も、頭は11905kHzの中国語が終了した直後の1057に日本語が一瞬出て切れた。そのあと9910kHzへQSYしている。1125に無音になり、スケジュールのアナウンスは出なかった、1126からISが出て次の日本語放送LTWMが始まった。
11905と11965kHzは別送信機である。

Jesus Film Audio, December 23, 2017 ~
0957-1027 Sa. 11905 Chinese
1027-1057 Sa. 11965 Indonesian
1058-1127 Sa. 9910 Japanese
1230-1300 Sa. 12040 Karen, S'gaw
1300-1330 Su. 11580 Vietnamese
1317-1346 Su. 7510 Korean
1346-1416 Su. 9975 Cantonese

Leading The Way Ministry
1128-1157 Sa. 9910 Japanese

Preparing For Jesus
0800-0900 Sa. 9930 Japanese via T8WH, Dec.30
  
Posted by Hiroshi at 20:10Comments(0)日本語放送

2017年12月24日

グアムからまた日本語放送開始

毎週土曜日はグアム島からLTWが出る日、ところが12月22日は1100前から別の日本語番組が出てきた。先週は出ていなかったはずだが。
1100にはすでに始まていたので30分番組として、2分ほど前から出ていたと思われる。次の放送は30日午前11時とアナウンスしているので、毎週土曜日1058UTCには新しい日本語番組が出ることになりそうだ。

TWRのスケジュールによれば、Jesus Film Audio (s)の番組が30分間記載されている。イエスキリストの生涯を描いた映画のタイトルだが、この物語にも出てくる福音書の朗読になるのか。クリスマスシーズン限定の番組?

これでグアム島からは短波で三つの番組が出ていることになる。
1058-1127 Sa. 9910 Jesus Film Audio (s)
1128-1157 Sa. 9910 Leading the Way
1216-1246 Su. 7500 The Friendship Radio Hour
  
Posted by Hiroshi at 01:39Comments(0)日本語放送

2017年12月17日

LTW日本語9910kHz

毎週土曜日の日本語と英語による、Leading the Way ministryの9910kHz、開始と終了アナウンスは修正されたが波長アナウンスはそのままだった。
しかしそのアナウンスも12月16日の放送は、正しく9910kHz、31メーターバンドと修正されていた。

パラオからの日本語は放送開始が1200からとなったためすでに12月から聞こえていない。ストリーミング放送は続けられている。

R.Thailandは引き続き5875kHzでも日本語を出している。すでに12月4日からこの状態が続いており、スケジュールを変えたとみてよいだろう。
1100-1200の使用言語が差し替えられている。これ以外の時間は変更されていない。

日本語放送ではないが、RTIの大陸向け9545kHzは今もってクリアーに聞こえている。CNR1ジャミング放送は11985kHzに垂れ流しが続いている。
CNR1の垂れ流しは0000-0100にも15375kHzに出ている。

  
Posted by Hiroshi at 21:26Comments(0)日本語放送

2017年12月10日

12月9日の日本語放送

毎週土曜日、0800-0900にパラオから送信されていた波平女史の「主の再臨に備えて」が先週に続き9日も出ていない。パラオからの9930kHzは0800-1200の送信を中止したようである。
1200から送信しており、土曜日の同じホストの英語番組は出ている。
同じく日曜日の0100-0300の17720kHzも出ていない。パラオからの短波放送もじり貧状態か。ストリーミング放送はこれまで通り出ているので番組自体が無くなったわけではないようだ。

12月8日からRadio Thailandの5875kHzがスケジュール通り出ていない。9日も1130-1145に日本語放送が出ている。二日続けて誤送出とは考えにくいが詳細は不明。

1127のLTWは良好である。9910kHz、41mbのアナウンスに変更はない。番組は毎週違う内容である。
  
Posted by Hiroshi at 11:23Comments(0)日本語放送

2017年11月26日

LTW日本語放送正常に

先週の放送では開始と終了アナウンスが逆に編集されていたが、25日1127からの放送は正常に戻っていた。これまでと同じ9910kHzを、41mbとアナウンスしている。
終了時のアナウンスも同じで9910kHz、41mbである。波長アナウンスの間違いはほかの局でもよくあることで大目に見るか。
番組本体は毎週違った内容である。実際の放送が3分ほど早く始まるのは、KTWRではよくあること、送信機の運用から番組の頭や尻切れをなくすことからこうしているのだろう。
CRIやRTIなどは平気で尻切れにしている周波数がほとんどである。

"Leading The Way Ministry" via KTWR
English & Japanese
1127-1157 9910kHz Sat.

毎週土曜日は0800にパラオからも日本語放送が出ている。もう5年以上も同じ番組を出している、これまた貴重は放送である。この番組ホストは、同じく土曜日1200には英語番組を出している。この番組は世界各地の宗教局からも放送されている。英語番組は一応毎週違う内容が出ている。
"Preparing for Jesus" via T8WH
0800-0900 Sa. 9930kHz Japanese

"Living the Bible" via T8WH
1200-1230 Sa. 9930kHz English
  
Posted by Hiroshi at 08:49Comments(0)日本語放送

2017年11月18日

LTW終了アナウンスで開始

18日で3回目の放送となるLeading The Way、先週同様、開始と終了アナウンスが逆になったまま放送された。番組本体は次の朗読が出ている。
どれだけの人が聞き、コンタクトをとるのかわからないが、当分は珍事が続くのかな。
放送時間は送信機の運用形態から、1127開始は変わらないようだ。
"Leading The Way Ministry" via KTWR
English & Japanese
1127-1157 9910kHz Sat.

毎週土曜日は0800にパラオからも日本語放送が出ている。もう5年以上も同じ番組を出しているこれまた貴重は放送である。この番組ホストは、同じく土曜日1200には英語番組を出している。この番組は世界各地の宗教局からも放送されている。
"Preparing for Jesus" via T8WH
0800-0900 Sa. 9930kHz Japanese

"Living the Bible" via T8WH
1200-1230 Sa. 9930kHz English
  
Posted by Hiroshi at 22:08Comments(0)日本語放送

2017年11月11日

Leading The Way Ministry

先週4日に続き11日も1126からKTWRのISが出てきた。冒頭の周波数アナウンスは9910kHzになったが、波長アナウンスは41mbのままだ。しかも開始アナウンスではなく終了アナウンスで番組開始である。

そして1157番組終了に本来の開始アナウンスが出ている。ここでも9910kHzで41mbとアナウンスしている。開始と終了アナウンスを逆に編集してしまった、貴重な2回目の放送である。日本人なしで、番組制作のむつかしさが見て取れる。

"Leading The Way Ministry" via KTWR
English & Japanese
1127-1157 9910kHz Sat.
  
Posted by Hiroshi at 21:55Comments(0)日本語放送

2017年11月04日

Leading the Way 9910kHz

B17から登場したTWRの日本語付きの番組である。HFCCにも当初から登録されており予定されていた放送で、グアム島からの送信である。日曜日の日本語放送とは全く関係はない。たまたま送信所が同じというだけである。
11月4日予定通りLeading the Wayの日本語版が始まった。ただ周波数アナウンスはなぜか7500kHzである。ISは1126から始まった、1127:30に放送開始、マイケル博士の説教が始まった。受信状態は良好である。

英語番組は数多くの局から放送されている。このいわば日本語付き英語番組である。ほかの日は中国語が従来から放送されている。この番組ホストのマイケル・ユーセフ博士についてTWRの日本語ページでは以下のように書かれている。
マイケル・ユーセフはLeading The way with Dr. Michael Youssefの創立者であり会長である。 ユーセフ博士はエジプトで生まれアメリカに来る前は、レバノンとオーストラリアに住んでいた。1984年にアメリカの市民になるという子供の頃の夢を叶えました。彼は、オーストラリアのシドニーにあるMoore CollegeでまたカルフォルニアにあるFuller Theological Seminaryの学位を持っている。 1984年にEmory大学から社会人類学の博士号を取得した。彼は、Blindsided: The Radical Islamic Conquestを含む29冊以上の本を執筆した。彼と彼の妻は、アトランタに住み, 4人の子供を育てて7人の孫がいる。

"Leading the Way" via KTWR
English & Japanese
1127-1157 9910kHz Sat.



  
Posted by Hiroshi at 21:10Comments(0)日本語放送