2020年10月19日

10月18日「しおかぜ」

1300の「イルボネパラム」は台湾送信がきわめて強力である。しかしタシケントからの11875kHzは全く聞こえない、キャリアーの存在すらわからないほどである。台湾送信の9465と9940kHzはいずれも1328に停波している。そして1330の9705と9455kHzも強力である。
「ふるさとの風ニュース」は9月29日菅総理は総理大臣官邸で拉致被害者家族と面会した。総理は、挨拶で次のように述べた。
「本日は御多忙の中、官邸まで足を運び、お集まりいただきまして、誠にありがとうございます。心より感謝申し上げます。 お嬢様の恵子さん、また、めぐみさんとの再会がかなわぬままに、有本嘉代子さん、横田滋さんがお亡くなりになり、私自身、胸が締め付けられる思いであります。改めて、御冥福をお祈り申し上げます。いまだに多くの拉致被害者の方々が北朝鮮に取り残されたままでありますことに、大変申し訳なく思います。
 去る9月16日に、安倍政権を引き継いで、99代目の内閣総理大臣になりました。そして今日までの間に、外国の首脳との電話会談を行っています。トランプ大統領とも電話会談しました。この拉致問題を何としても解決に協力いただきたい。お願いをいたしました。大統領からは、拉致問題の解決、そして北朝鮮問題について、緊密に連携していく、そういう言葉を頂いております。また、中国の習近平国家主席、韓国の文在寅大統領、こうした首脳に対しても、拉致問題解決の協力を求めました。理解を頂いております。また、国連総会の一般討論演説の中で、私自身、拉致問題の早急な解決の必要性を訴えさせていただいて、条件を付けずに金正恩(キム・ジョンウン)委員長と会談する用意がある旨、また、日朝間の実りある関係の樹立は、日朝双方にとって利益が合致する、地域の平和と安定にも大きく貢献するところであります。こうした旨を、国連総会の演説の中で、世界に向けて発信させていただいたところであります。 全ての拉致被害者の一日も早い帰国実現に向け、自ら先頭に立って、あらゆるチャンスを逃すことなく、活路をひらいていきたい。その決意で、全力で交渉をしてまいります。
 本日は改めて、こうして皆さんにお会いさせていただいて政権の決意を申し上げさせていただくと同時に、この機会に皆さんからその思いをお伺いさせていただきたい。そういうことで、今日はお集まりいただきました。どうぞよろしくお願い申し上げます。」

同席した加藤勝信官房長官、鷲尾外務大臣、飯塚繁雄代表、横田早紀江さんらの発言も出ている。ふるさとの唱歌コーナーは「荒城の月」が出ている。
今週の一曲、朝鮮語は1990年のヒット曲、高野寛の「虹の都へ」である。およそ2ヶ月ごとに登場している。日本語放送は1973年のヒット曲、チューリップの「心の旅」が出ている。

1300の「しおかぜ」はほぼジャミングにつぶされている。6040kHzも6045kHzのスーパージャミングに埋没している。なんでこんな周波数を選ぶんだよ。
1405の「しおかぜ」は若干ジャミングが弱くほぼ聞き取り可能である。この時間は先週1330に放送された「ふるさとの風」が出ている。

1430の「ふるさとの風」は1330と同じ番組が出てきた。ローテーションが変わり、日曜日に出てきた。毎週一環、8日ごとのローテーションで放送されてきた。
この時間は3波とも弱く受信状態は悪い。

1600の「しおかぜ」は5980と6165kHzが出ている。ジャミングが強くほとんど聞き取りできない。前半日本語放送、後半1630からは朝鮮語が出ている。

1600と1700の「ふるさとの風」は7335と6155kHzが良好である。いずれの時間も1330と同じ番組が出ている。そして1627と1727にアニメソング「あかねちゃん」が追加されている。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい