2018年07月11日

7月10日ふるさとの風

1300の「イルボネパラム」と1330の「ふるさとの風」はいずれも台湾送信である。ジャミングは確認できない、各波クリアーに聞こえている。拉致問題インフォメーションは、6月14日の拉致被害者家族との面会における安倍総理と家族会代表飯塚繁雄さん、横田早紀江さんの発言が出ている。
ニュース解説は7月6日ポンペイオ国務長官3度目の訪朝について。
今週の一曲朝鮮語はGO-BANG'Sの「あいにきてI・NEED・YOU」、日本語放送は、1974年のヒット曲、伊藤咲子の「ひまわり娘」と1972年のヒット曲、天地真理の「一人じゃないの」の2曲が出ている。
ふるさとの声は、市川修一さんへ、お兄さん市川健一さんからのメッセージ。スケジュールなどのアナウンスがあり、1357に終了している。

1300の「しおかぜ」は7215kHz、ジャミングは確認できない、皆さんんは全くない、八俣からの電波は強力である。いまだに6165kHzへジャミングを出し続けている。火曜日は日本語放送で、失踪者の氏名生年月日失踪場所が読み上げられている。
1405の「しおかぜ」も強力である。ジャミングは全くない。この時間は先週1330に放送された「ふるさとの風」が出ている。

1430の「ふるさとの風」は9560、9960、9450kHzはクリアーに聞こえている。懐かしい日本の歌「どんぐりころころ」で開始。
拉致問題解説は有本恵子さんについて。1983年7月頃イギリスでの留学を終え帰国の予定をしていたところ、コペンハーゲンから手紙が届いたのを最後に行方不明に。1988年に石岡亨さんから家族あてに8月13日付のポーランドの消印で手紙が届き、松木薫さんら3人は平壌におり、よど号ハイジャック犯らの手によって北朝鮮に拉致されたことが判明している。そして1988年11月4日に生活していた招待所で家族全員石炭ガス中毒で死亡と北朝鮮は2002年9月に虚偽報告している。しかし客観的事実は何一つ示されていない。よど号ハイジャック犯の妻らによって拉致されたことが判明している。北朝鮮側はこれを一切認めていない。北朝鮮側の主張には、北朝鮮が匿っているテロリストが関与した犯罪行為を隠蔽しようとする意図があったとも受け止められる。
ふるさとの声は有本明弘さんから、2018年2月に収録したメッセージである。同じくお母さん有本加代子さんのメッセージが出ている。今週の一曲はなし。この番組は2018年3月11日、20日、29日、4月7日、17日、27日、5月9日、19日、29日、6月9日、19日、30日と同じ内容である。

1600の「ふるさとの風」は各波ともクリアーに入感している。1330と同じ番組で、1627にアニメソング「オバケのQ太郎」が出ている。
1700の「ふるさとの風」は6155kHzの台湾送信一波である。クリアーに聞こえている、1430と同じ番組だが、1606:08に突然停波、1720:55に再開するも変調が浅く了解度が悪い。

1530のBBC、各波ともジャミングは弱く、影響はほとんどわからない、受信状態は良好である。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい