2020年11月01日

Hope Radio via Palau

一年前に閉局したT8WH パラオ局、旧ワールドハーベストラジオは所有者が変わり、Hope Radioとしてパラオ送信所をそのまま引き継ぐことになった。

11月1日0200に15680kHzで英語放送を受信、T8WH Palauのアナウンスが出ている。
0800から、放送時間も、周波数も今までと同じものが使われている。Hope RadioはMFC Worldwideの番組をT8WHパラオのAngel 5から放送とアナウンスしている。
11月1日は0800からも9965kHz、一波だけが出ている。

予定されているスケジュール、実際にこの通り放送されることはない。
0115-0230 Su. 15680kHz
0830-0945 Sa. 9930kHz
0800-0915 Su. 9930kHz
0745-0845 M.-F. 9930kHz

土曜日の日本語放送、波平アワー「主の来臨に備えて」は予定通り1300から5945kHzで始まったが、この送信機、1500の5895kHzと同じで、上側波帯にバブルジャミングのようなキャリアーがのっかており、音声がつぶされている。ジャミングではなく、送信機の不調によるモーターボーディング現象で1400放送終了とともに止まっている。

北朝鮮向け放送、「殉教者の声」は毎日30分番組を5回放送している。このうち短波放送は4回が確認できている。あと一回は中波で出ている。


  
Posted by Hiroshi at 17:11Comments(0)Asia/Oceania

2020年05月03日

R.Pilipinas 再開

フィリピンTinangからのRadio Pilipinasが5月2日、1730の放送から一波だけが聞こえている。12120kHzでFilipinoが強力に入感していた。これ以外の15190と9960kHzは入感がなかった。

翌5月3日も0200の放送は15640kHzのみが聞こえていた。いずれもFilipinoである。この時間も17820と12010kHzは聞こえなかった。

Radio Pilipinas, May 2 2020 ~
1730 - 12120 kHz only
0200 - 15640 kHz only

  more
Posted by Hiroshi at 19:25Comments(0)Asia/Oceania

2020年04月28日

HFCC更新

頻繁に更新されているHFCCリスト、今回はVOAやRFAの周波数や送信サイトがいくつか変更されている。RFAは今日4月28日から、これまでDushanbe送信の多くがTenian島送信へ移動している。
ビルマ語、チベット語などの一部周波数はすでに4月19日、22日から変更されている。

4月27日更新のHFCCによれば、Radio Martiの一部の周波数が5月3日から放送時間を短縮する予定。実質24時間放送だったが、0400-1000の短波放送がなくなる。

Philippines Broadcasting Service(PBS)はHFCCに登録してあった短波放送のA20スケジュールを3月19日付で削除したが、4月27日更新のHFCCに4月15日付で再登録している。
登録周波数はこれまでと同じである。28日現在、0200の17820、15640、12010kHz、1730の15190、12120、9960kHzは出ていない。

HFCC登録数
April 27 4018
April 22 4007
April 21 4008
April 15 4003
April 13 4003
April 8 4002
April 7 3996
April 4 3959
  
Posted by Hiroshi at 18:25Comments(0)Asia/Oceania

2020年04月10日

11550kHz BVBN

A19までパラオから送信されていた東アジア向け番組はB19からタシケント送信のBible Voice Braodcastingに変更されている。パラオ時代の強さはないが、A20は11550kHzでよく聞こえている。
木曜日を除く週6日、1300から30分間(金曜日は15分間)、朝鮮語と英語番組が出ている。
4月4日、土曜日の日本語放送13580kHzは聞こえなかったが、同じホストの英語放送は火曜日の11550kHzに出ている。

英語放送は以下の通り、土日は朝鮮語放送が出ている。
April 6, 2020
1300-1315 Mon. Christ Gospel Broadcast
1315-1330 Mon. Voice of Truth

April 7, 2020
1300-1330 Tue. Living the Bible

April 8, 2020
1300-1330 Wed. Zion Fellowship

April 10, 2020
1300-1315 Fri. English


  
Posted by Hiroshi at 23:13Comments(0)Asia/Oceania

2020年04月03日

VOA Rohingya

ビルマからバングラデシュへ避難しているロヒンギャ族、難民などに向け、VOAは引き続き、Rohingya放送を平日に行っている。
一部情報では一波だけで放送しているとのことだが、昨日のチェックでもこれまで通り3波で放送されている。土日はLearning Englishが出ている。

HCAオーストラリアからも行われているが、A20では放送時間が増加、毎日放送されている。
ロヒンギャ語はベンガル語の方言ということから、HFCCの登録はベンガル語となっている。

VOA Rohingya
1130-1200 M.-F. 9350, 11700, 12030 (Sa.Su. Learning English)

HCA Rohingya
1130-1145 daily 11905

  
Posted by Hiroshi at 10:40Comments(0)Asia/Oceania

2020年04月02日

BBC Burmese

BBCのビルマ語放送は放送時間が削減されている。
3月30日0000UTCの7465、11700、15310kHzは30分間すべて英語放送が出ていた。その後も3波とも英語放送が出ている。

一方1330の7465、9585、11995kHzは30分間のビルマ語放送である。

0000-0030 7465, 11700, 15310 English
1330-1400 7465, 9585, 11995 Burmese

11995kHzはタシケント送信で、ビルマ語終了後、1430から「ふるさとの風」が出てくる。

  
Posted by Hiroshi at 09:58Comments(0)Asia/Oceania

2020年03月27日

HCA Reach Beyond Australia

HCAオーストラリアからの放送はA20で幾分放送時間の縮小がみられる。日本語放送は平日行われていた「いのちのみことば」がスケジュール表に載っていない。土日の放送はこれまで通りである。
ということは今朝放送された「いのちのみことば」が最後になるのか。

朝鮮語放送がすべてなくなり(HFCCには登録されている)、ブータン、ネパール向けの放送時間が倍増している。これらの言語はオーストラリアからは珍しく16mbの17850kHzが使用される。

  
Posted by Hiroshi at 12:19Comments(0)Asia/Oceania

2020年03月25日

AIR海外向け短波すべて停波

3月22日、インド政府が、さらなる新型ウィルスの拡散を防ぐため、3月31日までインド全土の75の都市で完全な封鎖を発表した。
この影響を受け、海外向けのインド放送はDRMを含め中波・短波すべてが24日から聞こえない。
国内向けの中波・短波地方局はこれまで通りDRMを含め聞こえている。

All India Radio curtails it's services due to lock down in India

On 22nd March, 2020 Government of India announced complete lockdown in 75 cities all across India upto 31st March, in a bid to contain the further spread of the Covid-19 virus . It's an unprecedented situation wherein except essential services, all shops, offices,factories are closed and prohibitory orders issued for general public.

In view of this following orders have been being issued with immediate effect across all stations of All India Radio :

1. The national spectrum of broadcast will be limited to Vividh Bharati Service originating from VBS Mumbai and News Services originating from AIR Delhi.
2. Regional services can relay content as related to above ( SL number 1) with local news, subject to feasibility.
3. All National Programmes of Spoken Word, Music, Sports & other categories stand cancelled till further orders.
4. All other services of All India Radio stands in abeyance until further orders.
5. All ESD (External Service Division) services and all transmitters dedicated to ESD stands suspended with immediate effect.
6. All Pure DRM mode operations suspended, DRM transmitters may be operated on analogue / simulcast mode to relay the National News Service subject to local circumstances and conditions




  
Posted by Hiroshi at 19:06Comments(0)Asia/Oceania

2020年02月04日

BBC Hindi中止

すでに放送時間を短縮していたHindiは1月31日の放送をもってすべて中止した。31日は1400から9510、9540、11995kHzで聞こえていたが、2月1日はこれらの周波数は何も出てこなかった。

Bengaliも放送時間が変更されている。
BBC Bengali, January 12 2020 ~
1330-1400 9510, 9900, 11750
1630-1700 7285, 7505 (ex.0130-0200)

HFCC登録数
January 20 4166
January 30 4157
January 30_1 4158
February 1 4157
February 3 4170
  
Posted by Hiroshi at 10:18Comments(0)Asia/Oceania

2019年11月22日

Radio Nyawa Sarawak

3年ほど前までRadio Free Sarawakが短波で聞こえていた。11月18日、月曜日から11890kHzでインドネシア語に聞こえる放送が2時間にわたって聞こえている。翌19日は何も聞こえず。
お世辞にも受信状態が良いとは言えないが、SDR受信では強力に聞こえている。週三日、月・水・金の放送である。、20日、22日と出ていた。次回の放送は25日になる。
局名も出ているがなかなか聞き取れなかったが、ラジオニヤワサラワクと聞こえる。ウェブアドレスもアナウンスされており確認することができた。

放送はイバン語とマレー語で行われている。




  
Posted by Hiroshi at 20:45Comments(0)Asia/Oceania