2021年08月22日

17710kHz Burmese

5月以降17800や21485kHzで時々聞こえていたビルマ語放送、その後も16mb内で時々聞こえていた。8月18日は17710kHzで過変調気味のビルマ語が出ていた。
翌19日は何も聞こえず、20日はクリアーにビルマ語が出てきた。0130と1330にも放送があり1358に停波している。いずれも受信状態は良好である。
21日は出てこなかった。送信サイトは引き続きマダガスカルと思われる。
22日の0130も放送はなかった。

ミャンマーの国民民主連盟は、今年初め軍事政権により追放された。暫定国民統一政府がRadio NUGを立ち上げた。短波放送は毎日2回放送と公表されているが、これまでの経緯から毎日は出ていないようである。
8月20日のRFAやVOAも20日にテスト放送を始めたと伝えた。ヤンゴン市内のある電気店店主は「ラジオを買い求める人が急に多くなった。短波を受信できるラジオは品切れしているので、外国から取り寄せなければならない」と語った。
一方軍事評議会は店頭からラジオ受信機を撤去するよう迫り、中国からラジオの輸入を制限するよう指示したとも伝えている。
Radio NUG National Unity Government of Myanmar:
  
Posted by Hiroshi at 11:22Comments(0)Asia/Oceania

2021年08月21日

7600kHz AITV

8月15日から7600kHzに出てきたテレビ音声を流すこの局、引き続き24時間放送を行っている。20日は2030から翌21日0130まで、延々と音楽だけを流し続けていた。これまでの経緯からみて0130‐2030が放送時間となりそうだ。

0230と1430に送信機の切り替えが行われている。また20日は1330に7590kHzでも同じ放送が出てきた。7600kHzより25秒早く聞こえている。しかし1400に同波に出てくる「北朝鮮改革放送」につぶされてしまった。
したがって20日、金曜日は0230と1330から一時間7590kHzでも放送されたことになる。21日の0230、7590kHzには何も出てこなかった。

テレビ映像はインターネットで見ることもできる。番組の中では短波7600kHzも告知されている。


  more
Posted by Hiroshi at 19:22Comments(0)Asia/Oceania

2021年08月20日

7590kHz Pashto

引き続き7600kHzは放送を続けているが、18日と19日の受信で、1430と0230に送信機の変更をしていることが判明した。
それぞれ2分ほど前に1kHzのシングルトーンを出し0230に7600.00kHzに、それまでは約120Hz低い周波数に出ている。
0230-1430は7600kHzジャスト、
1430-0230は7599.88kHzに出ている。
これらのことから16と17日は別サイトから、18日からはタシケント送信に変更された模様。2030から2230までブリッジ音楽だけが流れていた。

さらに20日0230以降は7590kHzでも同じ番組が出てきた。7600kHzより約3秒ほど早く聞こえている。同じような信号強度であることから17日まで出ていたサイトからかもしれない。
10kHz並んでAfgahnistan International TVの音声が出ている。7590kHzは0330に停波した。



  more
Posted by Hiroshi at 12:33Comments(0)Asia/Oceania

2021年08月19日

7600kHz Pashto

7600kHzで「アフガニスタン国際テレビ」と名乗る放送が聞こえている。8月17日以降の受信ではおそらく24時間出ているのではないか。イギリスのボラントメディアが短波でもこのテレビ音声をそのまま流している。

一部の時間はBBCのダリー語に代わって、この音声が流されている。また英語のアナウンスもあり、悲惨な状況にあるアフガニスタンと、国から逃げ出す多くの人々に、情報の重要さを提供するとしている。

時間によってはCNR1が出てくるときがある。同波に出ているSOHへのジャミングである。
送信サイトはわからないが、ヨーロッパ各地では強力に聞こえてい
一部情報によれば、8月16日0630から7600kHzでの送信が始まった模様である。



  more
Posted by Hiroshi at 12:02Comments(0)Asia/Oceania

2021年07月22日

VOV 12020kHz

いつも低く出ているベトナムの12MHz、珍しく12020kHzに出てきた。しかし過変調気味で、音質が悪い。帯域がやたら広く30kHzほどの広帯域である。
1200は日本語放送だが、9840kHzは聞きやすい。ただ9840kHzは、これまで同様250Hzほど低く出ている。



  
Posted by Hiroshi at 21:26Comments(0)Asia/Oceania

2021年07月13日

9910kHz Kazakh

TWRのカザフ語は1545-1600に11805kHzで毎日放送されていた。ところが7月11日は放送されたが、12日は出てこなかった。
その代わりであろう、予定されていた11日ではなく12日に9910kHzで1430にKTWRのISでカザフ語が出てきた。11805kHzに出ていた同じ番組名である。番組終了時もTWR-HKのアナウンスがありこれまでと同じパターンである。

TWRのスケジュールでは日曜日のみの放送とあるが、おそらく11805kHzの代わりで、毎日放送されると思われる。

TWR Kazakh, July 12, 2021 ~
9910 1430-1445 Guam (ex.11805 1545-1600 MDA)
  more
Posted by Hiroshi at 08:00Comments(0)Asia/Oceania

2021年06月05日

17800kHzビルマ語

予告されていたように6月5日1200から17800kHzで、新しくビルマ語放送が始まった。開始時に曲名が出ていると思われるが、ビルマ語の聞き取りはできない。BBCのニュースが引用されているようだ。
Malagasy Global Business S.Aからの放送で、マダガスカル送信のため受信状態は良好である。

5月21-23日、1200-1268に音楽だけを流しテスト放送が行われていた。
5日から始まった放送は土日だけが予定されている。一部情報では、明日6日は21485kHzで放送されるかも。その昔オランダ放送の常用周波数であった。
これ以外の日にも放送される可能性がある。

New Burmese station, June 5 ~ , 2021
1130-1200 Sa.Su. 17800 or 21485 (alt.We.Fr.)

7580kHzのCDNKは5日1400も出ていない。今週は3回とも放送無し、やはり中止されたか。

  more
Posted by Hiroshi at 22:25Comments(0)Asia/Oceania

2021年04月10日

KTWR 11590kHz

KTWRはカザフ語とチベット語を平日90分追加しているらしい。と紹介したが、4月7日を最後に、7日、9日と出ていない。どうも公式のs毛ジュールではないようだ。
新たに中国、ベトナムの少数民族「布依族」や「ヤオ族」の言語も開始したと思ったが2回放送されただけか。
これらの放送は11590kHzに出ていた。10日間の受信で分かったのは、日月火水は0930開始、木金土は1100開始である。終了は1055から58には停波している。

11590kHz KTWR March 28 ~ April 7, 2021


4月7日、ブイ語の開始、カザフ語、チベット語である。


  
Posted by Hiroshi at 05:05Comments(0)Asia/Oceania

2021年04月05日

各局ビルマ向け放送強化

すでにRFAやVOAはビルマ語放送を増強しているが、これ以外にもA21から宗教局もいくつかがボーダーラインに向けた短波放送時間を増やしている。

ReachByondも引き続きロヒンギャ語を毎日放送している。ビルマ語は放送時間を倍増している。

KTWRはカザフ語とチベット語を平日90分追加しているらしい。TWRのカザフ語はこれまで15分毎日放送されている。
新たに中国、ベトナムの少数民族「布依族」や「ヤオ族」の言語も開始した。
これらの放送は11590kHzに出ているが、使用言語がわからなかった。4月4日に更新されたTWRのスケジュールに初めて掲載され一部の言語名が判明した。
しかし3月28日から4月4日までの受信調査では必ずしもTWRのスケジュール通りには出ていない日もありよくわからない。日月火水は0930開始、木金土は1100開始である。終了は1055から58には停波している。




  
Posted by Hiroshi at 08:24Comments(0)Asia/Oceania

2021年03月30日

RFA / VOA Burmese

引き続きRFAとVOAのビルマ語は放送時間と周波数を拡充している。RFAは15250kHzをA21でも使用している。この周波数は台湾送信である。
VOAは追加された周波数はタイとフィリピン送信である。
3月29日1000以降の放送から周波数が変更されている。したがって0700のRFAは29日は15315と17815kHzに出ていた。

VOA Burmese
2330-0030 5875, 7410, 12110
0130-0230 7305, 15110, 17865
0230-0330 5880, 9355, 15285, 17525
1430-1530 9370, 5885, 9830
1530-1630 5885, 9370, 9380
1630-1730 9345
1730-1800 5880

RFA Burmese
0030-0130 7280 12140 15110 15230 15250 15700
0200-0300 15250
0700-0800 15110 17690
1230-1330 7530 9370
1330-1400 7530 12140
1400-1430 7530

毎週火曜日1300、波平女史の英語放送は11590kHzで聞こえている。

  
Posted by Hiroshi at 22:33Comments(0)Asia/Oceania