2021年07月22日

VOV 12020kHz

いつも低く出ているベトナムの12MHz、珍しく12020kHzに出てきた。しかし過変調気味で、音質が悪い。帯域がやたら広く30kHzほどの広帯域である。
1200は日本語放送だが、9840kHzは聞きやすい。ただ9840kHzは、これまで同様250Hzほど低く出ている。



  
Posted by Hiroshi at 21:26Comments(0)Asia/Oceania

2021年07月13日

9910kHz Kazakh

TWRのカザフ語は1545-1600に11805kHzで毎日放送されていた。ところが7月11日は放送されたが、12日は出てこなかった。
その代わりであろう、予定されていた11日ではなく12日に9910kHzで1430にKTWRのISでカザフ語が出てきた。11805kHzに出ていた同じ番組名である。番組終了時もTWR-HKのアナウンスがありこれまでと同じパターンである。

TWRのスケジュールでは日曜日のみの放送とあるが、おそらく11805kHzの代わりで、毎日放送されると思われる。

TWR Kazakh, July 12, 2021 ~
9910 1430-1445 Guam (ex.11805 1545-1600 MDA)
  more
Posted by Hiroshi at 08:00Comments(0)Asia/Oceania

2021年06月05日

17800kHzビルマ語

予告されていたように6月5日1200から17800kHzで、新しくビルマ語放送が始まった。開始時に曲名が出ていると思われるが、ビルマ語の聞き取りはできない。BBCのニュースが引用されているようだ。
Malagasy Global Business S.Aからの放送で、マダガスカル送信のため受信状態は良好である。

5月21-23日、1200-1268に音楽だけを流しテスト放送が行われていた。
5日から始まった放送は土日だけが予定されている。一部情報では、明日6日は21485kHzで放送されるかも。その昔オランダ放送の常用周波数であった。
これ以外の日にも放送される可能性がある。

New Burmese station, June 5 ~ , 2021
1130-1200 Sa.Su. 17800 or 21485 (alt.We.Fr.)

7580kHzのCDNKは5日1400も出ていない。今週は3回とも放送無し、やはり中止されたか。

  more
Posted by Hiroshi at 22:25Comments(0)Asia/Oceania

2021年04月10日

KTWR 11590kHz

KTWRはカザフ語とチベット語を平日90分追加しているらしい。と紹介したが、4月7日を最後に、7日、9日と出ていない。どうも公式のs毛ジュールではないようだ。
新たに中国、ベトナムの少数民族「布依族」や「ヤオ族」の言語も開始したと思ったが2回放送されただけか。
これらの放送は11590kHzに出ていた。10日間の受信で分かったのは、日月火水は0930開始、木金土は1100開始である。終了は1055から58には停波している。

11590kHz KTWR March 28 ~ April 7, 2021


4月7日、ブイ語の開始、カザフ語、チベット語である。


  
Posted by Hiroshi at 05:05Comments(0)Asia/Oceania

2021年04月05日

各局ビルマ向け放送強化

すでにRFAやVOAはビルマ語放送を増強しているが、これ以外にもA21から宗教局もいくつかがボーダーラインに向けた短波放送時間を増やしている。

ReachByondも引き続きロヒンギャ語を毎日放送している。ビルマ語は放送時間を倍増している。

KTWRはカザフ語とチベット語を平日90分追加しているらしい。TWRのカザフ語はこれまで15分毎日放送されている。
新たに中国、ベトナムの少数民族「布依族」や「ヤオ族」の言語も開始した。
これらの放送は11590kHzに出ているが、使用言語がわからなかった。4月4日に更新されたTWRのスケジュールに初めて掲載され一部の言語名が判明した。
しかし3月28日から4月4日までの受信調査では必ずしもTWRのスケジュール通りには出ていない日もありよくわからない。日月火水は0930開始、木金土は1100開始である。終了は1055から58には停波している。




  
Posted by Hiroshi at 08:24Comments(0)Asia/Oceania

2021年03月30日

RFA / VOA Burmese

引き続きRFAとVOAのビルマ語は放送時間と周波数を拡充している。RFAは15250kHzをA21でも使用している。この周波数は台湾送信である。
VOAは追加された周波数はタイとフィリピン送信である。
3月29日1000以降の放送から周波数が変更されている。したがって0700のRFAは29日は15315と17815kHzに出ていた。

VOA Burmese
2330-0030 5875, 7410, 12110
0130-0230 7305, 15110, 17865
0230-0330 5880, 9355, 15285, 17525
1430-1530 9370, 5885, 9830
1530-1630 5885, 9370, 9380
1630-1730 9345
1730-1800 5880

RFA Burmese
0030-0130 7280 12140 15110 15230 15250 15700
0200-0300 15250
0700-0800 15110 17690
1230-1330 7530 9370
1330-1400 7530 12140
1400-1430 7530

毎週火曜日1300、波平女史の英語放送は11590kHzで聞こえている。

  
Posted by Hiroshi at 22:33Comments(0)Asia/Oceania

2021年03月21日

RFA Burmese

RFAは2月25日にビルマ語の放送時間を追加したが、3月18日からさらに放送時間を増強している。周波数の追加とこれまで放送のなかった0200にも放送している。

0030-0130と0200-0300に新たに15250kHzが出ているが、これまでとは違い台湾送信と思われる。3月18日以降実際に出ている周波数は以下のとおりである。

RFA Burmese
0030-0130 7340 7510 15110 15250
0200-0300 15250
0700-0800 15315 17815
1230-1330 11795 15120 15135
1330-1400 11795 12055 13740
1400-1430 11795 12055

VOAの英語も1200-1230の放送が追加されている。これはすべてフィリピン送信である。
1200-1230 11965. 15560, 17680

  
Posted by Hiroshi at 11:25Comments(0)Asia/Oceania

2021年02月11日

RFA Burnese増強

クーデターを受け、RFAは2月8日からビルマ語の短波放送を一時間追加している。これまで放送のなかった0700-0800の一時間15315と17815kHzの2波が受信できている。17800と17830kHzの中国DRM放送の谷間でクリアーに聞こえている。

2月8日以降RFAのビルマ語は以下の周波数で聞こえている。
RFA Burmese; February 8 ~ 2021
0030-0130 7340, 7510, 9510
0700-0800 15315Saipan, 17815Tinian
1230-1330 11795, 15120, 15135
1330-1400 11795, 12055, 13740
1400-1430 11795, 12055

VOAのビルマ語は特に変化はないようだが、中波1575kHzの放送時間が延長されているようだ。1800までビルマ語が聞こえている。


  
Posted by Hiroshi at 11:11Comments(2)Asia/Oceania

2020年11月01日

Hope Radio via Palau

一年前に閉局したT8WH パラオ局、旧ワールドハーベストラジオは所有者が変わり、Hope Radioとしてパラオ送信所をそのまま引き継ぐことになった。

11月1日0200に15680kHzで英語放送を受信、T8WH Palauのアナウンスが出ている。
0800から、放送時間も、周波数も今までと同じものが使われている。Hope RadioはMFC Worldwideの番組をT8WHパラオのAngel 5から放送とアナウンスしている。
11月1日は0800からも9965kHz、一波だけが出ている。

予定されているスケジュール、実際にこの通り放送されることはない。
0115-0230 Su. 15680kHz
0830-0945 Sa. 9930kHz
0800-0915 Su. 9930kHz
0745-0845 M.-F. 9930kHz

土曜日の日本語放送、波平アワー「主の来臨に備えて」は予定通り1300から5945kHzで始まったが、この送信機、1500の5895kHzと同じで、上側波帯にバブルジャミングのようなキャリアーがのっかており、音声がつぶされている。ジャミングではなく、送信機の不調によるモーターボーディング現象で1400放送終了とともに止まっている。

北朝鮮向け放送、「殉教者の声」は毎日30分番組を5回放送している。このうち短波放送は4回が確認できている。あと一回は中波で出ている。


  
Posted by Hiroshi at 17:11Comments(0)Asia/Oceania

2020年05月03日

R.Pilipinas 再開

フィリピンTinangからのRadio Pilipinasが5月2日、1730の放送から一波だけが聞こえている。12120kHzでFilipinoが強力に入感していた。これ以外の15190と9960kHzは入感がなかった。

翌5月3日も0200の放送は15640kHzのみが聞こえていた。いずれもFilipinoである。この時間も17820と12010kHzは聞こえなかった。

Radio Pilipinas, May 2 2020 ~
1730 - 12120 kHz only
0200 - 15640 kHz only

  more
Posted by Hiroshi at 19:25Comments(0)Asia/Oceania