2018年07月16日

7月15日「しおかぜ」

15日、日曜日1300の「しおかぜ」は7215kHzがきわめて強力である。ジャミングはまだ6165kHzに出している。この7215kHz、本来ならばCRIでつぶされるところだが、たまたま7月末までは停波中、ジャミングのないことも相まって連日クリアーかつ強力に聞こえている。日曜日は朝鮮語からで、昨日と同じ番組である。後半1330は日本語によるニュースとニュース解説番組「日本海にかける橋」である。番組は時々更新されているが、放送時間のアナウンスはなぜか30分ずれたままである。何かを意図して5月5日以前の時間にしているのか。

1300の「イルボネパラム」は9465kHzがきわめて強力である。9900kHzはジャミングで聞きづらい。9940kHzは変調が浅い。
1330の「ふるさとの風」は9705kHzが最強である。9455、9950kHzもジャミングはなくそれなりに。一週間続いた最後の放送である。今週の一曲、朝鮮語はGO-BANG'Sの「あいにきてI・NEED・YOU」、日本語放送は、1974年のヒット曲、伊藤咲子の「ひまわり娘」と1972年のヒット曲、天地真理の「一人じゃないの」の2曲が出ている。

1405の「しおかぜ」は7325kHz、この時間もジャミングはない、先週1330に放送された「ふるさとの風」がクリアーに聞こえている。開始と終了時はしおかぜのアナウンスが出ている。

1430の「ふるさとの風」は9560kHzが一番良好である。9450kHzは若干弱いがジャミングはわからない。パラオの9960kHzは弱い、しかも下側のVOAスプリアスがうるさい。懐かしい日本の歌は「ペチカ」である。
拉致問題解説は曽我ミヨシさんについて。1978年8月12日夜、近所に買い物に出掛けたままひとみさん(当時19歳)と共に行方不明になった。日本政府の無策ぶりが露呈した事件で、2002年10月ひとみさんが帰国するまで、拉致されていることさえ分からなかった。その後の調査で在日朝鮮人が関与していることも分かっている、実行犯女性工作員キムミョンスクを2004年11月に国際手配、犯人の引き渡しを求めているというが何の解決にも至っていない。関係者はいまも日本国内で通名を使い普通に生活している特別永住者の一人である。今も日本国内で多くの工作員が活動していることはよく知られている。
ふるさとの声は曽我ミヨシさんへ、ひとみさんからのメッセージで2018年2月に収録したものに更新されている。昨年12月に夫が急死したことも述べている。日本語と朝鮮語のメッセージである。続いて2017年9月東京で開かれた国民大集会におけるひとみさんの訴えが出ている。
今日の一曲は、平成28年度上半期放送、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌を宇多田ヒカルで「花束を君に」が出ている。この番組は2018年3月15日、24日、4月2日、11日、22日、5月2日、13日、24日、6月3日、13日、23日、7月5日と同じ内容である。
  more
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2018年07月15日

7月14日「しおかぜ」

14日1300の「しおかぜ」は7215kHz、ジャミングは全くない、受信状態は極めて良好である。6165kHzへの垂れ流しが続いている。土曜日は日本語放送から、いつものように緊急メッセージの後、まず金日成の死亡について、24年前の7月8日に死亡したことになっている。翌9日に発表された医学的結論書によって、金正日が殺したのではないと証明しなければならなかった。解剖までして死因を発表しなければ、だれもが殺されたと思ったからである。
6月16日の拉致被害者救出に関する日本国内の動きについて。拉致被害者救出への自衛隊の活用を求める元自衛隊員・予備自衛官等の署名が行われ、政府関係者に要望した。
 自衛隊の任務は、「我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、我が国を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当たるものとする。」とあります。これを狭義に捉えると「領土保全」ということになりますが、防衛の対象となる国は主権、領土、国民から構成されることは申すまでもありません。また、憲法には「主権が国民に存す」ことを明記しており、国民に対する北朝鮮政府の侵害行為は、主権と国民に対する直接的実力行使に当たり、かつ、我が国領土内での実力行使すなわち侵略に該当するものと考えます。
 このような事実が国際的にも確認されているのにも拘らず、自衛隊はこれまで拉致被害者の救出に使われたことがありません。情報収集から邦人保護・輸送までできることは様々あり、拉致問題が国政の最重要課題であるならば自衛隊の活用は当然であると考えます。私たちは政府の決断と関連諸法制の早急な整備を求めます。
7月7日にはこれをテーマにしたシンポジウムが開かれた。
救出への道コーナーは先日のポンぺオ国務長官の訪朝についてなど。拉致被害者を返さないという態度をとり続けるならば、アメリカもそんなに優しくはないぞと。
1323:25に「日本政府からのメッセージ」が出ている。6月29日の「全被害者の即時一括帰国を!特別集会」の内容である。
最後のスケジュールは相変わらず以前の北朝鮮時間である。

1300の朝鮮語と日本語放送、9900kHzはジャミングでNG、9940kHzも変調が浅いのか聞きづらい。朝鮮語は9465kHzが良好である。日本語放送は9705kHzが強いが9455や9950kHzもクリアーに聞こえている。
1430の「ふるさとの風」は9560と9960kHzが強い、もちろん9450kHzも強いが変調が浅い。この時間は日替わりで違う番組が出てくる。パラオの9960kHzは約一分遅れで聞こえている。
なつかしい日本の歌「さくらさくら」で始まった。拉致問題解説は石岡亨さんについて。1980年5月頃大学生だった石岡さんはヨーロッパへ出かけたまま行方不明に、1988年家族あてに8月13日付のポーランドの消印で手紙が届き平壌で暮らしていることがわかった。こうして有本恵子さん、松木薫さん3人が北朝鮮に拉致されたことが判明、1984年11月4日死亡と北朝鮮は発表している。松木薫さんを含めた3人は、よど号ハイジャック犯とその関係者によってヨーロッパから平壌に連れていかれたことが判明している。当然のことながら北朝鮮はハイジャック犯との関わりを全面否定している。小泉総理の訪朝が決まると、2002年に急遽死亡したことにされてしまった。
ふるさとの声は石岡亨さんへのメッセージ、、お兄さん石岡章さんから、2018年2月の手紙が代読されている。残された一眼レフカメラの話題なども話している。
今日の一曲は2015年度下半期放送、NHK連続テレビ小説「あさが来た」の主題歌から、AKB48の「365日の紙飛行機」が出ている。
この番組は2018年3月23日、4月1日、10日、21日、5月1日、12日、22日、6月2日、12日、22日、7月4日と同じである。  more
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2018年07月14日

LTWM 9910kHz

毎週土曜日に日本語と英語で放送されているLeading the way Ministry、2週続けて出てこなかったのでもう中止されたのかと思ったが、今日7月14日はこれまで通り1127に始まっている。中止ではなかったようだ。
日曜日の英語放送も先週は出ていなかったが、明日は出てくるのか。

Leading the Way Ministry
1127-1157 Sa. 9910kHz Japanese/English

パラオの9930kHzも土曜日は日本語放送が出ている。0800とやや早い時間だが、もう何年も同じアナウンスで始まっている。先週はいつもと同じ番組が出ていたが、今日は中身が違っていた。一部が違うのみで、開始・終了などのアナウンスは8年以上前の古いままである。
同じホストで1200には英語番組が出ている。
0800-0900 Sa. 9930kHz Japanese
1200-1230 Sa. 9930kHz English

日本語放送ではないが、このT8WHは7月12日から9930と9965kHzで1200-1300の一時間英語放送を出している。この時間帯は土日だけ出ていた。金曜日は1200-1230にベトナム語が出ているが1230に終了している。13日は1300まで放送していた。
勿論9930kHzのAngel 3と9965kHzのAngel 5は別内容である。気まぐれ送信か、スケジュール変更かは不明。


  more
Posted by Hiroshi at 22:03Comments(0)日本語放送

2018年07月14日

7月13日「しおかぜ」

13日、金曜日、いつもと変りなく淡々と放送は続けられている。1300と1405の「しおかぜ」、7215と7325kHzはジャミングは全くない、八俣の電波も極めて強く受信状態は良好である。
1300は朝鮮語放送、1405は日本語で先週1330に放送された「ふるさとの風」が出ている。

1300代の朝鮮語と日本語放送も9465と9705kHzが特に強力である。今週の一曲、朝鮮語はGO-BANG'Sの「あいにきてI・NEED・YOU」、日本語放送は、1974年のヒット曲、伊藤咲子の「ひまわり娘」と1972年のヒット曲、天地真理の「一人じゃないの」の2曲が出ている。

1430の「ふるさとの風」は3波とも極めて強力である。各波ともジャミングは全くない。懐かしい日本の歌は「ドレミの歌」で開始。
拉致問題解説は松本京子さんについて。2006年11月20日に17人目の拉致被害者に認定された。鳥取県米子市で1977年10月21日夜、自宅近くの編み物教室に出かけたまま拉致され行方不明に、北朝鮮は入国した事実はないとして、拉致を認めていない事案でもある。29歳で拉致された経緯などが紹介されている。
ふるさとの声は拉致被害者松本京子さんへ、2018年2月に収録のお兄さん松本肇さんからのメッセージ、そして2015年8月に日本政府が制作した、同じく松本肇さんのビデオメッセージ。
京子さんが当時縫製会社に勤めていた同僚だった友人福本成子さんとウメさん二人から2007年の収録メッセージ、同級生矢倉修さんからも2007年収録で過去放送されたメッセージと同じ内容ある。10年以上同じソースが使われている。
今日の一曲は2000年のヒット曲GO!GO!7188で「こいのうた」である。
この番組は2018年3月22日、31日、4月9日、19日、30日、5月11日、21日、6月1日、11日、21日、7月2日と同じ内容である。

  more
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2018年07月13日

7月12日「しおかぜ」

1300の「しおかぜ」は7215kHz、ジャミングは全くない、受信状態は極めて良好である。依然として6165kHzに垂れ流しが続いている。北朝鮮にとってジャミングはもうどうでもいいようなもの、危機管理を失った無策ぶりが続いている。
12日木曜日は英語放送が出ている。1354:28に「日本政府からのメッセージ」が出ている。米朝サミット後のトランプ大統領との電話会談の内容である。
1405の「しおかぜ」は7325kHz、この周波数へのジャミングも全くない、連日良好な受信ができている。この時間は先週放送された「ふるさとの風」が出ている。

1300代の朝鮮語と日本語放送、9465と9705kHzが強力である。9900kHzにジャミングが出るのみで、他はすべてクリアーに聞こえている。この時間は毎日同じ番組が出ている。
今週の一曲、朝鮮語はGO-BANG'Sの「あいにきてI・NEED・YOU」、日本語放送は、1974年のヒット曲、伊藤咲子の「ひまわり娘」と1972年のヒット曲、天地真理の「一人じゃないの」の2曲が出ている。
ふるさとの声は、市川修一さんへ、お兄さん市川健一さんからのメッセージ。スケジュールなどのアナウンスがあり、1357に終了している。

1430の「ふるさとの風」は音量の差こそあれ3波とも強力である。その中で9560kHzがベストである、いずれの周波数もジャミングは確認できない。懐かしい日本の歌「トンボのメガネ」で始まった。
拉致問題解説は市川修一さんについて、1978年8月12日、鹿児島県日置郡から増元るみ子さん当時23歳と共に拉致された。2002年北朝鮮は拉致を認め1979年9月4日死亡としているが、泳げなかった市川さんが、初冬に川で溺死したことにして、にわか死亡通知書を2002年9月に急きょ作成、客観的事実は何もなく信用できる内容ではない。これも北朝鮮にとっては死亡したことにしないと都合の悪い拉致事件である。
ふるさとの声は、お兄さん市川健一さんから2018年2月収録のメッセージである。続いてお姉さん市川龍子さんからも2018年2月収録のメッセージである。
このあと中学高校生時代の友人花牟礼薫さん、小中学校同級生の高山孝一さんからのメッセージは以前と同じ2007年に収録されたものが出ている。今日の一曲は1993年下期放送NHK連続テレビ小説「かりん」の主題歌、井上陽水で「カナディアンアコーディオン」、初登場である。
最後の周波数アナウンスは以前の(B17)ままである。この番組は2018年3月30日、4月8日、18日、29日、5月10日、20日、30日、6月10日、20日、7月1日と同じ内容である。

  more
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2018年07月12日

7月11日ふるさとの風

1300の「イルボネパラム」、いつものように9465kHzが一番強い、9940kHzは強いが変調が割く感じられる。そして9900kHzはジャミングが出ており、変調の浅いこともあり全く聞き取れない。
しかし1330の「ふるさとの風」は3波ともジャミングは全くない、よく聞こえている。拉致問題インフォメーションは安倍総理と拉致被害者家族との面会の模様が出ている。
 6月14日(木)、安倍総理大臣は、総理官邸にて、「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」(家族会)の御家族等と面会しました。
 冒頭、安倍総理大臣から「米朝首脳会談が行われました、明確に、重要課題である大切な拉致問題について、金正恩委員長に提起しましたという話をいただいた。米朝首脳会談を機会として、後は正に日本の問題として、日本が北朝鮮に直接向き合い、この問題を解決して行く決意でございます。」との挨拶がありました。
 これを受け、家族会の飯塚繁雄代表から、「総理におかれましては焦らず、過去の轍を踏まずに、北朝鮮が拉致被害者を帰国させるという約束の下での確認のための訪朝としてもらえば良いと思います。総理のご判断によって問題解決を是非お願いしたい。」との発言がありました。
 続いて横田早紀江さんから、「米朝首脳会談が行われたことは大きな動きであると思います。無事帰ってくれば私たちは非常に喜ばしいです。」との発言がありました。

ニュース解説は7月6日ポンペイオ国務長官3度目の訪朝について。
今週の一曲朝鮮語はGO-BANG'Sの「あいにきてI・NEED・YOU」、日本語放送は、1974年のヒット曲、伊藤咲子の「ひまわり娘」と1972年のヒット曲、天地真理の「一人じゃないの」の2曲が出ている。
ふるさとの声は、市川修一さんへ、お兄さん市川健一さんからのメッセージ。スケジュールなどのアナウンスがあり、1357に終了している。
そして1430の「ふるさとの風」も1330と同じ番組が出ている。唯一違うのは1457からアニメソング「オバケのQ太郎」が出ていることである。9560kHzが強力である、9960、9450kHzは若干弱いがクリアーに聞こえている。

1300の「しおかぜ」は7215kHzである、周波数変更をして一週間経過するもまだジャミングは以前の周波数へ垂れ流しである。11日水曜日は朝鮮語放送である。受信状態は極めて良好である。
1405の「しおかぜ」は7325kHz、この時間もジャミングは無い、強力に入感している。先週1330に放送された「ふるさとの風」が出ている。



  more
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2018年07月11日

7月10日ふるさとの風

1300の「イルボネパラム」と1330の「ふるさとの風」はいずれも台湾送信である。ジャミングは確認できない、各波クリアーに聞こえている。拉致問題インフォメーションは、6月14日の拉致被害者家族との面会における安倍総理と家族会代表飯塚繁雄さん、横田早紀江さんの発言が出ている。
ニュース解説は7月6日ポンペイオ国務長官3度目の訪朝について。
今週の一曲朝鮮語はGO-BANG'Sの「あいにきてI・NEED・YOU」、日本語放送は、1974年のヒット曲、伊藤咲子の「ひまわり娘」と1972年のヒット曲、天地真理の「一人じゃないの」の2曲が出ている。
ふるさとの声は、市川修一さんへ、お兄さん市川健一さんからのメッセージ。スケジュールなどのアナウンスがあり、1357に終了している。

1300の「しおかぜ」は7215kHz、ジャミングは確認できない、皆さんんは全くない、八俣からの電波は強力である。いまだに6165kHzへジャミングを出し続けている。火曜日は日本語放送で、失踪者の氏名生年月日失踪場所が読み上げられている。
1405の「しおかぜ」も強力である。ジャミングは全くない。この時間は先週1330に放送された「ふるさとの風」が出ている。

1430の「ふるさとの風」は9560、9960、9450kHzはクリアーに聞こえている。懐かしい日本の歌「どんぐりころころ」で開始。
拉致問題解説は有本恵子さんについて。1983年7月頃イギリスでの留学を終え帰国の予定をしていたところ、コペンハーゲンから手紙が届いたのを最後に行方不明に。1988年に石岡亨さんから家族あてに8月13日付のポーランドの消印で手紙が届き、松木薫さんら3人は平壌におり、よど号ハイジャック犯らの手によって北朝鮮に拉致されたことが判明している。そして1988年11月4日に生活していた招待所で家族全員石炭ガス中毒で死亡と北朝鮮は2002年9月に虚偽報告している。しかし客観的事実は何一つ示されていない。よど号ハイジャック犯の妻らによって拉致されたことが判明している。北朝鮮側はこれを一切認めていない。北朝鮮側の主張には、北朝鮮が匿っているテロリストが関与した犯罪行為を隠蔽しようとする意図があったとも受け止められる。
ふるさとの声は有本明弘さんから、2018年2月に収録したメッセージである。同じくお母さん有本加代子さんのメッセージが出ている。今週の一曲はなし。この番組は2018年3月11日、20日、29日、4月7日、17日、27日、5月9日、19日、29日、6月9日、19日、30日と同じ内容である。

  more
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2018年07月10日

7月9日ふるさとの風

7月9日、月曜日、1300の「イルボネパラム」は3波ともジャミングは確認できない。9465kHzが強力に入感している。9900と9940kHzは若干弱いがクリアーに聞こえている。
1330の「ふるさとの風」もクリアーである。9705kHzが強力である。拉致問題インフォメーションは
 6月14日(木)、安倍総理大臣は、総理官邸にて、「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」(家族会)の御家族等と面会しました。
 冒頭、安倍総理大臣から「米朝首脳会談が行われました、明確に、重要課題である大切な拉致問題について、金正恩委員長に提起しましたという話をいただいた。米朝首脳会談を機会として、後は正に日本の問題として、日本が北朝鮮に直接向き合い、この問題を解決して行く決意でございます。」との挨拶がありました。
 これを受け、家族会の飯塚繁雄代表から、「総理におかれましては焦らず、過去の轍を踏まずに、北朝鮮が拉致被害者を帰国させるという約束の下での確認のための訪朝としてもらえば良いと思います。総理のご判断によって問題解決を是非お願いしたい。」との発言がありました。
 続いて横田早紀江さんから、「米朝首脳会談が行われたことは大きな動きであると思います。無事帰ってくれば私たちは非常に喜ばしいです。」との発言がありました。

ニュース解説は7月6日ポンペイオ国務長官3度目の訪朝について。
今週の一曲朝鮮語はGO-BANG'Sの「あいにきてI・NEED・YOU」、日本語放送は、1974年のヒット曲、伊藤咲子の「ひまわり娘」と1972年のヒット曲、天地真理の「一人じゃないの」の2曲が出ている。
ふるさとの声は、市川修一さんへ、お兄さん市川健一さんからのメッセージ。スケジュールなどのアナウンスがあり、1357に終了している。

1300の「しおかぜ」は7215kHz、ジャミングは全くない、依然として6165kHzへ垂れ流しである。月曜日は日本語放送で拉致被害者、失踪者の氏名生年月日が読み上げられている。後半1330も同様氏名の読み上げが出ている。
1405の「しおかぜ」は7325kHz、ジャミングは全くない、この時間は先週7月2日1330に放送された「ふるさとの風」が出ている。

1430の「ふるさとの風」は9450、9560と9960kHzの3波、9560kHzが最もよく聞こえている。
懐かしい日本の歌「ないしょばなし」で番組開始。拉致問題解説は横田めぐみさんについて。1977年11月15日夕方、新潟市内の中学校クラブ活動のバドミントンの下校時北朝鮮に拉致された。当時13歳である。20年後に拉致されたことがマスコミの報道で一般に知られることになった。女子中学生が拉致されたということで北朝鮮の残忍さ、拉致事件の象徴として注目を浴びている。北朝鮮は拉致はしたがすでに死亡したとして2004年ニセ遺骨を提出、死亡時期を訂正(1993年3月死亡を1994年4月に改ざん)するなど、トップとの関わりがあることから、亡き者にしないと北朝鮮にとっては都合の悪いことばかり。
ふるさとの声は横田めぐみさんへ、お父さん横田滋さんから、2017年4月に東京で開催された「拉致問題を最優先として今年中に全被害者を救え!国民大集会」での収録から、年齢を感じさせる聞き取りにくいメッセージである。続いて2015年2月のメッセージ、この時はまだ元気、はっきりと聞こえる。お母さん横田早紀江さんから、新しく2018年2月収録のメッセージ。
そして2017年7月に開催された「拉致問題を考える国民の集いin福岡」において収録した横田拓哉さんの訴えが出ている。最後に2015年11月新潟で開催された「忘れるな拉致 11.15県民集会」から弟さん横田哲也さんの声が出ている。今日の一曲は無し、この番組は2018年3月28日、4月6日、16日。26日、5月8日、18日、28日、6月7日、18日、29日と同じ内容である。


  more
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2018年07月09日

7月8日ふるさとの風

1300の「イルボネパラム」は9465kHzが良好である。9940kHzは若干弱いがジャミングも無くクリアーである。9900kHzは信号が弱く、パルスジャミングに埋もれている。
1330の「ふるさとの風」は3波ともクリアーに聞こえている。特に9705kHzが強力に入感している。一週間続いた最後の番組となる。拉致問題インフォメーションは6月14日河野外務大臣韓国訪問の模様、
ニュース解説は米朝首脳会談から3週間が経過、北朝鮮の非核化は評価されていない、体制維持ばかりが強調されている。北朝鮮はどうしても核兵器は持ち続けたい一心である。
今週の一曲、朝鮮語はZOOのChoo Choo TRAIN、一年ぶりの登場である。日本語放送は1978年のヒット曲ツイストの「燃えろいい女」が出ている。
ふるさとの声は有本恵子さんへ、お母さん有本加代子さんからのメッセージ、2018年2月に収録したもの。スケジュールなどのアナウンスがあり、1357に終了している。

1300の「しおかぜ」は7215kHz、八俣の電波は極めて強力である。ジャミングは全くない、依然として6165kHzに垂れ流しである。ジャミングが如何に適当に出されているかの証でもある。
昨日、先週と同じ番組で、日曜日は朝鮮語放送から、後半1330は日本語放送である。金正恩の母親、高英姫について、51才で亡くなるまでの詳細が語られている。

1430の「ふるさとの風」は9560kHzが強力である。9450kHzは変調が浅い、9960kHzは下側にVOAのお化けががさついてうるさい、実用にならない。
懐かしい日本の歌は「ずいずいずっころばし」で始まった。拉致問題解説は、田口八重子さんについて、1978年6月ごろ東京高田のベビーホテルに2歳と1歳の子供を残したまま拉致された。当時22歳である。日本人を偽装し大韓航空機爆破事件を起こした北朝鮮工作員・金賢姫(キム・ヒョンヒ)の証言から、田口八重子さんがこの北朝鮮工作員の教育係を務めたことが明らかになっている。北朝鮮はこうした事実や大韓航空機爆破事件そのものへの関与を完全に否定している。しかし、田口さんは、別の拉致被害者(2002年に帰国)に対して、「1981年から1983年にかけて「オッカ」(金賢姫の別名)という名の女性工作員と共同生活した」ことが確認されている。
また、北朝鮮は、「田口さんは、1984年に別の拉致被害者・原敕晁さんと結婚し、1986年7月に原さんが病死したため、精神的な慰労のための旅行中に交通事故で死亡した」と説明している。しかし、帰国した拉致被害者は、田口さんとは1986年7月頃まで同じ招待所にいたが結婚の事実はなかったと証言しており、したがって、「原さんの死後、交通事故で死亡した」という北朝鮮側の説明は信用できるものではない。
北朝鮮側は、田口さんが大韓航空機爆破事件の実行犯の教育係を務めていたという事実を隠そうとしている。もちろん事件そのものを北朝鮮は韓国のでっち上げだとし認めていない、韓国も機体引き上げの捜査をしないなどおかしな事故である。
ふるさとの声は田口八重子さんへのメッセージ、お兄さんの飯塚繁雄さんから2015年3月4日収録されたもの。続いて2017年1月15日に開催された、「拉致問題を考える国民のつどいin広島」での収録から。そしてお兄さん本田勝さんからは2018年2月に収録された新しいメッセージである。最後に2017年4月に東京で開催された「拉致問題を最優先として今年中に全被害者を救え!国民大集会」で収録した飯塚耕一郎さんからのメッセージが出ている。
今日の一曲は2014年下半期NHKテレビドラマ「マッサン」の主題歌、中島みゆきで「麦の唄」が出ている。この番組は2018年4月5日、15日、25日、5月5日、17日、27日、6月6日、17日、28日と同じ内容である。


  more
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze

2018年07月08日

7月7日「しおかぜ」

1300の「しおかぜ」は7215kHz、混信もなく受信状態は極めて良好である。ジャミングは依然として6165kHzに垂れ流しである。
土曜日は日本語放送から、先週と同じ番組が出ている。いつものように緊急メッセージから。まず北朝鮮の非核化について。6月12日の首脳会談以前から、現体制維持では核廃棄は絶対にありえないという話。太永浩(テ・ヨンホ)元駐英北朝鮮公使の話として5月14日ワシントンポストからの引用。悪魔だと思っていたが、会ってみたら君主にも見えるという。
続いて、金正恩の母親、高英姫について、東京新聞五味洋治さんの著書「金正恩狂気と孤独の独裁者のすべて」から、北朝鮮では公表されていない在日朝鮮人の母親について、先回の続きである。
救出への道コーナーは、拉致被害者増元るみ子さんの弟増元照明さんの話し、拉致問題は解決積みという態度を崩さない北朝鮮、拉致被害者を返さない限り国交正常化など絶対にありえないという内容など。1323:33に「日本政府からのメッセージ」が出ている。最後のスケジュールは依然として30分遅い時間をアナウンスしている。後半1330は朝鮮語放送である。
1405の「しおかぜ」は7325kHz、この時間もジャミングはまだ6165kHzに垂れ流しが続いている。八俣からの電波は極めて強くクリアーに聞こえている。

1300の「イルボネパラム」は9465kHzが強い、9900と9940kHzは若干弱い。しかし3波ともジャミングはなく受信状態は良好である。
1330の「ふるさとの風」は9705kHzが強い、9455と9950kHzも信号強度はあるものの音量が小さい。この時間はどちらも毎日同じ番組が出ている。最後の周波数アナウンスは台湾送信一波のみである。

1430の「ふるさとの風」は3波とも良好である。中でも9560kHzが最も強い。9450kHzもよい変調である、パラオの9960kHzは強力である。懐かしい日本の歌「春の日の花と輝く」で始まった。
拉致問題解説は増元るみ子さんについて。1978年8月12日鹿児島県吹上浜で市川修一さんとともに拉致された。当時24歳であった。二人は1979年7月20日結婚し、1981年8月17日死亡したとされる。何の前触れもなく心臓マヒで死亡したというのはいかにも不自然であり、2002年北朝鮮の捏造死亡診断書で死んだことにされてしまった。
ふるさとの声は増元るみ子さんへ、お姉さん平野フミ子さんからのメッセージ、2016年11月4日、長崎ブリックホール国際会議場において、政府拉致問題対策本部、長崎県、長崎県拉致問題早期解決議員連盟の共催により、「拉致問題を考える国民の集いin長崎」の国民集会での訴えから。続いて2015年8月に日本政府制作のビデオメッセージに収録されている、同じく平野フミ子さんから、そして中学生時代の同級生メイソンSもと子さんの訴え、小中学校の同級生苅谷達郎さんのメッセージ、いずれも2013年2月の収録である。
今日の一曲は、1976年のヒット曲沢田研二「コバルトの季節の中で」、この曲は1978年秋から約一年間、蓮池由紀子さんと増元るみ子さんが北朝鮮で一緒に暮らしていた際、由紀子さんがるみ子さんによく歌っていたという。この番組は2018年3月17日、26日、4月14日、24日、5月4日、16日、26日、6月5日、15日、27日と同じ内容である。

  more
Posted by Hiroshi at 00:00Comments(0)Shiokaze/Furusato no Kaze